2021.08.03(火)選手

【記録と数字で楽しむ東京オリンピック】男子20km競歩

7月30日(金)から8月8日(日)の10日間、国立競技場と札幌(マラソンと競歩)を舞台に「第32回オリンピック」の陸上競技が開催される(ている)。

日本からは、65人(男子43・女22)の代表選手が出場し世界のライバル達と競い合う。

無観客開催となったためテレビやネットでのライブ中継で観戦するしかなくなったが、その「お供」に日本人選手が出場する26種目に関して、「記録と数字で楽しむ東京オリンピック」をお届けする。

なお、これまでにこの日本陸連HPで各種競技会の「記録と数字で楽しむ・・・」をお届けしてきたが、過去に紹介したことがある拙稿と同じ内容のデータも含むが、可能な限りで最新のものに更新した。また、五輪の間に隔年で行われる世界選手権もそのレベルは五輪とまったく変わらないので、記事の中では「世界大会」ということで同等に扱い、そのデータも紹介した。

記録は原則として7月28日判明分。
現役選手の敬称は略させていただいた。

日本人選手の記録や数字に関する内容が中心で、優勝やメダルを争いそうな外国人選手についての展望的な内容には一部を除いてあまりふれていない。日本人の出場しない各種目や展望記事などは、陸上専門二誌の8月号別冊付録の「東京五輪観戦ガイド」やネットにアップされるであろう各種メディアの「展望記事」などをご覧頂きたい。

大会が始まったら、日本陸連のTwitterで、記録や各種のデータを可能な範囲で随時発信する予定なので、そちらも「観戦のお供」にしていただければ幸いである。



・決勝 8月5日 16:30

山西利和(愛知製鋼)
池田向希(旭化成)
高橋英輝(富士通)

山西を軸に日本人トリオが「頂点」に挑む

19年ドーハ世界選手権で優勝した山西利和(愛知製鋼)、同6位の池田向希(旭化成)、五輪2大会連続出場の高橋英輝(富士通)が、五輪では日本初の「頂点」に挑む。

 
◆五輪&世界選手権での入賞者と最高記録◆
世界選手権を含む日本人の入賞者は下記の通り。

2001    7位 1.22.11. 柳澤  哲(綜合警備保障)

2011    4位 1.21.39. 鈴木 雄介(富士通)

2013    6位 1.22.09. 西塔 拓己(東洋大)

2016 五輪 7位 1.20.22. 松永 大介(東洋大)

2019    1位 1.26.34. 山西 利和(愛知製鋼)

 〃     6位 1.29.02. 池田 向希(旭化成)

 五輪では「7位」が最高順位だが、今回の3人が普通に力を発揮できればこれを上回るのはほぼ確実だろう。エントリー記録では、山西2位、池田4位、高橋8位。メダルのみならず、トリオ入賞もいけそうだ。

「日本人最高記録」は、

五輪が、

1.20.22. 松永大介(東洋大)2016年 7位

世界選手権が、

1.20.04. 藤澤 勇(ALSOK)2017年 11位

 
◆2011年以降の世界大会の1・3・8位の記録◆
日本人選手が入賞を果たした2001年からの世界選手権と五輪の「優勝・3位・8位の記録」は以下の通り。
 

 年   優勝記録 3位記録 8位記録

2001   1.20.31. 1.20.36. 1.22.20.

2003   1.17.21. 1.18.07. 1.20.14.

2004五輪 1.19.40. 1.20.02. 1.21.56.

2005   1.18.35. 1.19.44. 1.20.45.

2007   1.22.20. 1.22.40. 1.24.10.

2008五輪 1.19.01. 1.19.42. 1.20.36.

2009   1.19.06. 1.19.50. 1.21.13.

2011   1.19.56. 1.20.38. 1.21.50.

2012五輪 1.18.46. 1.19.25. 1.20.12.

2013   1.20.58. 1.21.21. 1.22.21.

2015   1.19.14. 1.19.57. 1.21.37.

2016五輪 1.19.14. 1.19.37. 1.20.27.

2017   1.18.53. 1.19.04. 1.19.41.

2019   1.26.34. 1.27.00. 1.29.52.

-------------------

最高記録 1.17.21. 1.18.07. 1.19.41.

五輪最高 1.18.46. 1.19.25. 1.20.12.

世選最高 1.17.21. 1.18.07. 1.19.41.


2011年以降の各大会でのスタート時の「気温・湿度」「先頭の5㎞毎のスプリット」、「前半と後半」のデータも調べてみた。

なお、スプリットは各地点を先頭で通過した選手のタイムから算出したもので、優勝者のスプリットとは限らない。五輪の20㎞競歩については5㎞・15㎞のタイムが不明のため、5㎞は4㎞&6㎞、15㎞は14㎞&16㎞の通過タイムから推定した。「前後半差」の「△」は、後半の方が速かったことを示す。
 

年    スタート時 優勝記録 ~5km ~10㎞ ~15㎞ ~20㎞(前 半+後 半/前後半差)

2011   22℃・85% 1.19.56. 21.03. 20.55. 19.44. 19.14.(41.58.+38.58./△3.00.)

2012五輪 ?℃・63% 1.18.46. 20.00. 20.08. 19.38. 18.57.(40.00.+38.46./△1.14.)

2013   29℃・40% 1.20.58. 20.17. 20.17. 20.07. 20.16.(40.34.+40.23./△0.11.)

2015   23℃・78% 1.19.14. 20.10. 20.10. 19.33. 19.21.(40.20.+38.54./△1.26.)

2016五輪 25℃・?% 1.19.14. 20.14. 19.56. 19.56. 19.08.(40.10.+39.04./△1.06.)

2017   20℃・40% 1.18.53. 19.54. 19.56. 19.43. 19.20.(39.50.+39.03./△0.47.)

2019   32℃・77% 1.26.34. 22.26. 21.40. 21.22. 21.06.(44.06.+42.28./△1.38.)


以上の通り、次第にペースが上がっていく「ビルドアップ」がほとんど。特にラスト5㎞のアップが顕著で、高温多湿となった19年ドーハ世界選手権とこれまた気温が高かった13年を除くと、19分そこそこでカバーしている。もっと細かくみると、18㎞からの残り2㎞は、7分30秒前後(5㎞換算18分45秒ペース)のことが多い。

つまり、前半は「様子見」で、10㎞過ぎから振るい落としのサバイバルが始まり、15㎞まで生き残った選手でメダルを目指しての「用意、ドン」である。

 
◆8月5日の札幌市の過去30年間の気象状況◆
今回の札幌でもドーハように高温多湿の過酷な条件下でのレースとなる可能性がある。
実際に7月19日には、「猛暑日」となる「35.0℃」を記録した。
レースがスタートするのは8月5日の16時30分だが、7月19日の16時30分は「30.1℃・湿度55%」だった。

1991年から2020年の過去30年間の8月5日の札幌市の17時00分(7~8km付近を歩いている時刻)の「気温・WBGT(湿球黒球温度=暑さ指数)・湿度」は下記の通りだ。

このデータは、ウェザーニューズの浅田佳津雄さんらが日本陸連発行の「陸上競技研究紀要・第16巻(2020年)」に発表したものである。
 

-- 気温  WBGT  湿度

平均 24.7℃ 23.8℃ 69%

最高 31.0℃ 27.9℃ 91%

最低 20.1℃ 21.4℃ 43%


なお、「WBGT=湿球黒球温度:Wet Bulb Globe Temperature」は「暑さ指数」と言われる。単位は気温と同じ摂氏度(℃)で表示されるが、その値は気温とは異なり、人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目したもので、人体の熱収支に与える影響の大きい「湿度」「日射・輻射など周辺の熱環境」「気温」の3つを取り入れた指標である。

日本スポーツ協会の「スポーツ活動中の熱中症予防ガイドブック」(2019)によると、高温化での運動に関する指針は、


気温(参考) WBGT  熱中症予防運動指針
--------------------------
35℃以上  31℃以上  運動は原則中止

31~35℃  28~31℃  厳重警戒(激しい運動は中止)

28~31℃  25~28℃  警戒(積極的に休憩)

24~28℃  21~25℃  注意(積極的に水分補給)

24℃未満  21℃未満  ほぼ安全(適宜水分補給)


とされている。

過去30年間のデータからして、8月5日の気温やWBGTが上述の運動指針の「注意」「警戒」「厳重警戒」という条件になるかもしれず、過酷な条件になることも予想される。

いずれにしても、日本人選手には過酷な条件下での「サバイバルレース」に最終盤まで生き残り、ドーハに続く「金メダル」「複数メダル」さらには「全員入賞」を果たして、翌日の50km競歩にも勢いをつけてもらいたい。


野口純正(国際陸上競技統計者協会[ATFS]会員)
写真提供:アフロスポーツ

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsor

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • デンカ株式会社
  • 株式会社クリエイト

JAAF Official Supporting company

  • 株式会社シミズオクト
  • 株式会社セレスポ
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • JTB
  • 東武トップツアーズ株式会社
  • 日東電工株式会社
  • 伊藤超短波株式会社
  • 洋服の青山
  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構