NEWSニュース

2022.08.16(火)

【オレゴン世界選手権 DAY4】激闘の10日間を振り返る!~真野が日本人初入賞の8位!松田が世界選手権日本人最高記録をマーク!~



2022年7月15日(金)から24日(日)までの10日間、アメリカ・オレゴン州ユージーンで開催された「オレゴン2022世界選手権」。総勢68名ものエントリーがかなったチームジャパンは、陸上競技全種目が実施される世界大会としては、2019年ドーハ選手権以来、3年ぶりの渡航を伴う遠征に臨み、東京2020オリンピックでは叶わなかった有観客のスタジアムで、熱い戦いを繰り広げた。

ここでは、その激闘の10日間をプレイバックしていこう。

【DAY4】7月18日(月)

大会4日目のモーニングセッションは、オーツェンスタジアム前を発着点として行われる女子マラソンのほか、ヘイワードフィールドで七種競技が実施されるタイムテーブル。日本のエントリーは女子マラソンのみで、前日までに新型コロナウイルスへの感染が判明したために一山麻緒(資生堂)と新谷仁美(積水化学)が欠場し、日本からは松田瑞生(ダイハツ)1名の出走となった。

スタート時の気温は10℃と前日の男子よりも低かったが、快晴であったために日の出とともに強い日差しが照りつけ、体感温度が高く感じられるなかでのレースに。男子とは対照的に、トップ集団がスタート直後からハイペースを刻んだことで、上位争いは早い段階で絞られていく展開に。優勝したゴティトム・ゲブレシラシェ(エチオピア)のフィニッシュタイムは、世界選手権では初めて2時間20分を切る2時間18分11秒の好記録となった。
松田は、序盤から先頭集団にはつかず、ほぼイーブンでの単独走でレースを進め、落ちてきた選手をかわして順位を上げ、40km付近で8位の選手に肉薄した。逆転はかなわず9位でのフィニッシュとなったが、2時間23分49秒をマーク。世界選手権におけるこの種目の日本人最高記録(2時間24分14秒、野口みずき、2003年)を大幅に更新する好走だった。

イブニングセッションは、男子200m予選からスタート。フルエントリーを果たしていた日本だったが、同日午前に新型コロナウイルスの感染が判明した小池祐貴(住友電工)が欠場することになり、上山紘輝(住友電工)と飯塚翔太(ミズノ)の2名が出場した。予選は7組3着+3の準決勝進出条件で行われたが、上山が日本歴代9位となる20秒26(+1.0)の好タイムをマークして2着に、また飯塚も20秒72(±0)で3着となり、ともに着順で予選を突破。翌日の準決勝に駒を進めた。

男子走高跳決勝には、世界選手権において日本人初の進出を果たした真野友博(九電工)が出場した。真野は、2m19と2m24は、どちらも2回目での成功だったが、続く2m27を1回でクリア。次の2m30は非常に惜しい跳躍を見せるも跳ぶことはできず2m27で競技を終えたが、世界選手権のこの種目における日本人初の8位入賞を達成した。


文:児玉育美(JAAFメディアチーム)
写真提供:アフロスポーツ


DAY4 競技結果

種目氏名 結果
女子マラソン決勝松田瑞生(ダイハツ) 9位 2時間23分49秒
男子200m予選上山紘輝(住友電工) 1組2着 20秒26(+1.0) =準決勝進出
飯塚翔太(ミズノ)  2組3着 20秒72(±0) =準決勝進出
男子走高跳決勝真野友博(九電工) 8位 2m27 =入賞

▶結果一覧はこちら


DAY4 出場選手コメント

【モーニングセッション】
▼【オレゴン世界選手権】4日目モーニングセッションコメント:女子マラソン・松田瑞生が世界選手権日本人最高記録を大幅更新
https://www.jaaf.or.jp/wch/oregon2022/news/article/16855/

【イブニングセッション】
▼【オレゴン世界選手権】4日目イブニングセッションコメント:真野が世界選手権男子走高跳日本初の決勝進出で8位入賞!男子200mで上山、飯塚が準決勝進出!
https://www.jaaf.or.jp/wch/oregon2022/news/article/16877/

~男子走高跳8位入賞 真野友博選手 試合後コメント~



記録と数字で楽しむ「オレゴン世界選手権」

男子200m 2大会連続8回目となるフルエントリー
女子マラソン 3大会ぶりの「メダル」に一山・松田・新谷が挑む


日本陸連公式Twitterチームカメラ ~選手たちの様子をお届け~







【オレゴン2022世界選手権】特設サイト

https://www.jaaf.or.jp/wch/oregon2022/

▶フォトギャラリー
https://www.jaaf.or.jp/wch/oregon2022/gallery/

▶日本代表選手の様子をお届け:チームカメラ
https://www.jaaf.or.jp/wch/oregon2022/news/article/16763/

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsors

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • デンカ株式会社
  • 株式会社クリエイト

JAAF Official Supporting companies

  • 株式会社シミズオクト
  • 株式会社セレスポ
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • JTB
  • 東武トップツアーズ株式会社
  • 日東電工株式会社
  • 伊藤超短波株式会社

PR Partner

  • 株式会社 PR TIMES