2022.07.16(土)選手

【記録と数字で楽しむオレゴン世界選手権】女子10000m:アフリカ勢を相手に入賞を目指す

7月15日(金)から7月24日(日)の10日間(日本時間では16日~25日)、アメリカ・オレゴン州ユージーンのヘイワード・フィールドを舞台に「オレゴン2022世界陸上競技選手権大会」が開催される。

日本からは、67人(男子41・女26)の代表選手が出場し世界のライバル達と競い合う。

現地に赴く方は少ないだろうがテレビやネットでのライブ中継で観戦する方の「お供」に日本人選手が出場する30種目に関して、「記録と数字で楽しむオレゴン世界選手権」をお届けする。

なお、これまでにこの日本陸連HPで各種競技会の「記録と数字で楽しむ・・・」をお届けしてきたが、過去に紹介したことがある拙稿と同じ内容のデータも含むが、可能な限りで最新のものに更新した。また、記事の中では五輪についても「世界大会」ということで、そのデータも紹介した。

記録は原則として7月7日判明分。
現役選手の敬称は略させていただいた。

日本人選手の記録や数字に関する内容が中心で、優勝やメダルを争いそうな外国人選手についての展望的な内容には一部を除いてあまりふれていない。日本人の出場しない各種目の展望などは、陸上専門二誌の8月号別冊付録の「世界選手権観戦ガイド」やネットにアップされるであろう各種メディアの「展望記事」などをご覧頂きたい。

大会期間中は、日本陸連のSNSで、記録や各種のデータを可能な範囲で随時発信する予定なので、そちらも「観戦のお供」にしていただければ幸いである。

現地と日本の時差は、16時間。マラソンと35km競歩以外の種目は、日本時間の深夜2時頃から昼頃まで競技が行われる。睡眠不足にどうぞご注意を!


(実施日時は、日本時間。カッコ内は現地時間)




女子10000m

・決勝 7月17日 04:20(16日12:20)


アフリカ勢を相手に入賞を目指す

参加標準記録(31分25秒00)をクリアした東京五輪7位入賞の廣中璃梨佳(日本郵政グループ/参加資格記録&自己ベスト31.00.71=21年)、五島莉乃(資生堂/資格記録&自己ベスト31.10.02=21年)、小林成美(名城大/資格記録&自己ベスト31.22.34=21年)※7月12日に派遣見送り※が出場。

トリオでのエントリーは、83年ヘルシンキ、87年ローマ、13年モスクワ、19年ドーハを除き18大会中14回目。五輪では、92年バルセロナ大会から21年東京大会まで8大会連続を継続中。

参加標準記録適用期間内(20年12月27日~22年6月26日)のエントリー記録では、廣中が15位、五島が18位、小林が26位だ。

日本のレベルは高く参加標準記録突破者が5人いたが、日本陸連の選考基準の優先順位によって、廣中・五島・小林が代表となった。

大学生がこの種目の代表となったのは、95年・木村泰子(京産大)、11年・吉本ひかり(佛教大)に続き3人目。五輪での大学生代表はまだいない。

廣中にとっては、16日10000m、20日5000m予選、23日5000m決勝というスケジュールで、東京五輪とは逆の順序となった。

まずは10000mで東京五輪に続く入賞を果たし、その勢いを5000mにつなげたいところだ。


◆世界選手権&五輪での入賞者と日本人最高記録

19958位31.54.01鈴木博美(リクルート)
1996五輪5位31.20.62千葉真子(旭化成)
〃五輪7位31.23.23川上優子(沖電気宮崎)
19973位31.41.93千葉真子(旭化成)
19994位31.26.84弘山晴美(資生堂)
5位31.27.62高橋千恵美(日本ケミコン)
20097位31.14.39x中村友梨香(天満屋)=スタート直後のショートカットで記録は非公認
20135位30.56.70新谷仁美(ユニバーサルエンターテイメント)
2021五輪7位31.00.71廣中璃梨佳(日本郵政グループ)

日本人最高記録は、
<世界選手権>
30.56.70 新谷仁美(ユニバーサルエンターテイメント)2013年 5位

<五輪>
30.59.19 新谷仁美(ユニバーサルエンターテイメント)2012年 9位


◆世界選手権&五輪での先頭の5000m毎と1・3・8位の記録と1・8位の差◆

・「前半」は、5000mを先頭で通過した選手のタイムで、優勝者のものとは限らない。
・「前後半差」の「△」は、後半の方が速かったことを示す。

1位記録(前半+後半/前後半差)3位記録8位記録1・8位の差
198731.05.85(15.21.51+15.44.34/▼22.83)31.11.3431.48.8843.03
1988五輪31.05.21(15.37.9 +15.37.3 /△ 0.6 )31.19.8231.50.5145.30
199131.14.31(15.34.15+15.40.16/▼ 6.01)31.35.9932.16.5562.24
1992五輪31.06.02(15.39.91+15.26.11/△13.80)31.19.8931.38.0432.02
199330.49.30(15.43.38+15.05.92/△37.46)31.15.3831.37.2647.96
199531.04.99(15.46.89+15.21.90/△24.99)31.17.6631.54.0149.02
1996五輪31.01.63(15.35.85+15.25.78/△ 9.74)31.06.6531.26.4624.83
199731.32.92(16.12.81+15.20.11/△52.70)31.41.9332.03.8130.89
199930.24.56(15.25.24+14.59.32/△25.92)30.32.0331.43.8079.24
2000五輪30.17.49(15.05.70+15.11.79/▼ 6.09)30.22.8831.14.7057.21
200131.48.81(16.28.89+15.19.92/△68.97)31.49.9832.09.2120.40
200330.04.18(15.06.53+14.57.65/△ 8.88)30.07.2030.37.6833.5
2004五輪30.24.36(15.34.56+14.49.80/△44.76)30.26.4231.04.6240.26
200530.24.02(15.16.29+15.07.73/△ 8.56)30.26.0030.33.759.73
200731.55.41(16.29.24+15.26.17/△63.07)32.08.8132.31.2135.33=2位がドーピング失格
2008五輪29.54.66(15.09.98+14.44.68/△25.30)30.26.5030.55.1660.50=2・6位がドーピング失格
200930.51.24(15.45.19+15.06.05/△39.14)30.51.9531.21.4230.18
201130.48.98(15.47.04+15.01.94/△45.10)30.53.5931.37.0348.05
2012五輪30.20.75(15.32.06+14.48.69/△43.37)30.30.4430.55.6334.88
201330.43.35(15.30.38+15.13.03/△17.35)30.46.9831.34.8351.48
201531.41.31(16.11.99+15.29.32/△42.67)31.43.4931.51.3510.04
2016五輪29.17.45(14.46.81+14.30.64/△16.17)29.42.5630.26.6669.21
201730.16.32(15.51.38+14.24.94/△86.44)31.03.5031.24.1867.86
201930.17.62(15.32.70+14.44.92/△47.78)30.25.2031.05.7148.09
2021五輪29.55.32(15.08.23+14.47.09/△21.14)30.01.7231.01.9766.65
     
最高記録29.17.4530.26.6630.26.66 
世選最高30.04.1830.07.2030.33.75 
五輪最高29.17.4529.42.5630.26.66 

先頭がどういうペースで前半を刻むかにもよるが、優勝者との差が30~60秒あたりが入賞ラインの目安となりそうだ。

優勝記録にはばらつきがあるが、「前半+後半/前後半差」をみると、優勝者は前半よりも後半の方が30秒以上速いことが多く、時には1分以上も速く走っているレースもある。
つまり、優勝者に後半で離されても、前半の先頭集団のペースを大崩れすることなく後半も維持できれば、「入賞圏内」にとどまれる可能性があるということだ。24回の世界選手権&五輪のうち、先頭の5000通過タイムの2倍より8位入賞者の記録が良かったのは8回。そのすべては、前半が15分30秒以上かるスローペースの展開のレースだった。

19年ドーハ世界選手権で11位だった新谷(31.12.99)は、前半15分37秒95で先頭(15.32.70)と5秒25差の8位、後半もそのペースを維持して15分35秒04(前後半差△2秒91)で、6200mから9400mまで7位の位置をキープしていた。が、最後の600mからのスピードアップで取り残され8位(31分05秒71)と7秒28差の11位。惜しいところで入賞を逃したということがあった。トップとの差は、55秒37だった。

また、2003年と05年の世界選手権、あるいは16年リオ五輪のように30分台半ばが入賞ラインというハイレベルな年もあった。

東京五輪では、廣中が7位入賞。
この時の1000m毎とその通過順位(カッコ内の数字)は、
1000m1) 3.03.03.03.0  
2000m1) 6.04.43.01.46.04.4 
3000m5) 9.11.03.06.6  
4000m6)12.11.43.00.46.07.0 
5000m9)15.15.53.04.1 15.15.5
6000m9)18.25.12.59.66.03.7 
7000m9)21.35.83.10.7  
8000m9)24.49.33.13.56.24.2 
9000m8)28.01.73.12.4  
10000m7)31.00.72.59.06.11.415.45.2(前後半差▼29.7)

前半5000mで先頭(15.08.23)との差は、7秒3。
6000mで20秒8(8位と1秒0差の9位、10位とは3秒6差)
7000mで34秒5(7位集団3人の9位)
8000mで52秒8(7位集団4人の9位)
9000mで59秒7(8位集団3人の先頭。7位と2秒0差)
9600mで9位(7位と1秒9、8位と1秒4差)
9700mで8位(7位と0秒4差)
9800mで8位(7位と0秒1差)
9900mで7位(8位に0秒2差)
最終的にはトップから65秒39差で7位入賞(8位と1秒26差)を果たした。
残り1周は、66秒4。ラスト200m32秒5で、5日前の5000m9位(14.52.34=日本新)の残り400m(66秒9)と200m(33秒3)よりも速く走ったのが大きかった。


◆過去3年間の7月16日のユージーンの気象状況◆

7月16日昼12時20分(日本時間17日早朝4時20分)にレースはスタートする。
その前後の時間の19年から21年の過去3年間のユージーンの「天気・気温・湿度」は以下の通りだ。

【過去3年間の7月16日のユージーンの気象状況】
時刻2021年7月16日2020年7月16日2019年7月16日
11時54分晴・22.2℃・46%晴・27.8℃・41%曇・23.9℃・52%
12時54分晴・22.8℃・44%晴・29.4℃・39%曇・23.9℃・52%

昼過ぎの時間ではあるが、比較的いいコンデュションのもとでのレースになりそうだ。

複数で入賞できれば、96年アトランタ五輪(5・7位)、99年セビリア世界選手権(4・5位)以来となる。
是非実現してもらいたい。


◆新谷仁美の日本記録(30.20.44)の時の1000m毎◆

参考までに20年12月4日の日本選手権で新谷が30分20秒44の日本記録をマークした時の1000m毎は下記の通り。
1000m3.02.3.02.
2000m6.08.3.06.
3000m9.05.2.57.
4000m12.05.3.00.
5000m15.07.3.02.
6000m18.10.3.03.
7000m21.12.3.02.
8000m24.16.3.04.
9000m27.20.3.04.
10000m30.20.443.01.

涼しい条件で、集団のペースによっては、入賞するには日本記録を更新しなければならないレベルの走りが必要になる可能性もある。


野口純正(国際陸上競技統計者協会[ATFS]会員)
写真提供:フォート・キシモト

>>オレゴン2022世界陸上競技選手権大会 特設サイト
https://www.jaaf.or.jp/wch/oregon2022/


>>世界選手権ガイド
https://www.jaaf.or.jp/wch/oregon2022/guide/


>>記録と数字で楽しむオレゴン世界選手権

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsors

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • デンカ株式会社
  • 株式会社クリエイト

JAAF Official Supporting companies

  • 株式会社シミズオクト
  • 株式会社セレスポ
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • JTB
  • 東武トップツアーズ株式会社
  • 日東電工株式会社
  • 伊藤超短波株式会社

PR Partner

  • 株式会社 PR TIMES
  • ハイパフォーマンススポーツセンター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構
  • JSCとの個人情報の共同利用について