NEWSニュース

2022.07.15(金)

【記録と数字で楽しむオレゴン世界選手権】男子走幅跳:橋岡に「メダル」のチャンスあり

7月15日(金)から7月24日(日)の10日間(日本時間では16日~25日)、アメリカ・オレゴン州ユージーンのヘイワード・フィールドを舞台に「オレゴン2022世界陸上競技選手権大会」が開催される。

日本からは、67人(男子41・女26)の代表選手が出場し世界のライバル達と競い合う。

現地に赴く方は少ないだろうがテレビやネットでのライブ中継で観戦する方の「お供」に日本人選手が出場する30種目に関して、「記録と数字で楽しむオレゴン世界選手権」をお届けする。

なお、これまでにこの日本陸連HPで各種競技会の「記録と数字で楽しむ・・・」をお届けしてきたが、過去に紹介したことがある拙稿と同じ内容のデータも含むが、可能な限りで最新のものに更新した。また、記事の中では五輪についても「世界大会」ということで、そのデータも紹介した。

記録は原則として7月7日判明分。
現役選手の敬称は略させていただいた。

日本人選手の記録や数字に関する内容が中心で、優勝やメダルを争いそうな外国人選手についての展望的な内容には一部を除いてあまりふれていない。日本人の出場しない各種目の展望などは、陸上専門二誌の8月号別冊付録の「世界選手権観戦ガイド」やネットにアップされるであろう各種メディアの「展望記事」などをご覧頂きたい。

大会期間中は、日本陸連のSNSで、記録や各種のデータを可能な範囲で随時発信する予定なので、そちらも「観戦のお供」にしていただければ幸いである。

現地と日本の時差は、16時間。マラソンと35km競歩以外の種目は、日本時間の深夜2時頃から昼頃まで競技が行われる。睡眠不足にどうぞご注意を!


(実施日時は、日本時間。カッコ内は現地時間)



男子走幅跳

・予選 7月16日 10:00(15日18:00)
・決勝 7月17日 10:20(16日18:20)


橋岡に「メダル」のチャンスあり

東京五輪で6位に入賞した橋岡優輝(富士通/資格記録8m27=22年・自己ベスト8m36=21年 ※ダイヤモンドアスリート修了生)が日本選手権で参加標準記録8m22をクリア(8m27/+1.4)して優勝し2大会連続出場。19年ドーハ大会(8位)に続く連続入賞に挑む。今回の男子主将としてしっかりと結果を残したいところだ。

今年5月8日のゴールデングランプリで8m14(+0.4)の自己ベストを跳んだ山川夏輝(佐賀スポ協)も、1国3人以内でカウントするワールドランキングでターゲットナンバー32人のうちの29位となり初出場を決めた。

21年7月の兵庫県選手権で追風参考ながら8m23(+3.1)を跳んでいた吉田弘道(当時、立命大4年。22年は神崎陸協・兵庫)は、32位の選手に「0.6pt」及ばず33位。「+3.1」の追風による記録ポイントの減算「18.6pt(5試合平均では3.72ptの減算)」が響いた。

「たら」「れば」の話になるが、8m23の時が「+3.1m」ではなく「+2.5」であったならば、あるいはポインントに関わる上位5試合のうち、どこか1試合であと2cm跳べていたならば、32位に届く計算だった。

参加標準記録適用期間内(21年6月28日~22年6月26日)のエントリー記録による橋岡の順位は8位。22年の世界リストでは5位タイだ。

後述の通り、過去の世界大会の記録からすると「メダルのチャンスあり」である。


◆世界選手権&五輪での入賞者と日本人最高記録

<世界選手権>
2019年 8位 7.97(-0.2)橋岡優輝(日大)

日本人最高記録は、
8m08(+0.7)朝原宣治(大阪ガス)1995年 予選B組3位

橋岡は、この種目での世界選手権の日本人入賞者「第一号」だ。

<五輪>
1932年3位7.45南部忠平(早大OB)
6位7.15田島直人(山口高OB)
1936年3位7.74w田島直人(三井鉱山)
1984年7位7.87臼井淳一(デサント)
2021年6位8.1橋岡優輝(富士通)

日本人最高記録は、
8m17(+0.4)橋岡優輝(富士通)予選A組1位

五輪での入賞は、1984年以来37年ぶり。また、世界選手権と五輪の両方で入賞した日本人の「第一号」でもあった。


◆1983年以降の世界選手権&五輪での1・3・8位と決勝に進むことができなかった最高記録

1位3位8位予選落最高
19838.558.127.897.87
1984五輪8.548.247.817.71
19878.678.338.107.93
1988五輪8.728.277.897.74
19918.958.427.99w8.00
1992五輪8.678.347.877.89
19938.598.157.937.90
19958.708.297.937.88
1996五輪8.508.248.067.98
19978.428.187.887.93
19998.588.367.997.90
2000五輪8.558.318.067.99
20018.408.217.927.79
20038.328.227.937.94
2004五輪8.598.328.218.05
20058.608.25w8.06w7.91
20078.578.307.987.93
2008五輪8.348.207.857.93
20098.548.378.068.01
20118.458.298.178.02
2012五輪8.318.127.937.92
20138.568.278.027.89
20158.418.187.977.98
2016五輪8.368.298.057.84
20178.488.328.187.88
20198.698.347.977.86
2021五輪8.418.217.997.95
     
最高記録8.958.428.218.05
世選最高8.958.428.188.02
五輪最高8.728.348.218.05

予選通過標準記録は、2005年以降は8m10か8m15(2017年は8m05)に設定されることが多いが、実際には8mに達しなくとも通過することがほとんどだ。

また決勝で当初設定されていた予選通過標準記録以下の記録での8位入賞は05年以降の12回のうち9回ある。
8位入賞ラインが最も高かったのは2004年アテネ五輪の8m21だが、橋岡は19年以降に毎年これを上回るシーズンベストを残し、計6試合で8m22以上をマークしている(追風参考を含めると計7試合)。とはいえ、予選も決勝も3回目までに予選通過ラインとなりそうな8m台やトップ8に残れそうな8m10以上あたりを跳ぶ必要がある。22年3月の世界室内では3本連続ファウルの記録なしに終わったが、21年6月以降に8m23以上を跳んだ3試合では、3回目までにこれらの記録をマークしている。

「メダル」の過去最高記録は、1991年東京世界選手権での8m42(五輪は、92年バルセロナの8m34)だが、21世紀以降の15回の世界大会での最高は2009年の8m37、次が19年の8m34、04年五輪と17年の8m32、07年の8m30と続く。橋岡が自己ベストの8m36を再現できれば「メダル」に手が届く可能性が非常に高いことになる。その確率は、「15分の14」で「93.3%」にもなる。

ドーハ&東京と連続入賞しているのは、橋岡以外ではJ・M・エチェバリア(キューバ/ドーハ2位・東京3位)とE・カセレス(スペイン/ドーハ7位・東京4位)のみ。橋岡の勝負強さがここでも輝いている。

また、山川の自己ベスト8m14も、83年からのすべて27大会のデータでは「入賞確率88.9%」の記録である。
日本にとっての「初メダル」&「コンビ入賞」を是非とも実現してもらいたい。


野口純正(国際陸上競技統計者協会[ATFS]会員)
写真提供:フォート・キシモト


>>オレゴン2022世界陸上競技選手権大会 特設サイト
https://www.jaaf.or.jp/wch/oregon2022/


>>世界選手権ガイド
https://www.jaaf.or.jp/wch/oregon2022/guide/


>>記録と数字で楽しむオレゴン世界選手権

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsors

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • デンカ株式会社
  • 株式会社クリエイト

JAAF Official Supporting companies

  • 株式会社シミズオクト
  • 株式会社セレスポ
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • JTB
  • 東武トップツアーズ株式会社
  • 日東電工株式会社
  • 伊藤超短波株式会社

PR Partner

  • 株式会社 PR TIMES