2019.04.27(土)大会

【織田記念】前日会見 多田修平(住友電工)/市川華菜(ミズノ)

4月27日、2019年日本グランプリシリーズのグランプリプレミア「広島大会」となる第53回織田記念陸上が、秋に行われるドーハ世界選手権の日本代表選考会を兼ねて開幕しました。27日午後には、4月28日に実施されるグランプリ種目の男女100mに出場する多田修平選手(住友電工)と市川華菜選手(ミズノ)が会場の広島広域公園陸上競技場(エディオンスタジアム広島)において会見に臨み、大会に向けての抱負をそれぞれに語りました。

【各選手コメント】

■多田修平選手(住友電工)

今季はピークをまずは日本選手権に合わせられたらと思っているので、この大会ではタイムよりも勝負を重視して、優勝を目指せるように頑張っていきたい。
(オーストラリア遠征中の3月中旬に)左ハムストリングスを痛め、3週間ほど本気で走れない時期もあったが、走れない代わりに補強をたくさんして、ぶれない体幹づくりをすることができた。(故障上がりで臨んだ)出雲陸上は不安もあったが、痛みもなく走ることができている。もう完治しているので、この織田記念では問題なく走れると思う。
このシーズンに向けては、体幹部分や股関節まわりの強化に、佐藤(真太郎)コーチと一緒に取り組んできた。そのおかげで、蹴る力が強くなり、後半の体幹のブレが減ってきている。その体幹を走りにつなげることができれば、(自己記録を連発した)2年前以上の走りはできると思っている。まだ、ものにはできていないが、早くものにして速く走れるようになりたい。
今季、すでに何レースか試合はしたが、自分は、例年3~4月はタイムが遅いほう。5月、6月と試合を重ねていくなかで、タイムも上がってくるとみている。4月から社会人になって、住むところも関東に変えるなど、けっこう心機一転という感じだが、徐々に慣れてきている。環境が変わったなかでも勝てるのが本当に強い選手だと思うので、こういうなかでもしっかり勝ちたい。
1年後にオリンピックが迫っている。世界選手権に出ないとオリンピックに出るのは厳しいと思うので、今年はしっかり日本選手権に勝って、世界選手権に出場したい。また、世界選手権では、今年は「個人種目でファイナリスト」という目標を掲げているので、その実現と、あとはリレーメンバーに選ばれて金メダルが獲得できるよう、しっかり備えていきたい。



■市川華菜選手(ミズノ)

毎年この試合には出ているが、今年はこの試合が初戦となる。冬期練習はしっかり練習と積んでいるので、結果が出たらいいなと思う。
(この大会が初戦となったのは)ケガではなく、体調を崩してしまったから。熱が下がらなくなってしまい、練習を少し休ませていただいたこともあり、春先、試合に出ることができなかった。この大会に向けては、しっかりと体調を戻すことができているので、心配なく走れると思う。
この冬は、いつもよりは走る量や質を高めようと思って取り組んだ。例年だと走り込みは12月くらいまでなのだが、その期間を少し延ばして1月後半までしっかり走り込んで、そこからスピードを上げていくという感じにした。いつもよりも走り込みの時期を長めにとって、しっかり身体づくりをしてきた。
(その成果として)後半の走りが疲れなくなってきて、200mの練習でも、後半で脚がしっかり動くようになっている。また、バネの力がついてきているというのを感じることもできているので、あとは、それらをスピードにつなげることができれば、結果が出るのではないかと思っている。
今、どのくらいのタイムが出るかはわからないが、やってきたことは間違えていないと思っている。それを試合でしっかり出していきたい。また、今季は、2020年に向けてポイント制(ワールドランキング制度)があるので、このグランプリシリーズの大会は重要になってくる。記録に関しても、オリンピックの参加標準記録がすごく上がっているので、着実にとれるポイントはしっかり取っていけるようにしたい。


大会第2日の4月28日は午前9時20分より競技が開始され、グランプリ種目のほか、チャレンジ種目、パラ陸上競技種目、広島県内種目等が行われます。タイムテーブルやエントリーリスト等の詳細は、日本グランプリシリーズの特設ページ(https://www.jaaf.or.jp/gp-series/)をご参照ください。また、大会の模様は、日本陸連公式チャンネル(YouTube)において、ライブ配信を予定しています( https://youtu.be/YUa_Fbd9WxU )。4月28日は午前9時00分から午後3時00分まで配信の予定です。



文・写真:児玉育美(JAAFメディアチーム)


▼大会ページ▼
https://www.jaaf.or.jp/competition/detail/1418/

関連選手

information



JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsor

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • 洋服の青山
  • デンカ株式会社

  • 丸大食品株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 株式会社クリエイト
  • アース製薬株式会社
  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構