2023.10.14(土)その他

【陸ジョブナビVol.23】マラソン大会を支える!ボランティアの活動をご紹介:MGC&レガシーハーフ明日号砲!




陸上の大会はたくさんの「縁の下の力持ち」によって支えられています。今回は間近に迫った東京レガシーハーフマラソンでボランティアリーダーをされる赤澤俊祐さんに話を聞きました。
今年は10月15日(日)に、パリ五輪の日本代表が決まる「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」と同日開催となる東京レガシーハーフマラソン。選手のみなさんが現状打破する舞台を、赤澤さんをはじめボランティアの方々はどのように支えているのでしょうか?

>>MGC チケット絶賛販売中!
パリ五輪マラソン日本代表が決まる!


■ボランティアを始めたきっかけ

赤澤俊祐さんがボランティア活動に取組むようになったのは、9年前、2014年の東京マラソンが始まりでした。「中学時代は柔道部、高校時代は陸上部で短距離をやっていました。友人が陸上をやっていて、東京マラソンに出たいとずっと言っていたんです。高校を卒業してからは、私は走ることにまったく縁がなかったのですが、何か走ることに関われないかなと探していたら、ボランティアの存在を知りました。それがボランティアに取り組み始めたきっかけです」それ以来、ボランティア仲間からの誘いもあって、赤澤さんもランニングを始めたそうです。ラン歴は5年ほどで、ハーフマラソンの大会にも時々出場しています。「ボランティアをしているとランナーからいろいろな質問を受けますが、走ることで言葉の意味を実感することはあります」。自分自身が大会に参加することで、ランナーの目線に立った上で支えることができるのだとか。ボランティアの年齢層については、「50代、60代が多いですが、20代や大学生もいます。男女比は半々くらい。親子くらい歳が離れていて、息子のようにかわいがっていただくこともあります(笑)」。


▲ランナー受付の様子


■ボランティアのスケジュール

実際に、マラソン大会のボランティアをする場合、どのような流れで進んでいくのでしょうか。「例えば、東京マラソンの場合、ボランティアに必要な物を受け取って当日を迎えるかたちでした。ボランティアリーダーになると、ボランティアの説明会よりも前にミーティングがあり、当日までにアイディアを出し合い、下見などを行います。下見では、ボランティアの立ち位置がどこになるのか、ボランティアの休憩場所、コンビニがあるかなどを実際に目で見て確認します。屋根のある場所を探すなど、雨が降った場合を想定した準備もあります。大会当日は朝が早いことが多いため、本当なら前日は穏やかに過ごしたいのですが、前日もランナー受付のボランティアを入れていますね(笑)」リーダーをサポートし、大会スタッフと現場をつなぐ役割を担う「リーダーサポート」も務めています。「リーダーサポートの場合、関わる期間はもう少し長いです。東京マラソンではボランティアリーダーの説明会が2月中なのですが、リーダーサポートになると12月頃から準備が始まりますし、大会後も振り返りがあります。リーダーサポートは人前で話をする場面も多く、説明会ではリーダーのみなさんが不安にならないようにいろいろなことを想定して話をしています。それは普段の仕事にも生きていますね」


■東京レガシーハーフマラソンでの役割


写真:フォート・キシモト

東京レガシーハーフマラソンでのボランティアの役割は、大きく3つに分かれるそうです。 「1つ目がコース管理。2つ目がコース給水。3つ目がスタート・フィニッシュです。私は 前回も今回も国立競技場が担当。前回は場内の誘導でした。スタート前のトイレや給水所への誘導、フィニッシュ後の手荷物返却場所や退場の案内などが役割になります」レガシーハーフマラソンでは約1万5000人のランナーに対して、2700人のボランティアがサポートしています。「スタートして、ランナーが国立競技場の横を過ぎていくと、ホッとするんです。当日、初めて会うボランティアもたくさんいて、みなさんが手探りの状況で準備を始めて、やっとランナーを迎え入れることができます。だから、エリートランナーが走り始めたところでやっと始まったなと思い、全体のスタートが流れ始めたところで、無事にレースが進んでいるのが実感できますね」。ボランティア経験豊富な赤澤さんならではの視点です。


■ボランティアのやりがい

赤澤さんに、やりがいを感じる瞬間について聞きました。「ランナーに元気を与えると思って参加していたら、むしろもらっていることが多いんですよ。コース上に立っていても『ありがとう!』と言われたり、『いつもあなたたちのお陰よ』と声をかけてもらえたりします」。さらに、ランナーからだけでなく一緒に活動するボランティアからも元気をもらえるそうで、「ボランティアリーダーになると、ボランティアが生き生きと活躍している姿を見るとうれしくなりますね!」。
そんな自身の経験を、もっと多くの人にも味わってもらいたい。そんな思いから、「ボランティアに少しでも興味があればぜひやってみてほしいです」と赤澤さんは話します。「私もちょっとしたきっかけで始めて、活動内容がおもしろかったですし、尊敬できる先輩もいます。初めてボランティアをした時のリーダーだった方が、特に印象に残っていますね。その方は明るくて元気で、初めてという不安が一気に吹き飛ぶような感じでした。いまだに『東京マラソンのお母さん』と呼んでいます(笑)。ボランティアをずっと続けていくと、いろんなメンバーに出会い、そこからボランティアの輪が広がりました」メンバーそれぞれが、さまざまな経験をしている人たち。交流の中から、さまざまな学びを得ることができる。これも、ボランティアの醍醐味なのでしょう。「最初は不安に思っても、いざランナーが走ってくると盛り上がっておもしろいです。自分が出ている大会ってこんなに多くの人が関わっていて、こんな仕組みになっているんだと、ある意味で社会勉強になりますね。(ボランティアへの)入口はなんでもいいと思います。普段生活をしていたら知り合わないような人と知り合って、いろんなことを聞いて勉強になりますし、経験になりますよね」大会に出場するみなさんも、応援するみなさんも、トップ選手たちの活躍はもちろん、ボランティアの活動ぶりにも注目してみてはいかがでしょうか?そして、気になる人は、実際にボランティアに参加してみると、新しい扉が開けるかもしれないですね!

>>インタビューVol.23(PDF版)はこちら


■赤澤俊祐さん
東京マラソン2014で初めてボランティアに参加して以降、数々の大会を支えている。
2018年に「ボランティアリーダー」として登録、東京マラソン2019では「コース管理リーダー」を務める。東京五輪・パラリンピックでは、大磯のセーリング選手村でボランティアの活動支援リーダー、パラリンピックマラソンのコース管理リーダーを担当した。
2022年に「ボランティアリーダーサポート」として登録している。マラソン以外にも、7月の世界水泳、農業や教育ボランティアにも参加している。


■M高史(えむたかし)さん
1984年生まれ。中学、高校と陸上部で長距離。駒澤大学では1年の冬にマネージャーに転向し、3、4年次は主務を務める。
大学卒業後、福祉のお仕事(知的障がい者施設の生活支援員)を経て、2011年12月より「ものまねアスリート芸人」に転身。
川内優輝選手のモノマネで話題となり、マラソン大会のゲストランナーやMC、部活訪問など全国各地で現状打破している。
海外メディア出演、メディア競技会の実況、執筆活動、ラジオ配信、講演など、活動は多岐にわたる。


~月刊陸上競技11月号(10月14日発売)掲載~



「陸ジョブナビ」アーカイブ

Vol.13~(2023年1月~)

【Vol.13 タイム計測編】徹底した準備でランナーの努力を刻む
【Vol.14 通訳編】来日した外国人選手をサポート
【Vol.15 高校生審判編】大会運営を支える高校生たち
【Vol.16 競技場検定員編】安心・安全、正確な競技会を目指して
【Vol.17 スポーツカメラマン編】感動の瞬間を世界に届ける
【Vol.18 セイコーGGP・日本選手権直前スペシャル】大会担当のお仕事を紹介
【Vol.19 レースマネージャー】ホクレン・ディスタンスチャレンジを盛り上げる
【Vol.20 国際大会渉外担当】世界で活躍する日本代表選手を支える
【Vol.21 マーシャル】選手も観客も安心・安全に競技に集中してもらうために
【Vol.22 リレフェス担当編】みんなが"笑顔"になれるイベントを目指して!

Vol.1~Vol.12(2022年1月~12月)

>>アーカイブ
【掲載内容】
競技場アナウンサー編
写真判定編
大会運営編
競歩審判員(JRWJ)編
イベントプレゼンテーション編
報道編
ウエア制作編
表彰編
トレーナー編
コース計測編
スターター編
世界陸連公認代理人(AR)編



【明日開幕!マラソングランドチャンピオンシップマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)】

>>チケット好評販売中


日本陸連が主催するオリンピックマラソン日本代表選考会で、初開催は2019年9月15日に東京2020オリンピック競技大会日本代表選考会として行われた大会です。2023年秋(10月15日)は、パリ2024オリンピック競技大会の日本代表選考会として開催します。
MGCで1位および2位となった選手が、パリオリンピック日本代表に内定します。


■【MGC】楽しむ情報掲載中!
https://www.mgc42195.jp/guide/

■【MGC】みんなで応援!国立競技場大型スクリーン観戦
https://www.mgc42195.jp/news/article/18875/

■【MGC応援メッセージキャンペーン】プレゼントが当たる!
https://www.mgc42195.jp/news/article/18977/

■【MGC出場選手】
https://www.mgc42195.jp/finalist/

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsors

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • デンカ株式会社

JAAF Official Supporting companies

  • 株式会社シミズオクト
  • 株式会社セレスポ
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • JTB
  • 東武トップツアーズ株式会社
  • 日東電工株式会社
  • 伊藤超短波株式会社

PR Partner

  • 株式会社 PR TIMES
  • ハイパフォーマンススポーツセンター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構
  • JSCとの個人情報の共同利用について