2023.11.01(水)その他

【ライフスキルトレーニングプログラム】第4期受講生募集のお知らせ:競技においてもキャリアにおいても「自分の最高を引き出す技術」を習得する



本連盟では、日本や世界の頂点に挑み続ける陸上競技者のパフォーマンス向上とキャリア自立を両立する「ライフスキルトレーニングプログラム」(第4期)を実施いたします。

このプログラムを通じ、トップアスリートとしての競技力向上はもちろんのこと、競技以外のステージでも活躍する人材を輩出し、陸上から生まれるリーダーの方々が、これからのスポーツ界や社会をより輝くものにしていただくことを目指しており、この目的に対し賛同し、強い参加意欲のある競技者を募集いたします。

第2期受講生の中島佑気ジョセフ(東洋大学)が第107回日本陸上競技選手権大会・男子400m優勝、ブダペスト2023世界陸上競技選手権大会では男子400m/4×400mリレーで出場。第3期受講生の梅野倖子(順天堂大学)が、バンコク2023アジア選手権大会、ブダペスト2023世界陸上競技選手権大会、杭州2022アジア競技大会に女子20km競歩で出場、豊田兼(慶応大学)が日本グランプリシリーズグレード1「Yogibo Athletics Challenge Cup 2023」の男子400mハードルにおいて、パリ2024オリンピックの参加標準記録突破・日本歴代6位、学生歴代4位となる48秒47をマークするなど、競技面でも多くの受講生が活躍しております。

※プログラムの概要、応募資格、エントリー方法の詳細は以下の募集要項をご参照ください。

>>ライフスキルトレーニングプログラム 募集要項
>>ライフスキルトレーニング 特設サイト
プログラムレポートや受講生インタビューなどを紹介中!


特別講師

スポーツ心理学博士 布施 努 氏
スポーツ心理学博士。NPO 法人ライフスキル育成協会代表。慶應義塾大学スポーツ医学研究センター研究員。
最先端のスポーツ心理学で組織・チーム作り、個人のパフォーマンス向上などを手掛ける。サポートする早稲田大学ラグビー部、慶應大学野球部、桐蔭学園高校ラグビー部を全て日本一に導く。桐蔭学園高校ラグビー部の卒業生は、同時期に大学キャプテンを5人務めるなど、大学や社会でも通用するリーダーを輩出している。
スポーツ心理学の世界的権威である Dr.Gould に師事し、スポーツ心理学博士号を取得。在学中、米五輪チームや NFL、NHL のリサーチ・コンサルティングを行う。


トレーニングプログラム

全体講義(12月~3月まで計4回 ※2月を除く)
ライフスキルトレーニングをテーマにした布施講師による全体講義
仕事理解・社会理解ワークショップ(プログラム期間中、3回程度実施)
トップアスリートとしての実績を持ち、現在、社会で活躍されているゲストの講演
グループコーチング(初回12月、以降3月までの期間で実施)
布施講師リードによるグループでのコーチング
個別コーチング(プログラム後半の期間で一人1回実施)
布施講師による個別でのコーチング
キャリアデザインに関するフォロー企画(2024年秋頃実施)など
就職活動に備えてのフォロー講座、有資格者による個別のキャリア面談など


全4回の講義テーマ

1.トップアスリートの「目標の使い方」
「ダブルゴール」「縦型比較思考」「CS バランス」
目標を設定するにとどまらず、目標を使い切るための考え方を学ぶ。他人との比較ではなく、自分の最高の状態と現在の状態を常に比較し、最高に導くためのチャレンジ(C)とスキル(S)のバランスの保ち方を理解する。
講義+個人ワーク+グループワーク+発表+振り返り+取り組みテーマ設定

2.オリンピックメダリストに共通する5つの特徴
「ピーキング」「楽観主義」「内発的モチベーション」「完璧主義」「オートマチズム」
頂点に立つ人に共通する思考方法を共有し、ワークショップを通じて現在の自分と理想の自分とのギャップを認識する。同時にそれが競技におけることだけでないことを知る。
講義+個人ワーク+グループワーク+発表+振り返り+取り組みテーマ設定

3.フローを生み出す自己決定能力の5ステップ
「外発的動機付けと内発的動機付け」「認知評価理論」
自分の力を最大限に引き出す動機付けのあり方を学ぶ。現時点の自分の活力の源泉を認識し、さらに高めるためにどうするかを考える。また試合における緊張感をパフォーマンスに繋げるための認知評価について学ぶ。
講義+個人ワーク+グループワーク+発表+振り返り+取り組みテーマ設定

4.重要な時に力を発揮する「獲得型思考」
「獲得型・防御型」「オートテリックパーソナリティ」
ピンチに陥ってもその状況下で成果を残すアスリートの獲得型思考を学ぶ。CSバランスを高度に保ちながら、結果を残し続けるために必要な習慣とはなにか。オートテリック=自己目的的パーソナリティのパワーとそれを見に着ける方法を考える。
講義+個人ワーク+グループワーク+発表+振り返り+取り組みテーマ設定


1.プログラムスケジュール

12/2(土)| 17-21時 | 第1回全体講義
12/12(火)| 19-21時 | グループコーチング ※①
12/15(金)| 19-21時 | グループコーチング ※①
12/19(火)| 19-21時 | グループコーチング ※①
1/20(土)、21(日) | 合宿形式 | 第2回・第3回全体講義 ※1/19(金)集合
3/16(土)or 3/17(土) | 17-21時 |第4回全体講義
3/20(水) | 19-21時 | グループコーチング or 個別トレーニング
3/21(木) | 19-21時 | グループコーチング or 個別トレーニング
3/22(金) | 19-21時 | グループコーチング or 個別トレーニング

※1/20(土)・21(日)の第2回・第3回全体講義は対面(リアル)での講義とし、その他はすべてオンライン講義を予定しています。
※①のうち2日間で実施
※スケジュールは変動することもあります
※2023年度のプログラム内容・レポートはこちらをご覧ください
https://www.jaaf.or.jp/lst/#trep


2.応募資格

【1】競技者として自分の最高を引き出すための努力を惜しまない者
【2】就職後、仕事およびスポーツ活動の両立を目指し、競技引退後は企業での活躍や社会貢献をする意欲のある者
【3】企業への就職を希望し、将来的に企業でのキャリアで得た経験や知識を陸上競技やスポーツ界に還元したい意欲のある者
【4】2023年11月時点において大学に在籍している者を対象とする
【5】競技力レベル 日本学生主要競技会入賞レベル、日本選手権出場レベルの本連盟登録競技者が好ましい


3.受講費用

【1】 研修プログラムにかかる費用については本連盟が負担する。
※ただし、本連盟提供以外のプログラムを本人が希望して 受講する場合は、自己負担が発生する場合がある。
【2】 基本的にはオンラインでの研修を予定しているが、研修会場への移動が必要となる場合の交通費は自費とする。


4.募集人数

6名程度


5.選考スケジュール

11月1日(水)募集開始

11月15日(水)募集締め切り

11月中旬~下旬 面接

11月下旬~12月上旬 受講者決定・ガイダンス

12月2日(土) プログラムスタート

面接実施期間
【形式】選考委員によるオンライン面接を行う。
11月下旬 受講者決定、ガイダンス等詳細通知
12月上旬 ガイダンス実施
12月2日(土)プログラムスタート
※一次選考として応募用紙を基に書類選考を行う。
※選考面接の時間等詳細は追ってご連絡する。
上記日程以外では選考は行わない。


6.エントリー方法

【1】プロフィールエントリー
エントリーフォーム:https://forms.gle/uATVVQJ8wvpHoUnk7

【2】課題の提出
800字以内で「陸上競技を通して自分はどう成長しているか。競技生活を終えた後、どんな人生にしていきたいか」を執筆のうえ、エントリー用紙(エントリーフォームに記載されたURLからダウンロード)にて下記の事務局アドレスまで送付すること。
公益財団法人日本陸上競技連盟 事務局
E-mail:career@jaaf.or.jp
【応募締切】 2023年11月15日(水)必着


7.面接結果の通知

選考面接の結果については、全ての面接終了後(11月下旬頃)にメールにて通知する。


8.個人情報について

応募者の個人情報につきましては、選考審査の実施に必要な範囲に限り使用するとともに、本連盟の個人情報保護方針に基づき、適正に取り扱う。


9.本件に関する問い合わせ先

career@jaaf.or.jpまで問合わせください。問い合わせはメールのみ受け付けています。


■ライフスキルトレーニングプログラム 第1期受講生




■ライフスキルトレーニングプログラム 第2期受講生




■ライフスキルトレーニングプログラム 第3期受講生



※所属は当時のもの

>>ライフスキルトレーニングプログラム 募集要項
>>ライフスキルトレーニング 特設サイト
プログラムレポートや受講生インタビューなどを紹介中!


■受講生インタビュー

<Vol.1>福島聖:社会人として生かせているスキル、就職活動や競技面に繋がった経験を語る
https://www.jaaf.or.jp/news/article/17053/

<Vol.2>中島佑気ジョセフ:活躍の糸口となった経験、更なる飛躍に向けた想いを語る
https://www.jaaf.or.jp/news/article/17064/

<Vol.3>樫原沙紀:「なりたい自分」を見つめ直し、新たな一歩を踏み出す
https://www.jaaf.or.jp/news/article/17070/



■第2期ライフスキルトレーニングプログラム 実施レポート

第1回 ~なりたい自分に近づくためのゴール設定と目標の使い方~
https://www.jaaf.or.jp/news/article/15699/

第2回 ~オリンピックメダリストに共通する特徴と成功するための行動~
https://www.jaaf.or.jp/news/article/15782/

第3回 ~フローを生み出す自己決定能力の5ステップ~
https://www.jaaf.or.jp/news/article/15833/

第4回 ~重要な時に力を発揮する「獲得型思考」~
https://www.jaaf.or.jp/news/article/15940/

第2期総括イベント ~身につけたライフスキルを社会で生かす~
https://www.jaaf.or.jp/news/article/15964/


■第3期ライフスキルトレーニングプログラム 実施レポート&受講生コメント

第1回 ~目標設定の大切さとトップアスリートの仕事における強み~
https://www.jaaf.or.jp/news/article/17305/

第2回 ~オリンピックメダリストに共通する5つの特徴~
https://www.jaaf.or.jp/news/article/17538/

第3回 ~社会でも活かせるトップアスリートの能力~
https://www.jaaf.or.jp/news/article/17562/

第4回 ~重要な時に力を発揮する「獲得型思考」~ 
https://www.jaaf.or.jp/news/article/17642/

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsors

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • デンカ株式会社

JAAF Official Supporting companies

  • 株式会社シミズオクト
  • 株式会社セレスポ
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • JTB
  • 東武トップツアーズ株式会社
  • 日東電工株式会社
  • 伊藤超短波株式会社

PR Partner

  • 株式会社 PR TIMES
  • ハイパフォーマンススポーツセンター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構
  • JSCとの個人情報の共同利用について