2018.06.23(土)大会

【第102回日本選手権】女子1500m 1位 髙松智美ムセンビ選手(名城大・大阪)コメント



女子1500m 1位 4分17秒43
髙松智美ムセンビ選手(名城大・大阪)

予選のときは緊張して、うまく走れていなかったので、優勝できて嬉しい。決勝は、前に行かずに後ろからレースの様子を見守って、もし余裕があったらスパートをかけようと思っていた。混戦で「“出遅れた”と思ったらダメだ」と思ったので、後ろについても不安だと思わないようにして、しっかり冷静に走った。ラスト1周でも気持ちに余裕があったので、同級生の有菜さん(和田有菜、名城大)が前に行ったときに、置いて行かれないよう自分もしっかりついていった。
(いつもだと)ラストはストライドが大きくなってしまうのだが、我慢すれば絶対に前に追いつけると思って、自分を信じて走った。優勝できるとは考えていなかったが、でも、自分にもチャンスはあると思っていた。最後まであきらめないでよかった。
次のレースは7月のU-20世界選手権。出場種目は5000mと、長い距離になるのだが、そこでもラストスパートでキレのある走りができるようにしていきたい。トラックで大きな世界大会に出るのは初めて。クロスカントリー(※2017年世界クロスカントリー選手権に出場)とはまた違った雰囲気があると思う。今日のように動じないで落ち着いて走れるようにしたい。

--
■第102回日本陸上競技選手権大会
開催日:2018年6月22日(金)~24日(日)
会場:山口・維新百年記念公園陸上競技場

第102回日本陸上競技選手権大会特設サイトはこちら
http://www.jaaf.or.jp/jch/102/

information

セイコーゴールデングランプリ陸上

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsor

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • 洋服の青山
  • デンカ株式会社

  • 丸大食品株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 株式会社クリエイト
  • アース製薬株式会社
  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構