2020.09.25(金)大会

【ポイント5】思わず見たくなる日本選手権「混成競技」の5つの魅力



【ライブ配信やります】9月26日(土)、27日(日)第104回日本陸上競技選手権大会・混成競技


5.知っておくと面白い!! 〜混成競技の見方〜


十種競技と特徴と見どころ

十種競技の1日目は、100m-走幅跳-砲丸投-走高跳-400mの順で競技が行われていく。この種目の配列から見ても読み取れるようにスピードの要素が求められる種目が中心である。一方、2日目は、110mH-円盤投-棒高跳-やり投-1500mと技術を必要とする種目が並んでいる。また、他の9種目と全く異なるタイプの1500mが最終種目に配置されていて、最後に逆転劇を生む事も多々見られる。これらが十種競技の特徴と言える。

混成競技をご覧になる際は、順位の変動はもちろんのこと、各選手がどのように競技を進めていくか、また各選手の底知れぬ体力・技術・精神力などにも注目して欲しい。


七種競技の特徴と見どころ

七種競技1日目は、100mH-走高跳-砲丸投-200m。選手たちは1種目目に集中してくるので100mHからスピードとキレのある動きがみられるだろう。続いて得点差がつきやすい走高跳。この最初の2種目が初日の流れ、ひいては2日間の流れをつくることもあるので注目したい。2日目は走幅跳-やり投-800m。走幅跳とやり投でスピードとパワーを爆発させ、最終種目の800mでは精神力を含めて全ての力を出し尽くす。

7種目がそれぞれ異なるタイプの種目であり、各種目に挑む、選手の様々な動きや表情が見られる(まさに七変化!)。特に最終種目800mでは女子アスリートの強さと美しさが溢れる激しい戦いとなる。


写真提供:月刊陸上競技




【ライブ配信やります】9月26日(土)、27日(日)第104回日本陸上競技選手権大会・混成競技


■第104回日本陸上競技選手権大会・混成競技 大会ページ
 https://www.jaaf.or.jp/competition/detail/1533/

■難しすぎる陸上クイズ‐混成競技編‐
 https://quiz-maker.site/quiz/play/otwb0K20200511230607

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsor

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • 洋服の青山
  • デンカ株式会社

  • 丸大食品株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 株式会社クリエイト
  • TANAKAホールディングス株式会社
  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構