2019.06.26(水)その他

【記録と数字で楽しむ第103回日本選手権】女子トラック編(100mH、400mH、3000mSC)




このページでは、第103回日本選手権の記録や数字に関しての少々(かなり?)マニアックな「みどころ」などを紹介します。なお、過去に紹介したものと重複している内容も含まれていることをお断りします。記録は6月21日判明分。※6月25日に欠場者がリリースされました。

【100mH】

★至近8年間の優勝は、木村5回、紫村2回、青木1回

2011・12年と木村文子(エディオン)が2連勝し、そのあとは13年・紫村仁美(佐賀陸協。16年から東邦銀行)、14年・木村、15年・紫村、16&17年・木村、18年・青木益未(七十七銀行)で優勝を分け合ってきた。木村が優勝6回となれば80mHの時代を含め歴代2位タイ。紫村の3回目ならば歴代6位タイ。青木が連勝すれば、史上21回目となる。


★「12秒台」の「日本新」なら……

金沢イボンヌさんが13秒00の日本記録をマークしたのは、2000年7月16日で「20世紀」だった。五輪・世界選手権で実施される女子トラック種目では、「最古の日本記録」である。金沢さんを含め、たくさんの選手が「12秒台」にチャレンジしてきたが、「13秒00の壁」が大きく立ちはだかってきた。「13秒0台」は歴代で6人。そのうち3人がエントリーしている。

国別最高記録(ナショナルレコード)が「12秒台」は54カ国。日本は「55カ国目」となれるか!?

6月28日16時40分過ぎ(予選)、同日19時50分過ぎ(準決勝)、そして29日の17時10分頃(決勝)に博多の森競技場のホームストレートが「いい追風」に恵まれることを祈りたい。


★ママさん選手・寺田明日香にも注目!

2008年から3連勝した寺田明日香(パソナグループ)が、結婚・出産に7人制ラグビーへの挑戦を経て、6年ぶりにトラックに戻ってきた。自己ベストは独身時代の2009年に出した13秒05(日本歴代5位)。今春の復帰後は、4月13日の山梨県記録会で13秒43(+0.9)、5月18日の東日本実業団で13秒19(-0.4)。

既婚者で日本選手権に出場する選手はこのところ増加してきて、「日本一」に輝いた選手は100mHでもこれまでにいたが、子どもがいる選手の出場は全種目を含めても極めて少ない。少なくとも、100mHでは今回の寺田が「初」のはず。さらに、「優勝」となれば、思いつくところでは、10000mの赤羽有子(2009年)、走高跳の福本幸(2011・13年)くらいしか思い浮かばない。


★日本選手権・決勝での「着順別最高記録」

・「/」の後ろは、追風参考での最高記録
1)13.022013年
2)13.032013年
3)13.212018年
4)13.312018年
5)13.492013・2017年/13.43w 2016年
6)13.502013年/13.45w 2016年
7)13.562018年/13.49w 2016年
8)13.592018年


【400mH】

★吉田&久保倉&青木トリオで福島大関係者が18年間で16タイトル

400mと同じく2000年以降、福島大関係者(現役生&卒業生)が圧倒的な強さを示してきた。吉田真希子さんが00年から5連勝で06年も優勝して計6回。そのあとは、久保倉里美さんが07年から14年まで8連勝、16年も勝ってこの種目で最多優勝の計9回。さらに、17年は青木沙弥佳(東邦銀行)が初優勝し、00年から17年までの18年間で実に16回もタイトルを獲得してきている。18年に青木の「V2」に待ったをかけたのが園田女大出身の宇都宮絵莉(長谷川体育施設)。宇都宮にとっては連覇の、青木にとってはリベンジの大会となる。

★青木は入賞回数を積み上げ中

18年に2連覇を阻まれた青木は05年から15年まで11年連続入賞(2&3位各4回、4&5&7位各1回)を継続していたが、16年は決勝に進めず残念ながら連続記録が途絶えた。が、17年の優勝と18年の2位を加えてトータルの入賞回数13回は、久保倉さんの16回、吉田さんの13回に続き歴代3位。ここでも福島大関係者が上位を独占している。


★日本人の大会最高記録

大会記録の55秒78はルーマニアのカルタスさんが91年にマークしたもの。日本人の最高記録は、久保倉さんの55秒81(11年)。


★日本選手権・決勝での「着順別最高記録」

1)55.812011年/55.78 1991年=外国人が1位
2)56.312010年
3)56.902010年
4)57.042011年
5)57.572010年
6)57.712010年
7)57.992011年
8)58.172010年

1・3・4・6・7位は、福島大関係の選手が保持。


【3000mSC】

★石澤ゆかり、連覇なるか?

18年は石澤ゆかり(エディオン)が初優勝。茨城大時代は、800m中心の選手だった。この種目が採用されたのは2006年からで今回で14回目の実施。後述の早狩実紀(京都光華AC)が06年から11年まで6連勝。12・13年が荒井悦加さん。14年が三郷実沙希(スズキ浜松AC)。15・16年が高見澤安珠(松山大)。そして17年の森智香子(積水化学)、18年・石澤と続く。早狩が14回のうち6回も優勝していることもあって歴代の優勝者は6人。その中で今回エントリーしているのは早狩、森、石澤の3人。

★レジェンド・早狩実紀が復活出場

06年にこの種目が採用されてから11年まで6連勝。それ以降も17年まで12年連続出場してきた早狩の名前が18年のプログラムから消えた。現役を退いた訳ではなく、45歳だった18年4月27日に10分31秒52で走ったが、「参加標準記録A」の「10分25秒00」に6秒あまり届かなかった。46歳となった今年5月3日には、10分22秒43をマークして見事に返り咲いた。1972年11月29日生まれで、レースが行われる6月29日で、46歳7カ月だ。40歳だった13年9月22日にマークした10分00秒75は、現在も「40歳以上世界最高記録」として残っている。

日本選手権に早狩は、同志社大学2年生だった92年6月13日に行われた3000mが初出場で8位入賞。以後、2017年までの26年間で優勝は3000mSCの6回の他、800mと1500mで1回ずつ(ともに96年)で計8回。入賞回数は、優勝している上述の3種目に3000mを加え計25回(1位8回、2位4回、3位5回、4・5位各2回、6位1回、7位2回、8位1回/800m5回、1500m11回、3000m1回、3000mSC8回)にもなる。トラック種目でのトータル入賞回数としては、男女を含めて歴代最多である。なお、全種目での歴代トップは、円盤投とハンマー投の室伏由佳さんの計30回入賞(1位17回、2位7回、3位5回、7位1回/円盤投18回、ハンマー投12回)だ。

今回の日本選手権にエントリーしている男女全種目で早狩が最年長者であることは間違いないが、女子3000mSCに出場予定の早狩以外の23選手で、早狩が初めて日本選手権に出場した92年6月13日に生まれていたのは3人のみ。高校を卒業して1年目の5人(2000年生まれ)とは26~27年もの年齢差がある。18歳と46歳が「日本一」を決める同じ舞台で競うというのは何とも素晴らしいし、27年間もそこに立ち続けていられるだけの競技力を維持している早狩には本当に頭が下がる。


★「U20日本新」が出るかも!?

18年に8位入賞を果たした吉村玲美(白鷗女高。現在、大東大1年)のタイムは10分07秒48の「高校最高記録」で「U18日本最高記録」だった。一冬越えた19年5月の関東インカレでは、今季日本1位の9分57秒46に伸ばして優勝した。
「U20日本記録」は、9分53秒72(高見澤安珠/松山大/2015年)で、吉村の記録は歴代2位。

今回のエントリーメンバーが早狩が08年にマークした9分33秒93の日本記録を破るのは厳しそうだが、吉村には「U20日本記録」更新の可能性がある。


★日本選手権での「着順別最高記録」

1)9.44.222016年
2)9.45.272016年
3)9.54.212016年
4)9.59.352016年
5)10.04.232016年
6)10.04.282016年
7)10.05.402018年
8)10.07.482018年



野口純正(国際陸上競技統計者協会[ATFS]会員)
写真提供:フォート・キシモト

関連選手

information

セイコーゴールデングランプリ陸上

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsor

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • 洋服の青山
  • デンカ株式会社

  • 丸大食品株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 株式会社クリエイト
  • アース製薬株式会社
  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構