2022.07.15(金)選手

【オレゴン世界選手権】男子マラソン事前会見コメント:鈴木・星・西山がトレーニング状況や抱負を語る



オレゴン2022世界陸上競技選手権大会」開幕を7月15日に控えて、日本陸連は前日の7月14日に、会場となるオレゴン州ユージーンのヘイワード・フィールド近くに設営されたアシックスホールのメディアセンターにおいて事前会見を行いました。

3回に分けて実施された会見には、1回目でサニブラウンアブデルハキーム選手(Tumbleweed TC、男子100m、4×100mリレー)、三浦龍司選手(順天堂大学、男子3000m障害物)、田中希実選手(豊田自動織機、女子800m、1500m、5000m)の3名が臨んだほか、午後から行われた2回目では、女子マラソンに出場する一山麻緒(資生堂)松田瑞生(ダイハツ)新谷仁美(積水化学)の3選手が、続いて行われた3回目では、男子マラソン代表の鈴木健吾(富士通)星岳(コニカミノルタ)西山雄介(トヨタ自動車)の各3選手が登壇。ここまでのトレーニングの状況や本番に向けての抱負を、それぞれに語りました。

第3部に登壇した男子マラソン日本代表3選手のコメントは、以下の通りです。


【第3部(男子マラソン日本代表)選手コメント】

鈴木健吾(富士通)



大学時代にユニバーシアードの日本代表にはなっているが、シニアとしては初代表。「やっと世界にチャレンジできるときが来た」と感じている。私は(日本記録を樹立したことで)昨年1年間は追われる立場だったのだが、この大会は、世界の強い選手にチャレンジできる場だと思っている。積極的にチャレンジしていきたい。 目標の順位としては、表彰台に上ることが理想といえるが、まあ謙虚に、入賞というところを目指していきたいと考えている。 ここまでの準備の段階では、「故障をしない」ということを一番に掲げて、練習を継続してきた。今回は、理想としていた練習をほぼほぼできている。そういう意味では、ここまで来るまでのところは合格かなと思っているし、何よりケガなく練習ができたことが自信になった。あとは(レース当日まで)いつも通りに生活していきたい。 気象条件としては、すごく涼しいので、それほどスローペースにはならないのかなと思っている。コースはでこぼこしたり狭い道があったりするので、いい位置をとるためのペースの上げ下げというのがすごくあるのではないかとイメージしてる。2周目を過ぎたところが勝負所になると思っている。


星岳(コニカミノルタ)



今回、日本代表代表に選出されて世界大会に出場するのは初めてのこととなる。そういったレベルでどこまでやれるかということが不安でもあるが、楽しみでもある。やるべき練習はやりきって、ここまで来られているので、自信を持ってスタートラインに立ちたい。
目標としては、入賞を掲げている。当然、簡単に達成できるものではないが、私自身のなかでは、それがチャレンジだと思っている。それが実現できるよう、まずは自分自身の力を100%発揮することに集中してレースに挑みたい。
この大会の出場にあたっては、5月末からアメリカに入り、高地トレーニングを行ってから、そのままオレゴンに入る流れをとった。練習のなかでは、本格的な高地トレーニングが初めてだったこともあり、タイムを追う練習というよりは、自分自身を追い込む練習に重きをおいてきた。そういう意味でも、今回の高地での追い込みは、マラソンに生きる練習になったといえるのではないかと思っている。
(当日は)6時15分のスタートだが、比較的涼しい条件でのレースになるかと思う。周回コースになるが、ところどころにあるアップダウンや河川敷という景観などから、集団から離れて1人になるときつくなるかなという印象がある。集団のなかで、できるだけ流れをもっていきたいなと思う。
ペースメーカーのつかないマラソンを走るのは初めてなので、勝負所については、自分自身がまだ読めないところがあるのだが、どのタイミングで仕掛けがあっても、ついていくだけじゃなくて、うまくレースを運べるような判断ができるようにしたい。そういった対応の準備をしつつも、冷静さを保ってレースを進めていきたい。


西山雄介(トヨタ自動車)



世界選手権という舞台は、私自身の陸上人生においての目標の1つの大会と考えている。その大会に向けて、やるべきことをしっかりやってきたつもりなので、それをいかに本番で発揮できるかがポイントだと思っている。練習の成果がしっかり出せるよう、また、目標の達成に向けて、頑張ってやっていきたい。
今回は、「8位入賞以上」の結果と、「自己新記録」を目標にしている。それに向けてチャレンジしていきたい。自分自身が「やりきった」と思えるレースができれば…と思っている。
ここまでのトレーニングにおいては、スピードだったり走り込みだったりを、バランスよく練習することに重点を置いてやってきた。そのなかで練習自体も8~9割くらいはできたので、トータルとしては、よい練習ができたのではないかと思っている。また、練習をしていくなかで、きつくなる部分が出てきたときには、レースでのきついときを想定しながら走ってきた。そうしたところを、本番で出すことができればいいかなと思う。
気候が涼しいので、速いペースが予想されるが、遅くなっても速くなっても対応できるように、いろいろな想定をしながら練習をしてきた。どんな展開になっても対応できるようにやっていきたい。また、試走したときに、でこぼこした道が目立つコースだったので、そこに気をつけたい。勝負所については、レースをするなかで判断していきたい。

※コメントは、記者会見における各競技者の発言をまとめました。より明確に伝えることを目的として、一部、修正、編集、補足説明を施しています。
写真:フォート・キシモト
文:児玉育美(JAAFメディアチーム)

>>オレゴン2022世界陸上競技選手権大会 特設サイト
https://www.jaaf.or.jp/wch/oregon2022/


■【オレゴン世界選手権】オンエア情報
https://www.jaaf.or.jp/wch/oregon2022/onair/

■【オレゴン世界選手権】チームカメラ:練習風景や選手村の様子などをお届け!
https://www.jaaf.or.jp/wch/oregon2022/news/article/16763/

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsors

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • デンカ株式会社
  • 株式会社クリエイト

JAAF Official Supporting companies

  • 株式会社シミズオクト
  • 株式会社セレスポ
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • JTB
  • 東武トップツアーズ株式会社
  • 日東電工株式会社
  • 伊藤超短波株式会社

PR Partner

  • 株式会社 PR TIMES
  • ハイパフォーマンススポーツセンター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構
  • JSCとの個人情報の共同利用について