ダイヤモンドアスリートとは

オリンピックや国際大会での活躍が大いに期待できる次世代の競技者を強化育成する「ダイヤモンドアスリート」制度。東京オリンピックを契機に中・長期的にエリートを育成するために選ばれた競技者である。
陸上競技を通じて、競技的にはもちろん、豊かな人間性を持つ国際人となり、今後の日本および国際社会の発展に寄与する人材として育成することを狙いとする。

個を重視したアスリート育成のためのプログラムを準備し、アスリートの成長と競技力向上を多面的にサポートする。アスリートを指導するコーチの育成も必須であるため、ハイパフォーマンスコーチ養成と連動したプログラムを展開する。

MESSAGEメッセージ

朝原宣治 プロジェクトマネージャー
~新規認定アスリートへのコメント~
これまで、「ダイヤモンドアスリート」という名の通り素晴らしい原石の選手たちが世界レベルの選手となりました。そのメンバーの一員になることで、他の選手たちからの羨望の眼差しや多くの人からの重圧を感じるかもしれません。
しかし、栁田選手とアツオビン選手には是非この制度を前向きに有効活用していただき、自分がなりたい理想の選手像に近づくために思う存分チャレンジして欲しいです。
日本陸上競技連盟 尾縣貢 専務理事
~ダイヤモンドアスリートプログラムに対する想い~
7期生2名を加えた「ダイヤモンドアスリートプログラム」のメンバーには、東京オリンピックをはじめとする国際競技会での活躍とともに、陸上競技界そしてスポーツ界の次世代リーダーとしての役割を期待しています。そのために、多岐に渡る本プログラムを活用して、競技力向上のみならず豊かな人間性を持つ国際人になることを目指していただきたいと思います。
このパンデミックで世界が大変な状況に陥っている中においても、「ダイヤモンドアスリート」を支援していただいている東京マラソン財団及び企業スポンサーの皆さまに心からの感謝を申し上げますとともに、これからも一緒になってスポーツの価値を高めていただくことをお願い申し上げます。

ATHLETE第7期認定アスリート

クレイ アーロン 竜波

クレイ アーロン 竜波CLAY ALLON Tatsunami
所属(学年):相洋AC
種目:800m
2020年度成績

-

中村 健太郎

中村 健太郎NAKAMURA Kentaro
所属(学年):日本大学(1年)
種目:やり投
2020年度成績
  • U20全国陸上 3位

出口 晴翔

出口 晴翔DEGUCHI Haruto
所属(学年):順天堂大学(1年)
種目:400mH
2020年度成績
  • U20全国陸上 優勝

藤原 孝輝

藤原 孝輝FUJIHARA Koki
所属(学年):洛南高等学校(3年)
種目:走幅跳
2020年度成績
  • 日本選手権 6位
  • 全国高校リモート陸上 5位

栁田 大輝

栁田 大輝YANAGITA Hiroki
所属(学年):東京農業大学第二高等学校(2年)
種目:100m
2020年度成績
  • 日本選手権 7位
  • 全国高校リモート陸上1位

アツオビン ジェイソン

アツオビン ジェイソンATUOBENG Jason
所属(学年):大阪桐蔭高等学校(3年)
種目:砲丸投
2020年度成績
  • 日本選手権 8位
  • 全国高校陸上1位
  • 全国高校リモート陸上1位

PROGRAMリーダーシッププログラム

競技力向上だけではなく、豊かな人間性を持つ国際人育成のための個を重視した育成プログラムの中で、リーダーシップ教育と位置づけて行う。国際的なリーダーシップを発揮できるアスリートの育成を目指します。

第3回リーダーシッププログラム(2021年3月25日)
~社会的弱者の立場から見るスポーツ・メンタルビジョントレーニング~

第1部では大阪国際大学で教壇に立つとともに、研究者として社会学の観点から地域研究に取り組んでいる上原健太郎先生が、「貧困層や社会的弱者の立場から見るスポーツ」というテーマで講義を行いました。
第2部では、国際メンタルビジョントレーニング協会の代表理事を務める臨床心理士の松島雅美さんが、「メンタルビジョントレーニング」の概念を、実技を交えながら紹介しました。

第2回リーダーシッププログラム(2021年3月11日)
~オリンピックに対する気づき・コミュニケーションのポイント~

第1部ではオリンピアンを招いての講話が行われました。冬季オリンピック種目のカーリングで、2018年平昌オリンピックに出場して8位の成績を上げた山口剛史選手(SC軽井沢クラブ)が登壇し、「オリンピックに向かっての気づき」をテーマに、自身について語りました。
第2部では、人財育成・組織人事コンサルティング会社を経営する安藤奏さん(株式会社アクビー)が、「周囲の力を活かすコミュニケーション」をテーマに、ワークショップ形式で講義を行いました。

第1回リーダーシッププログラム(2021年2月26日)
~リーダーシップとは?、SNSのリスクマネジメントについて~

初回となったこの日は、2部構成で展開された約3時間にわたる講義を受けました。
第1部では、為末大さん(男子400mハードル日本記録保持者)によるトークセッションが行われました。第1期からさまざまな形でこのプログラムに参加している為末さんは、まず、ダイヤモンドアスリート(DA)認定制度が始まった経緯や、東京マラソン財団からどういう形で支援を受けているかなどを説明しました。
第2部では、日本オリンピック委員会(JOC)選手強化本部でインテグリティ教育ディレクターを務める上田大介さんを迎えて、「選手とソーシャルメディア(SNSリスクマネジメント)」をテーマとする講義が行われました。

GRADUATES修了生紹介

北川 貴理 KITAGAWA Takamasa 富士通 400m
平松 祐司 HIRAMATSU Yuji 辰野 走高跳
岩本 武 IWAMOTO Takeru 旭油業 400mH
佐久間 滉大 SAKUMA Kodai 横浜リテラ 走幅跳
山下 潤 YAMASHITA Jun ANA 100m/200m
犬塚 渉 INUZUKA Wataru スズキ 100m/200m
サニブラウン アブデルハキーム Abdul Hakim SANIBROWN フロリダ大学 100m/200m
池川 博史 IKEGAWA Hiroshi 筑波大学 砲丸投/やり投
橋岡 優輝 HASHIOKA Yuki 日本大学 走幅跳
江島 雅紀 EJIMA Masaki 日本大学 棒高跳
宮本 大輔 MIYAMOTO Daisuke 東洋大学 100m/200m
井本 佳伸 IMOTO Yoshinobu 東海大学 200m/400m
塚本 ジャスティン惇平 TSUKAMOTO Jasuteinjumpei 東洋大学 100m/200m
海鋒 泰輝 KAIHOKO Koki 日本大学 走幅跳
男子
北口 榛花 KITAGUCHI Haruka JAL やり投
長 麻尋 OSA Mahiro 国士舘大学 やり投
髙松 智美 ムセンビ TAKAMATSU Tomomi Musenbi 名城大学 長距離
藤井 菜々子 FUJII Nanako エディオン 競歩
小林 歩未 KOBAYASHI Ayumi 筑波大学 100mH
女子

SUPPORTサポート企業様のご紹介

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsor

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • デンカ株式会社
  • 株式会社クリエイト

JAAF Official Supporting company

  • 株式会社シミズオクト
  • 株式会社セレスポ
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • 東武トップツアーズ株式会社
  • 日東電工株式会社
  • 伊藤超短波株式会社
  • 洋服の青山