2023.10.22(日)選手

【第54回U16陸上大会】優勝者コメント/女子跳躍種目

■走高跳



鴨田るな(相模原旭中・神奈川)1m70※大会新

国体が終わってすぐの大会だったので体が重く正直不安が大きかったが、とても楽しむことができた。170cmを夏頃からずっと跳べず、疲労を感じながらも自分の力を出し切りたいと考えていた。もう少し跳びたかったという思いもあるが、納得できる結果を残すことができた。冬季トレーニングでは筋力向上と空中での反りの練習に力を入れ、さらなるレベルアップを目指す。高校1年からインターハイでの入賞、180cmを狙いたい。



■棒高跳


写真提供:フォート・キシモト

大豆生田花音(樹徳中・群馬) 3m70

関東と全国規模の大会で結果を残したいという思いで今年度は頑張ってきた。関東大会で2位になり全国規模の大会に懸けてここまでやってきたので、優勝することができて本当にうれしい。この結果は自分の力だけでなく応援してくれる仲間や信じて指導してくれた先生のおかげだと思う。高校でも競技を続けるつもりだが、実力ではまだまだ高校生には及ばないと感じている。冬季トレーニングで新たな目標を定めて頑張りたい。現在目標にしている選手はU18女子棒高跳に出場している柳川美空選手。まずは自分自身と向き合い自己ベストを更新し、最終的には4mを跳びたい。


■走幅跳



佐藤地央(金光学園中・岡山) 5m73(+2.2)

これまで全国規模の大会は幾度も出場してきたが、大きな記録を残せたのは初めてなのでうれしい。日本室内陸上競技大阪大会の標準に向けて、5m80や85を出したかったので記録に完全に満足はできていない。冬季トレーニングではスピードを重視した練習を積んでいきたい。来シーズンは高校1年からインターハイ出場を目指す。まずは5m80〜90を安定して出せるようになり、さらなる記録に挑戦していきたい。



■三段跳



小川優里(大塚高・大阪) 11m98(+2.2)

目標だった11m80を公認大会で超えて優勝できたことが素直にうれしい。ここ最近ホップ足とジャンプ足で地面をとらえきれずに思い切った跳躍ができていなかったが、この全国大会ではいい跳躍をすることができた。12mまであと一歩、という記録を高校1年生で出せたことにもうれしさを感じる。このまま今年中に12mを跳びたい。冬季トレーニングで走力アップを頑張って、来シーズンは12m台をコンスタントに出しながら12m50を目指す。今年度は近畿インターハイを10位で終えたので、来年度は4位に入り全国インターハイに出場したい。



JAAFメディアチーム

【第17回U18 / 第54回U16 陸上競技大会】

◆期日:2023年年10月20日(金)~22日(日)

◆場所:愛媛県総合運動公園陸上競技場

◆公式サイト
https://www.jaaf.or.jp/competition/detail/1766/

◆ライブ配信
https://www.jaaf.or.jp/news/article/19070/

◆SNS
Twitter:https://twitter.com/jaaf_official
Facebook:https://www.facebook.com/JapanAthletics
Instagram:https://www.instagram.com/jaaf_official/
大会ハッシュタグ「#U18U16陸上大会」「#努力の先に生まれる感動」

◆タイムテーブル
https://www.jaaf.or.jp/files/competition/document/1766-3.pdf

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsors

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • デンカ株式会社

JAAF Official Supporting companies

  • 株式会社シミズオクト
  • 株式会社セレスポ
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • JTB
  • 東武トップツアーズ株式会社
  • 日東電工株式会社
  • 伊藤超短波株式会社

PR Partner

  • 株式会社 PR TIMES
  • ハイパフォーマンススポーツセンター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構
  • JSCとの個人情報の共同利用について