2022.07.15(金)選手

【記録と数字で楽しむオレゴン世界選手権】女子20km競歩:岡田・藤井、ドーハ世界選手権に続く連続入賞なるか

7月15日(金)から7月24日(日)の10日間(日本時間では16日~25日)、アメリカ・オレゴン州ユージーンのヘイワード・フィールドを舞台に「オレゴン2022世界陸上競技選手権大会」が開催される。

日本からは、67人(男子41・女26)の代表選手が出場し世界のライバル達と競い合う。

現地に赴く方は少ないだろうがテレビやネットでのライブ中継で観戦する方の「お供」に日本人選手が出場する30種目に関して、「記録と数字で楽しむオレゴン世界選手権」をお届けする。

なお、これまでにこの日本陸連HPで各種競技会の「記録と数字で楽しむ・・・」をお届けしてきたが、過去に紹介したことがある拙稿と同じ内容のデータも含むが、可能な限りで最新のものに更新した。また、記事の中では五輪についても「世界大会」ということで、そのデータも紹介した。

記録は原則として7月7日判明分。
現役選手の敬称は略させていただいた。

日本人選手の記録や数字に関する内容が中心で、優勝やメダルを争いそうな外国人選手についての展望的な内容には一部を除いてあまりふれていない。日本人の出場しない各種目の展望などは、陸上専門二誌の8月号別冊付録の「世界選手権観戦ガイド」やネットにアップされるであろう各種メディアの「展望記事」などをご覧頂きたい。

大会期間中は、日本陸連のSNSで、記録や各種のデータを可能な範囲で随時発信する予定なので、そちらも「観戦のお供」にしていただければ幸いである。

現地と日本の時差は、16時間。マラソンと35km競歩以外の種目は、日本時間の深夜2時頃から昼頃まで競技が行われる。睡眠不足にどうぞご注意を!


(実施日時は、日本時間。カッコ内は現地時間)




女子20km競歩

・決勝 7月16日 05:10(15日13:10)


岡田・藤井、ドーハ世界選手権に続く連続入賞なるか

日本記録(1.27.41/19年)保持者で19年ドーハ世界選手権6位入賞の岡田久美子(ビックカメラ)、同じくドーハで7位に入賞した藤井菜々子(エディオン/1.28.58.=19年 ※ダイヤモンドアスリート修了生)が出場する。岡田は15年から4大会連続、藤井は2大会連続となる。また、五輪を含めると岡田は6大会連続、藤井は3大会連続の世界大会だ。

19年ドーハの高温多湿の中でコンビで入賞を果たした岡田と藤井が連続入賞とさらに上の順位を目指す。

◆世界選手権&五輪での入賞者と最高成績・最高記録

<世界選手権>
入賞者は、
2009年6位1.31.15.渕瀬真寿美(大塚製薬)
2019年6位1.34.36.岡田久美子(ビックカメラ)
7位1.34.50.藤井菜々子(エディオン)

最高記録は、上記の渕瀬の「1時間31分15秒」。

岡田は世界大会には今回で6大会連続出場で、15年・25位、16年・16位、17年・18位、19年・6位、21年・15位の成績を残してきた。
藤井は今回で3大会連続出場で、19年・7位、21年・13位だ。


<五輪>
入賞者はまだいない。
最高成績は、
2012年9位1.28.41.渕瀬真寿美(大塚製薬)2012年

最高記録もその時のものだ。

当初は「11位」でのフィニッシュだったが、2位と6位の選手がのちにドーピング違反で失格して順位がふたつ繰り上がった。最終的には繰り上がりで8位の選手との差は「27秒」だった。21年に11位の藤井の8位との差は31秒。


◆五輪&世界選手権の1・3・8位の記録

1999年の世界選手権から距離が10kmから20kmになった。
「1位・3位・8位の記録」は以下の通り。

1位記録3位記録8位記録
19991.30.50.1.31.18.1.32.19.
2000五輪1.29.05.1.30.23.1.32.35.
20011.27.58.1.28.56.1.31.40.
20031.26.52.1.28.10.1.29.44.
2004五輪1.29.12.1.29.25.1.30.16.
20051.25.41.1.28.44.1.30.07.
20071.30.09.1.30.47.1.33.23.
2008五輪1.26.31.1.27.12.1.27.46.
20091.28.58.1.30.09.1.31.52.
20111.30.00.1.31.14.1.32.06.
2012五輪1.25.02.1.26.00.1.28.14.
20131.27.08.1.28.32.1.29.25.
20151.27.45.1.28.13.1.30.32.
2016五輪1.28.35.1.28.42.1.30.24.
20171.26.18.1.26.36.1.29.26.
20191.32.53.1.33.17.1.35.43.
2021五輪1.29.12.1.29.57.1.31.24.
    
最高記録1.25.02.1.26.00.1.27.46.
世選最高1.25.41.1.26.36.1.29.25.
五輪最高1.25.02.1.26.00.1.27.46.


◆2011年以降の世界選手権&五輪での気温・湿度、トップの5km毎のタイム

2011年以降のスタート時の「気温・湿度」「先頭の5km毎のスプリット」、「前半と後半」のデータを調べてみた。

なお、スプリットは各地点を先頭で通過した選手のタイムから算出したもので、優勝者のスプリットとは限らない。五輪の20km競歩については5km・15kmのタイムが不明のため、5kmは4km&6km、15kmは14km&16kmの通過タイムから推定した。「前後半差」の「△」は、後半の方が速かったことを示す。

なお、カッコ付きの優勝記録は、トップでフィニッシュした選手がのちにドーピングで失格したもの。リザルトからは抹消されたが、その時点ではレースに加わっていたのでそのまま残した。

スタート時優勝記録~5km~10km~15km~20km(前半+後半/前後半差)
201122℃・88%(1.29.42.)23.29.22.47.21.47.21.39.(46.16.+43.26./△2.50.)
2012五輪?℃・?%1.25.02.21.18.21.15.21.21.21.08.(42.33.+42.29./△0.04.)
201322℃・57%1.27.08.23.17.22.03.21.13.20.15.(45.20.+41.28./△3.52.)
201525℃・65%1.27.45.22.24.22.55.22.05.21.21.(45.19.+43.26./△1.53.)
2016五輪24℃・?%1.28.35.22.58.22.26.21.58.21.13.(45.24.+43.11./△2.13.)
201719℃・46%1.26.18.22.22.21.48.21.23.20.45.(44.10.+42.08./△2.02.)
201931℃・71%1.32.53.24.01.23.50.23.11.21.51.(47.51.+45.02./△2.49.)
2021五輪32℃・60%1.29.12.23.04.22.53.22.28.20.47.(45.57.+43.15./△2.42.)

以上の通り、男子と同じく次第にペースが上がっていく「ビルドアップ」ばかり。特にラスト5kmのアップが顕著で、高温多湿の19年のドーハ以外は、21分前後でカバーしている。

もっと細かくみると、18kmからの残り2kmは、8分10秒~20秒あたり(5km換算20分30秒あたりのペース)のことが多い。暑いドーハでも8分26秒、ラスト1kmは4分09秒。同じく終始30℃以上で湿度60%台だった東京五輪(札幌で実施)でも8分12秒と4分06秒で最後を上がっている。

参考までに19年ドーハ大会で岡田が6位、藤井が7位に入賞した時と21年東京五輪での2人の5km毎は、以下の通り。
氏名記録~5km~10km~15km~20km(前半+後半/前後半差)
・19年     
岡田1.34.36.24.02.24.03.23.21.23.10.(48.05.+46.31./△1.34.)
藤井1.34.50.24.03.24.03.23.20.23.24.(48.06.+46.44./△1.22.)
・21年     
岡田1.31.57.23.11.22.49.22.50.23.07.(46.00.+45.57./△0.03.)
藤井1.31.55.23.11.22.47.22.49.23.09.(45.58.+45.57./△0.01.)

つまり、前半は「様子見」で、10km過ぎから振るい落としのサバイバルが始まり、15kmまで生き残った選手でメダルや優勝を目指しての「用意、ドン!」のスタートとなる。

19年と21年の岡田と藤井の2km毎の通過順位は、以下の通り。
距離2468101214161820km
・19年          
岡田121818201487886位
藤井252020211698777位
・21年          
岡田35302315161613131515位
藤井38322719131410111113位

ともに序盤は大集団の後方にいたが、後半に順位を上げた。


◆7月15日のユージーンの過去3年間の気象状況

19年ドーハ、21年東京(競歩は札幌で開催)はともにタート時に30℃を超える気温だったが、ユージーンはどうか?
レースがスタートする7月15日13時10分あたりの過去3年間の気象状況は、以下の通りだ。


【過去3年間の7月15日のユージーンの気象状況】
時刻2021年7月15日2020年7月15日2019年7月15日
12時54分晴・21.7℃・53%晴・29.4℃・34%曇・21.7℃・63%
13時54分晴・22.8℃・50%晴・31.1℃・30%曇・23.3℃・60%
14時54分晴・24.4℃・45%晴・31.7℃・28%曇・24.4℃・56%

2020年は30℃を超えているが湿度が30%前後で、60~70%台だった19年世界選手権や21年五輪と比べるとまとわりつくような蒸し暑さはなかったようだ。
19年と21年は終始25℃以下の条件で選手にとってはありがたい条件であろう。

上記の通り、過去2回の世界大会と比べ条件のいい中でのレースとなる可能性が高そうだ。
ということは、「優勝」「3位」「入賞」のラインもかなり高くなってこよう。

岡田と藤井には「サバイバルレース」に最終盤まで生き残り、ドーハに続く「複数入賞」を果たしてもらいたい。
女子が好成績を残せば、約30分後の15時10分にスタートする男子20km競歩のカルテットにとっても大きな刺激となる。


野口純正(国際陸上競技統計者協会[ATFS]会員)
写真提供:フォート・キシモト

>>オレゴン2022世界陸上競技選手権大会 特設サイト
https://www.jaaf.or.jp/wch/oregon2022/


>>世界選手権ガイド
https://www.jaaf.or.jp/wch/oregon2022/guide/


>>記録と数字で楽しむオレゴン世界選手権

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsors

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • デンカ株式会社

JAAF Official Supporting companies

  • 株式会社シミズオクト
  • 株式会社セレスポ
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • JTB
  • 東武トップツアーズ株式会社
  • 日東電工株式会社
  • 伊藤超短波株式会社

PR Partner

  • 株式会社 PR TIMES
  • ハイパフォーマンススポーツセンター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構
  • JSCとの個人情報の共同利用について