2019.06.26(水)その他

【記録と数字で楽しむ第103回日本選手権】女子トラック編(100m、200m、400m)





このページでは、第103回日本選手権の記録や数字に関しての少々(かなり?)マニアックな「みどころ」などを紹介します。なお、過去に紹介したものと重複している内容も含まれていることをお断りします。記録は6月21日判明分。※6月25日に欠場者がリリースされました。


【100m・200m】

★混戦を制するのは?

2018年の100mは、世古和(CRANE)が初優勝。17年は市川華菜(ミズノ)が100m・200mの「二冠女王」となり、福島千里(セイコー)の連勝にストップをかけた。福島は、100mが2010年から7連勝(08年も優勝で計8回)、200mが11年から6連勝(09・18年も優勝で計8回)、「両種目V」も6連勝だった。100・200m二冠V6は、98年から03年の新井初佳さん(ピップ・フジモト。のちに結婚で小島姓に)と並んでトップタイ。

が、世古、市川、福島とも5月以降は本調子ではない。となれば、100mは数年間の低迷から復活してきた土井杏南(JAL)、高校生の御家瀬緑(恵庭北高3年)らの数人に「初優勝」のチャンスありだ。高校生が制すれば、1990年の三木まどか(姫路商高)以来28年ぶりとなる。

2018年の200mは、福島が17年に7連勝にストップをかけられた市川に雪辱。が、アキレス腱痛のため今年4月のアジア選手権後はレースには出場していない。市川も体調を崩して5月中旬以降は日本選手権に向けて、立て直しを図っている。福島と市川の復調がポイントだが、100mと同様に混戦模様。

となると、今季トップタイムの23秒70をマークしている和田麻希(ミズノ)にチャンスが巡ってきた。2005年から16年の12年間で、2位1回、4位5、5・6・7位が各1回、8位2回と計11回の入賞を果たしている。100mも09年から16年の8年間で、3・4・5・7位が各1回、6位2回で計6回の入賞。「初優勝」に向けて、きっちりと仕上げてくることだろう。が、100mと同じく、全国インターハイに向けて勢いがある高校生が飛び出してくる可能性もある。

※福島選手は欠場となりました。

★日本人の大会最高記録

両種目とも大会記録は、1991年にデービスさん(バハマ)がマークした11秒29と22秒73。日本人の「実質的大会記録」は、ともに福島で11秒30(10年)と現日本記録の22秒88(16年)。


★日本選手権・100m決勝での「着順別最高記録」

・「/」の後ろは、追風参考での最高記録
1)11.302010年/11.29 1991年=外国人が1位
2)11.392004年=1着同着/11.32w 2001年
3)11.452004年/11.42w 2001年
4)11.512004年
5)11.562004年
6)11.612004年
7)11.792017年
8)11.852012年


★日本選手権・200m決勝での「着順別最高記録」

・「/」の後ろは、追風参考での最高記録
1)22.882016年/22.73 1991年=外国人が1位
2)23.192009年
3)23.742012年
4)23.892017年
5)23.962016年
6)24.072016年
7)24.242009年
8)24.262009年


【400m】

★大学生(川田朱夏)の連覇なら14年ぶり

2007年から09年に丹野麻美さん(現姓・千葉)が3連勝(04・05年も2連勝で計5回優勝)したあと、10年からの9年間は毎年異なる選手が「初優勝」を飾っている。

18年に勝った川田朱夏(東大阪大)が連勝すれば、大学生選手の連覇は、04・05年の丹野さん(福島大)以来14年ぶりとなる。川田は3・4日目の800mとの二冠も狙っている。初日・2日目の400mではずみをつけたいところ。

2016年に勝った青山聖佳(大阪成蹊AC)も2年あまりの低迷から復活し3年ぶりの頂点をうかがう。今季トップの53秒31の高島咲季(相洋高3年)が制すれば、高校生の優勝は2014年以来5年ぶりとなる。

★福島大関係者の優勝

21世紀になってから、福島大関係者(現役生&卒業生)が圧倒的に強く、02年から17年までの16年間で10回を制している。が、18年は卒業生の武石この実(東邦銀行)の4位が最高だった。今回、巻き返しなるかにも注目だ。


★日本選手権・決勝での「着順別最高記録」

1)51.932005年
2)53.082007年
3)53.442007・2015年
4)53.582015年
5)53.652015年
6)53.782015年
7)54.002015年
8)54.312015年


ここでも福島大関係者が目立ち、1・2・3・4・5位に同大関係の選手が名を連ねている。



野口純正(国際陸上競技統計者協会[ATFS]会員)
写真提供:フォート・キシモト

information



JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsor

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • 洋服の青山
  • デンカ株式会社

  • 丸大食品株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 株式会社クリエイト
  • アース製薬株式会社
  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構