2020.08.23(日)選手

【セイコーGGP】高校生、ドリームレーン出場選手コメント(女子)

<ドリームレーンとは>
新型コロナウイルスの影響により、多くの大会の中止や延期・そしてインターハイが中止となり、積み重ねていた練習の成果を発揮する場を失われてしまった高校生に対して、国立競技場で日本のトップアスリートに挑戦する夢の舞台です。出場する高校生は、日本のトップアスリート達と同じレースを、同じ条件で挑みます。

女子100m

石堂陽奈(北海道・立命館慶祥高) 3着 11秒86

 とにかく楽しかった。トラックの感触は今までに感じたことがない感覚で、昨日の練習では走りとうまく合わなくて少しやりづらさがあったが、今日はそこまで感じなかった。11秒6台を狙っていたが、タイム的には納得していない。
 (シニアの出場枠で)選ばれてうれしかったし、このように招待される機会が今までなかったので、自分も日本のトップの中に入ったんだなと思った。
 日本選手権では100m、200mの2冠と高校記録更新が目標。来年のオリンピックは個人での出場は厳しくても、リレーで狙いたい。大学生や社会人になったら個人でもオリンピックや世界選手権で戦える選手になりたい。

青山華依(大阪・大阪高) 5位 11秒97

 例年より大会が少ない分、調子が合わせにくかったが、(実力が)上の方々は一つ一つの大会に合わせている。差を実感した。スタートは良かったが、児玉(芽生=福岡大)さんが前にいたのでちょっと焦って、硬くなってしまった。11秒97は遅い。日本選手権に調子を合わせたい。
 今年は日本選手権と全国高校大会で優勝するのが目標。今回は石堂(陽奈=北海道・立命館慶祥高)さんに負けたので、次は勝ちたい。将来はオリンピックに行きたいし、いろいろな経験をしてみたい。

鷺麻耶子(東京・八王子東高) 8位 12秒07

 (ドリームレーン選出の)発表から今日まで短かった。そこから1週間でどう組み立てるかを考えてやってきたが、あっという間でふわふわした気持ちだった。楽しかったが、せっかくここで走らせていただいたのにタイムも悪い。他の選手に前に行かれると焦って、大きな走りができない。今回もそれがもろに出た。でも、いい経験ができたと思う。
 将来は勝ち続けられ、トップに居続けられる選手になり、世界で戦いたい。これから積み上げていって2024年のパリオリンピックで世界の選手たちと戦いたい。

女子400m

大野瑞奈(埼玉・埼玉栄高) 9位 56秒02

 すごく楽しかった。せっかくの機会だから積極的に走ろうと顧問とも話していて、前半から積極的に走れた。だが緊張があって、どこか硬くなってしまった。(一つ外の)4レーンの選手についていこうと考えていたが硬くなってしまった。日本選手権参加標準記録Aの54秒80を狙ったが、届かなかったのは残念。
 今年は高校の仲間と一緒にやるのが最後。インターハイがなくなってショックが大きかったが、10月の全国高校大会で全員で優勝したい。大学に進んでも日本を背負えるような選手を目指したい。

女子800m

川島美桜(愛知・豊橋南高) 4位 2分08秒09(自己新記録)

 国立競技場で走れたこと、あこがれの選手と一緒にレースができたことは貴重な経験で。うれしかった。目標としては日本選手権の標準記録(2分08秒50)を切ることと、どんなに速い選手がいてもびびらず、しっかりついていくことだった。展開が早くて焦ってしまい、頭が真っ白になって思っているレースプランとは違ったが、最後まであきらめずにh氏って自己ベストが出せたのはよかった。
 今年の目標は全国高校大会(10月、広島)で優勝したい。日本選手権でも今日一緒に走った選手たちと、また一緒に競えるようにがんばりたい。

女子1500m

中須瑠菜(鹿児島・神村学園高) 8位 4分31秒92

 スタートの時からトップ選手の雰囲気に圧倒されて、すごいなと思った。レースでもスタートしたらすぐに離されてしまい、トップレベルのすごさを身に染みて感じた。
 女子1500mは全国で1人しか(ドリームレーンで出場する)チャンスをもらえなかった。ふがいない走りで申し訳ないというか、力が足りない。神村学園からも大勢応募していたので、みんなの分も頑張りたいと思ったし、みんなも私を応援してくれた。
 今年の目標は全国高校駅伝での優勝。その先のことは考えられない。

女子100mH

伊藤彩香(福岡・青豊高) 8位 13秒90

 トップ選手は私が足元にも全然及ばない速さで、前が遠く感じた。自分のタイムも良くない。スタートは良かったが、2台目で回りが見えて浮いてしまい、集中できていなかった。
 インターハイの代わりの全国高校大会で、昨年からの目標にしている13秒34の日本高校記録を更新したい。その先の目標は明確に決まっていないが、世界で戦える選手になりたい。

女子400mH

水口萌(大阪・東大阪大敬愛高) 7位 1分00秒50

  すごい競技場で緊張したが、こんな機会はないと思って楽しんで走った。前半から飛ばせたが、周りが速いので食らいつくことができなかった。でも自分のレースができたかな。
 インターハイで日本一になることを目標に敬愛に入ったが、それがかなわなかったので、秋の全国高校大会で日本一になるのが目標。大学でも陸上競技を続けるので少しでもいい結果を出したい。

別府理保(熊本・熊本商高) 8位 1分01秒24(自己新記録)

私は自己記録が遅かったけれど、チャンスをいただいたからには全力で生かそうと思って走った。60秒台はならなかったが、自己ベストを0秒5くらい更新できたのはよかった。熊本県では競ったレースをしたことがなくていつも一人の戦いだが、今日は追うことで前へ前へと走ることができた。
 (豪雨の被害が大きかった熊本県あさぎり町の出身) 豪雨災害に遭った地元の方々も、震災に遭った熊本県の皆さんも見てくれた。多くの応援もいただいた。私も皆さんに元気を届けられたと思う。
 初めて速い方々と一緒に走れて、これが私のスタート地点になった。まだ実力不足なので、充実した練習を積み重ねて磨いていきたい。

女子走幅跳

竹元咲(鹿児島・鹿児島高) 6位 5m74

 こんな機会をいただけてうれしかったし、緊張して不安もたくさんあったが、大人の選手たちが気さくに話しかけてくださって、始まってみれば不安なくいつも通りに跳べた。
 自己記録を出した時に比べると走れていなかった。それを6本の間に上げられなかったのが課題。助走も跳躍も安定していない。改善しないといけないところがたくさんある。
 たくさんの選手たちと戦えた経験を忘れず、練習でも高いレベルで取り組みたい。鹿児島県高校記録の6m16を跳びたい。

女子やり投

寺田奈津美(長崎・諫早高) 8位 50m36

 日本のトップの方々と一緒に、大きな競技場で高校生のうちに出場できたのは勉強にもなったし、これからの糧になると思う。今日は本当に最悪。この10日くらいの投げがそのまま出てしまった。指導してくださっている先生に本当に申し訳ない。こういう大会が初めてだったので、気持ちが落ち着かなかった。
 今年は秋の全国高校大会で自己記録を更新して優勝できるようがんばりたい。将来はパリオリンピックに向かって頑張っていきたい。


▶ドリームレーン出場選手コメント(男子)はこちら
http://goldengrandprix-japan.com/2020/news/article/14029/


セイコーゴールデングランプリ陸上2020東京

2020年8月23日(日)国立競技場
http://goldengrandprix-japan.com/


「届け!おうちで応援キャンペーン!!」

8月23日(日)大会当日まで募集中!
http://goldengrandprix-japan.com/2020/news/article/13942/

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsor

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • デンカ株式会社
  • 株式会社クリエイト

JAAF Official Supporting company

  • 株式会社シミズオクト
  • 株式会社セレスポ
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • 東武トップツアーズ株式会社
  • 日東電工株式会社
  • 伊藤超短波株式会社
  • 洋服の青山
  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構