2019.06.18(火)大会

【第103回日本選手権】展望:女子100m・200m・400m



◎女子100m、200m、400m

女子は、エースとしてショートスプリント(100m・200m)界を長年牽引してきた福島千里(セイコー)が昨年から苦しんでいるアキレス腱痛からの回復に時間がかかっている。アジア選手権100mは準決勝止まり。その後、国内レースには出場せず、トレーニングに集中して日本選手権に照準を合わせている。また、2017年に2冠を獲得している市川華菜(ミズノ)も春先に体調を崩した影響で今季は仕上がりが遅れ気味のシーズンイン。GGP以降は、一度しっかりトレーニングを積み直して、日本選手権を迎える戦略をとった。前回の100mでこの両者を制して初優勝を果たした世古和(CRANE)は、今季2戦目に11秒60(+1.7)をマークしたものの、冬場からの故障が尾を引き、その後の立ち上がりに苦労している。6月初旬の布勢スプリントからの1カ月弱でどこまで状態を上げてくるかといった状況だ。





そんななか、高校2年時の2012年に11秒43の高校記録を樹立し、同年のロンドンオリンピックにも出場した土井杏南(JAL)が低迷から脱して快進撃を続けている。出雲陸上(11秒68、+0.8)、織田記念(11秒64、+1.9)で11秒6台に乗せると、布勢スプリントでの予選で今季日本最高の11秒52(+1.9)をマーク。決勝は追い風2.2mながら11秒55で優勝した。右肩上がりの状態で博多の森に乗り込もうとしている。

ベテラン、中堅勢のエンジンのかかりが悪いと、伸び盛りの高校生が女王の座に就く可能性もある。その筆頭が、初戦の織田記念で高校歴代2位タイの11秒54(+1.9)をマークして日本人トップの2位に食い込んだ御家瀬緑(恵庭北高)だ。御家瀬は前回大会で4位に食い込み、4×100mRのメンバーとしてアジア大会にも出場している選手。今季は11秒4台、そして11秒43の高校記録を視野に入れてシーズンに臨んでいる。また、静岡国際の200mで日本人トップの2位(24秒06、-0.3)となった景山咲穂(市立船橋高)は100mでは4月の千葉県記録会で11秒65(+0.8)をマーク。このほか、高校1年の昨年、U20日本選手権を2.5mの追い風参考記録ながら11秒55で制して注目を集めた青山華依(大阪高)も躍進が著しく、6月14日の近畿地区高校ではU18日本歴代3位、高校歴代5位タイとなる11秒61(+1.1)の好記録を叩き出している。前述の土井が持つU20日本記録、U18日本記録、高校記録である11秒43の更新に迫る好走が期待できそうだ。





200mでは、ベテランの和田麻希(ミズノ)がGGPでマークした23秒70(+0.5、日本人トップ)が今季日本リスト1位となっている。決勝の常連である和田にとっては、初のタイトルを獲得する好機ともいえる。自己記録の23秒67は、龍谷大3年の2007年にマークしたもの。12年ぶりの自己ベストを達成した上で女王の座に就きたいことだろう。





女子400mは、静岡国際で高校歴代6位、U18日本新記録の53秒31の好タイムをマークした髙島咲季(相洋高)が52秒台での初優勝を狙っており、アジア選手権や世界リレーの代表となった年長者たちが、これにどう立ち向かうかという状況だ。その一番手となるのは、この数年の低迷から抜けだしつつある青山聖佳(大阪成蹊AC、自己記録52秒85)あたりか。前回覇者の川田朱夏(東大阪大)も故障の影響で立ち上がりが遅れたが、5月は連戦を消化しながら徐々に調子を取り戻している。川田は今大会で800mとの2冠を目指しているが、6月上旬のアジアグランプリで転戦した800mは記録的に安定してきた感がある。目標達成のためには、400m決勝が正念場になるかもしれない。

※記録、競技会の結果は、6月14日時点の情報で構成。

文:児玉育美(JAAFメディアチーム)
写真:フォートキシモト

■第103回日本陸上競技選手権大会

2019年6月27日(木)~30日(日)福岡市博多の森陸上競技場
チケット絶賛発売中!
https://www.jaaf.or.jp/jch/103/


information



JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsor

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • 洋服の青山
  • デンカ株式会社

  • 丸大食品株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 株式会社クリエイト
  • アース製薬株式会社
  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構