2017.06.24(土)大会

【日本選手権】男子やり投 1位 新井 涼平(スズキ浜松AC・静岡) コメント

【男子やり投】

1位 新井 涼平(スズキ浜松AC・静岡)
82m13

「4連覇できたことは嬉しいが、83m以上(ロンドン世界選手権参加標準記録83m00)を投げようと思っていたのに投げられなかったことはとても悔しい。まだ、技術がしっかり戻っていないのかなというのが素直な感想。それも小さなミスなので、今後、しっかりと修正したい。

(左腕に痺れを生じさせていた)首の出血とケガもどんどんよくなってきて、自分の投げができるようになっていた。そういう面で、いいコンディションで臨めているなという感覚のなか、日本選手権を迎えることができていた。標準記録を投げられなかったのは悔しいが、まだチャンスはある。南部記念でしっかり投げて、確実に代表を決められるようにしたい。本当に小さな技術の違いで、記録は5mくらい変わる。しっかりと決めていけるようにしたいと思う」

2017/06/24 JAAFメディアチーム

第101回日本陸上競技選手権大会特設ページ

第101回日本陸上競技選手権 速報・結果

関連選手

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsor

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • 洋服の青山
  • デンカ株式会社

  • 丸大食品株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 株式会社クリエイト
  • TANAKAホールディングス株式会社
  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構