Newsニュース

2021.07.30(金)

【記録と数字で楽しむ東京オリンピック】男子走高跳

7月30日(金)から8月8日(日)の10日間、国立競技場と札幌(マラソンと競歩)を舞台に「第32回オリンピック」の陸上競技が開催される(ている)。

日本からは、65人(男子43・女22)の代表選手が出場し世界のライバル達と競い合う。

無観客開催となったためテレビやネットでのライブ中継で観戦するしかなくなったが、その「お供」に日本人選手が出場する26種目に関して、「記録と数字で楽しむ東京オリンピック」をお届けする。

なお、これまでにこの日本陸連HPで各種競技会の「記録と数字で楽しむ・・・」をお届けしてきたが、過去に紹介したことがある拙稿と同じ内容のデータも含むが、可能な限りで最新のものに更新した。また、五輪の間に隔年で行われる世界選手権もそのレベルは五輪とまったく変わらないので、記事の中では「世界大会」ということで同等に扱い、そのデータも紹介した。

記録は原則として7月28日判明分。
現役選手の敬称は略させていただいた。

日本人選手の記録や数字に関する内容が中心で、優勝やメダルを争いそうな外国人選手についての展望的な内容には一部を除いてあまりふれていない。日本人の出場しない各種目や展望記事などは、陸上専門二誌の8月号別冊付録の「東京五輪観戦ガイド」やネットにアップされるであろう各種メディアの「展望記事」などをご覧頂きたい。

大会が始まったら、日本陸連のTwitterで、記録や各種のデータを可能な範囲で随時発信する予定なので、そちらも「観戦のお供」にしていただければ幸いである。



・予選 7月30日  9:15

・決勝 8月1日 19:10


戸邉直人(JAL)
衛藤昂(味の素AGF)


2m35前後で「メダル」も射程圏内


日本記録(2m35i/19年)保持者の戸邉直人(JAL)と2m30(17・19・21年)の衛藤昂(味の素AGF)が出場する。衛藤はリオ五輪に続いての出場だ。戸邉は、19年2月に室内で2m35を跳んで10月の世界選手権でM・E・バルシム(カタール)が2m37をクリアするまで屋外を含めて8か月の間、その年の「ワールドリーダー」だった。この種目に複数の選手が出場するのは、76年モントリオール大会以来45年ぶり(福良勝己・越川一紀)。ただし、日本がボイコットした80年モスクワ大会でも2人の「幻の代表(片峯隆・阪本孝男)」が選出されていた。



五輪参加標準記録適用期間内(19年5月1日~20年4月5日、20年12月1日~21年6月29日)の記録では、戸邉(2m31i)が14位タイ。衛藤(2m30)が22位タイ。が、2m33の標準記録に達していないため、ワールドランキング20位と25位での出場だ。


◆五輪&世界選手権での日本人最高成績と最高記録◆

<五輪>
最高成績 5位 1.97 矢田喜美雄(早大)1936年
最高記録 2.21 阪本孝男(東海スポーツ)1984年 予選A組18位

歴代の入賞は、
1928年 6位 1.88 木村 一夫(早大)
1932年 6位 1.94 木村 一夫(早大)
1936年 5位 1.97 矢田喜美雄(早大)
〃  6位 1.94 朝隈 善郎(明大)
〃  6位 1.94 田中  弘(早大)
以上の4人で5回。
なお、1980年までは「6位まで入賞」だったが、現在と同じ「8位以内」には、上記以外に、
1928年 7位 1.88 織田 幹雄(早大)
1932年 7位 1.90 小野  操(明大)
がある。

戦後の最高成績は、1956年 12位 1.96 石川行男(大昭和)だ。

<世界選手権>
最高成績 予選2組トータル18位 2.18 阪本孝男(東海スポーツ)1983年
〃   予選2組トータル18位 2.26 戸邉直人(つくばツインピークス)2015年
最高記録 2.26 戸邉直人(つくばツインピークス)2015年 予選A組15位


◆1983年以降の五輪&世界選手権の1・3・8位と決勝に進めなかった最高記録◆

年   1位 3位 8位 予選落最高
1983   2.32 2.29 2.26  2.18
1984五輪 2.35 2.31 2.27  2.21
1987   2.38 2.38 2.29  2.24
1988五輪 2.38 2.36 2.31  2.22
1991   2.38 2.36 2.28  2.24
1992五輪 2.34 2.34 2.28  2.23
1993   2.40 2.37 2.31  2.25
1995   2.37 2.35 2.25  2.27
1996五輪 2.39 2.35 2.29  2.26
1997   2.37 2.35 2.29  2.23
1999   2.37 2.32 2.29  2.26
2000五輪 2.35 2.32 2.29  2.24
2001   2.36 2.33 2.25  2.25
2003   2.35 2.32 2.29  2.27
2004五輪 2.36 2.34 2.29  2.25
2005   2.32 2.29 2.29  2.24
2007   2.35 2.35 2.26  2.26
2008五輪 2.36 2.33 2.29  2.25
2009   2.32 2.32 2.23  2.27
2011   2.35 2.32 2.29  2.28
2012五輪 2.33 2.29 2.25  2.26
2013   2.41 2.38 2.29  2.26
2015   2.34 2.33 2.25  2.29
2016五輪 2.38 2.33 2.29  2.26
2017   2.35 2.29 2.25  2.29
2019 2.37 2.35 2.27  2.26
------------------
最高記録 2.41 2.38 2.31  2.29
五輪最高 2.39 2.36 2.31  2.26
世選最高 2.41 2.38 2.31  2.29

2013年こそ表彰台のレベルは高かったが、30年あまり前と比べてもこのところは1・3・8位とも記録の水準が低くなっている。

11年以降、予選通過標準記録は2m31の設定だが、実際には2m29あるいは2m26をそれまでノーミスで1回目に跳べば決勝進出ということが多い。そして予選でクリアした高さを決勝で跳べば、あるいは予選よりも低い記録でも入賞という年もある。

19年の室内では戸邉の2m35が世界のトップ、屋外を含めても10月の世界選手権でM・バルシム(カタール)が2m37を跳ぶまでは「世界1位」に位置していた。
コロナで世界的に競技会が減少した20年の世界トップは、2m33。21年は2m37まで回復したが、2m33の4位タイに7人が並ぶ状況で、層の厚さは90年頃(90年は、2m33以上が21人)の半分ほどだ。

まずは、2m30か31に設定されるであろう予選通過標準記録を確実にクリアする、あるいはそれよりも一つ低い高さまでをノーミスで跳べば決勝進出は間違いないだろう。

今シーズンの状況からすると決勝で、2m30をクリアできれば入賞はほぼ間違いなさそう。戸邉が19年2月に室内で跳んだ2m35を再現できれば「メダル」は確実であろうし、試技内容によっては「金」の可能性もあるかもしれない。国際陸連の採点表で「2m35」を100mの記録に当てはめると「9秒95」に相当する。

ベスト記録では戸邉と5cmの差がある衛藤だが、戸邉との直接対決は下表の通りで、この2年あまりは勝ったり負けたりのほぼ互角の勝負をしている。2人が揃って2m33あたりをクリアできれば「W表彰台」の可能性もある。

【表/戸邉と衛藤の対戦成績】
・決勝に限る(収録漏れがあったらご容赦を)。
年月日  大会名     戸邉直人  vs  衛藤 昂
2010.04.25 選抜和歌山   4) 2.15 ○  ● 6) 2.10
2010.06.06 日本選手権   5) 2.15 ○  ● 6) 2.10
2010.09.12 日本学生    2) 2.16 引き分け 2) 2.16
2011.04.24 選抜和歌山   3) 2.15 ○  ● 5) 2.15
2011.05.29 埼玉県記録会  6) 2.05 ●  ○ 2) 2.10
2011.06.12 日本選手権   1) 2.22 ○  ● 2) 2.19
2011.07.09 アジア選手権  5) 2.21 ●  ○ 4) 2.24
2011.09.11 日本学生    5) 2.13 ●  ○ 1) 2.22
2012.01.24 オストラバ   6) 2.15 ○  ● 11) 2.10
2012.01.28 フストパチェ  4) 2.14 ○  ● 12) 2.05
2012.04.22 兵庫リレー   1) 2.16 ○  ● 2) 2.16
2012.05.04 水戸国際    1) 2.20 ○  ● 2) 2.15
2012.06.10 日本選手権   4) 2.15 ●  ○ 2) 2.20
2012.09.10 日本学生    1) 2.22 ○  ● 3) 2.19
2012.10.06 国 体     2) 2.21 ○  ● 9) 2.09
2013.04.28 選抜和歌山   2) 2.20 ○  ● 3) 2.10
2013.06.09 日本選手権   2) 2.20 引き分け 2) 2.20
2013.09.08 日本学生    1) 2.28 ○  ● 2) 2.25
2013.10.06 国 体     3) 2.24 ●  ○ 1) 2.27
2014.01.27 オストラバ   4) 2.20 ○  ● 11) 2.15
2014.04.27 選抜和歌山   1) 2.19 ○  ● 2) 2.16
2014.05.11 GGP東京   3) 2.31 ○  ● 4) 2.28
2014.06.08 日本選手権   3) 2.20 ●  ○ 1) 2.23
2014.09.29 アジア大会   5) 2.25 ○  ● 11) 2.15
2014.10.20 国 体     2) 2.21 ○  ● 3) 2.21
2015.05.10 GGP川崎   5) 2.20 ●  ○ 3) 2.28
2015.06.27 日本選手権   1) 2.26 ○  ● 2) 2.26
2016.06.26 日本選手権   6) 2.20 ●  ○ 1) 2.29
2017.05.03 静岡国際    3) 2.20 ●  ○ 1) 2.25
2017.05.21 GGP川崎   4) 2.25 ●  ○ 2) 2.30
2017.06.25 日本選手権   3) 2.20 ●  ○ 1) 2.25
2017.07.01 パ リ     記録なし ●  ○ 1) 2.25
2017.07.04 ギュライ記念  4) 2.26 ○  ● 8) 2.20
2017.10.07 国 体     2) 2.19 ●  ○ 1) 2.22
2018.05.03 静岡国際    1) 2.28 ○  ● 3) 2.20
2018.05.20 GGP大阪   1) 2.30 ○  ● 4) 2.25
2018.06.24 日本選手権   2) 2.20 ●  ○ 1) 2.25
2018.08.27 アジア大会   3) 2.24 ○  ● 6) 2.24
2019.04.24 アジア選手権  3) 2.26 ●  ○ 2) 2.29
2019.05.19 GGP大阪   1) 2.27 ○  ● 2) 2.24
2019.06.06 ローマ     11) 2.15 ●  ○ 9) 2.19
2019.06.27 日本選手権   1) 2.27 ○  ● 2) 2.24
2020.08.23 GGP東京   3) 2.24 ●  ○ 1) 2.27
2020.10.03 日本選手権   12) 2.10 ●  ○ 2) 2.20
2021.03.18 日本室内選手権 1) 2.24 ○  ● 3) 2.18
2021.05.03 静岡国際    2) 2.30 ●  ○ 1) 2.30
2021.05.09 五輪テスト大会 1) 2.30 ○  ● 3) 2.30
2021.06.24 日本選手権   1) 2.30 ○  ● 3) 2.24
----------------- 27勝  19勝 ----
2引き分け

トータルでは、48回対戦し、戸邉が「27勝19敗2分け」と勝ち越し、自己ベストでも戸邉が5cm差をつけている。が、このところは、「勝ったり負けたり」を繰り返し、2019年以降では5勝5敗の五分。引き分けの2試合を含めて、9試合が「同記録」で「試技内容の差」で順位がついたものが7試合。

2人の競り合いで、五輪のピットでもどんどんバーを上げていってもらいたい。
今シーズンで引退を表明している衛藤にとって、東京五輪は「集大成」の舞台でもある。




野口純正(国際陸上競技統計者協会[ATFS]会員)

関連選手

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsor

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • デンカ株式会社
  • 株式会社クリエイト

JAAF Official Supporting company

  • 株式会社シミズオクト
  • 株式会社セレスポ
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • JTB
  • 東武トップツアーズ株式会社
  • 日東電工株式会社
  • 伊藤超短波株式会社
  • 洋服の青山