Newsニュース

2021.08.01(日)

【記録と数字で楽しむ東京オリンピック】女子3000m障害物

7月30日(金)から8月8日(日)の10日間、国立競技場と札幌(マラソンと競歩)を舞台に「第32回オリンピック」の陸上競技が開催される(ている)。

日本からは、65人(男子43・女22)の代表選手が出場し世界のライバル達と競い合う。

無観客開催となったためテレビやネットでのライブ中継で観戦するしかなくなったが、その「お供」に日本人選手が出場する26種目に関して、「記録と数字で楽しむ東京オリンピック」をお届けする。

なお、これまでにこの日本陸連HPで各種競技会の「記録と数字で楽しむ・・・」をお届けしてきたが、過去に紹介したことがある拙稿と同じ内容のデータも含むが、可能な限りで最新のものに更新した。また、五輪の間に隔年で行われる世界選手権もそのレベルは五輪とまったく変わらないので、記事の中では「世界大会」ということで同等に扱い、そのデータも紹介した。

記録は原則として7月28日判明分。
現役選手の敬称は略させていただいた。

日本人選手の記録や数字に関する内容が中心で、優勝やメダルを争いそうな外国人選手についての展望的な内容には一部を除いてあまりふれていない。日本人の出場しない各種目や展望記事などは、陸上専門二誌の8月号別冊付録の「東京五輪観戦ガイド」やネットにアップされるであろう各種メディアの「展望記事」などをご覧頂きたい。

大会が始まったら、日本陸連のTwitterで、記録や各種のデータを可能な範囲で随時発信する予定なので、そちらも「観戦のお供」にしていただければ幸いである。



・予選 8月1日  9:40

・決勝 8月4日 20:00

山中柚乃


山中が日本記録にどこまで迫れるか

日本記録(9.33.93/早狩実紀/2008.7.20)を上回る参加標準記録の9分30秒00には10秒ちょっと及ばなかったが、ワールドランキング40位で日本選手権を制した山中柚乃(愛媛銀行。9分41秒84=21年)が、「45人」の出場枠に滑り込んだ。

この種目が五輪で実施されるようになったのは、2008年の北京から。世界選手権では05年のヘルシンキからだ。五輪に出場するのは、早狩実紀(京都光華AC。08年)と16年リオの高見澤安珠(松山大)に続いて3人目。

◆五輪&世界選手権での日本人最高成績と最高記録◆
<五輪>

「最高成績」と「最高記録」
2008年 予選1組16位 9.49.70 早狩実紀(京都光華AC)


<世界選手権>
「最高成績」
2005年 12位 9.48.97 早狩 実紀(京都光華AC)2005年
「最高記録」
9.39.28 早狩実紀(京都光華AC)2009年 予選1組10着
◆五輪&世界選手権で決勝に進めなかった最高記録◆
2005年の世界選手権に採用されてからの「決勝に進めなかった最高記録(予選落選者の最高記録)」は、

年  予選落最高

2005   9.47.37

2007   9.43.23

2008五輪 9.29.14

2009   9.28.64

2011   9.41.17

2012五輪 9.31.06

2013   9.44.12

2015   9.30.79

2016五輪 9.30.89

2017   9.36.08

2019   9.30.13

---------

最高記録 9.29.14

五輪最高 9.29.14(2008)

世選最高 9.30.13(2019)


このところは9分30秒を切らないと決勝に進めない状況が続いている。

山中のベストとは大きな差があるが、22年の世界選手権を目指すためにも参加標準記録の「9分30秒00」と08年にマークされて13年の月日が流れた早狩の日本記録に果敢に挑戦してもらいたい。


野口純正(国際陸上競技統計者協会[ATFS]会員)

関連選手

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsor

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • デンカ株式会社
  • 株式会社クリエイト

JAAF Official Supporting company

  • 株式会社シミズオクト
  • 株式会社セレスポ
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • JTB
  • 東武トップツアーズ株式会社
  • 日東電工株式会社
  • 伊藤超短波株式会社
  • 洋服の青山