2023.04.25(火)選手

【ブダペスト2023世界選手権】競歩日本代表選手について:オレゴン世界選手権金メダリスト山西、銀メダリスト池田、川野など男女10名を発表!


写真:フォート・キシモト
2023年8月19日(土)~27日(日)に開催される「ブダペスト2023世界陸上競技選手権大会」に派遣する競歩日本代表選手が決定いたしましたのでお知らせいたします。

【大 会 名】ブダペスト2023世界陸上競技選手権大会
【大会期間】2023年8月19日(土)~27日(日)
【開催場所】ブダペスト(ハンガリー)

▼ブダペスト2023世界陸上競技選手権大会 競歩日本代表選手選考要項
https://www.jaaf.or.jp/files/upload/202208/30_124849.pdf


【男 子】20km競歩

山西 利和(やまにし・としかず)愛知製鋼(愛知) 1996/02/15生



世界選手権出場回数
:3回目(2019年ドーハ、2022年オレゴン)
自己記録:1時間17分15秒(第43回全日本競歩能美大会)
選考理由:選考基準(1)1)ⅰ)に該当


池田 向希(いけだ・こうき)旭化成(宮崎)1998/05/03生



世界選手権出場回数
:3回目(2019年ドーハ、2022年オレゴン)
自己記録:1時間17分25秒(第43回全日本競歩能美大会)
選考競技会成績
第106回日本陸上競技選手権大会・20km競歩:優勝 1時間18分36秒
選考理由:選考基準(1)1)ⅱ)に該当


高橋 英輝(たかはし・えいき)富士通(千葉) 1992/11/19生



世界選手権出場回数:5回目(2015年北京、2017年ロンドン、2019年ドーハ、2022年オレゴン)
自己記録:1時間17分26秒(第101回日本陸上競技選手権大会・20km競歩)
選考競技会成績
第106回日本陸上競技選手権大会・20km競歩:2位 1時間19分07秒
選考理由:選考基準(1)1)ⅲ)に該当


■古賀 友太(こが・ゆうた)大塚製薬(徳島)1999/07/15生


写真:共同通信イメージズ
世界選手権出場回数:初出場
自己記録:1時間18分42秒(第44回全日本競歩能美大会)
選考競技会成績
第47回全日本競歩能美大会:優勝 1時間19分19秒
選考理由:選考基準(2)1)に該当


【男 子】35km競歩

川野 将虎(かわの・まさとら)旭化成(宮崎)1998/10/23生



世界選手権出場回数:2回目(2022年オレゴン)
自己記録:2時間23分15秒(オレゴン2022世界陸上競技選手権大会)
選考競技会成績
第107回日本陸上競技選手権大会・35km競歩:3位 2時間26分51秒
選考理由:選考基準(1)2)ⅱ)に該当


野田 明宏(のだ・ともひろ)自衛隊体育学校(埼玉)1996/01/24生



世界選手権出場回数
:3回目(2019年ドーハ、2022年オレゴン)
自己記録:2時間23分13秒(第107回日本陸上競技選手権大会・35km競歩)
選考競技会成績
第107回日本陸上競技選手権大会・35km競歩:優勝 2時間23分13秒
選考理由:選考基準(1)2)ⅲ)に該当


丸尾 知司(まるお・さとし)愛知製鋼(愛知)1991/11/28生



世界選手権出場回数
:2回目(2017年ロンドン)
自己記録:2時間25分49秒(第107回日本陸上競技選手権大会・35km競歩)
選考競技会成績
第107回日本陸上競技選手権大会・35km競歩:2位 2時間25分49秒
第59回全日本35km競歩高畠大会:2 位 2時間27分33 秒
選考理由:選考基準(2)1)に該当


【女 子】20km競歩

藤井 菜々子(ふじい・ななこ)エディオン(大阪) 1999/05/07生



世界選手権出場回数
:3回目(2019年ドーハ、2022年オレゴン)
自己記録:1時間28分58秒(IAAF競歩グランプリ)
選考競技会成績
第106回日本陸上競技選手権大会・20km競歩:優勝 1時間29分54秒
選考理由:選考基準(2)1)に該当


【女 子】35km競歩

岡田 久美子(おかだ・くみこ)富士通(千葉) 1991/10/17生



世界選手権出場回数
:5回目(2015年北京、2017年ロンドン、2019年ドーハ、2022年オレゴン)
自己記録:2時間44分11秒(第107回日本陸上競技選手権大会・35km競歩)
選考競技会成績
第107回日本陸上競技選手権大会・35km競歩:優勝 2時間44分11秒
選考理由:選考基準(1)2)ⅲ)に該当


園田 世玲奈(そのだ・せれな)NTN(三重) 1996/09/10生



世界選手権出場回数:2回目(2022年オレゴン)
自己記録:2時間44分25秒(第107回日本陸上競技選手権大会・35km競歩)
選考競技会成績
第107回日本陸上競技選手権大会・35km競歩:2位 2時間44分25秒
第59回全日本 35km 競歩高畠大会:優勝 2時間49分09 秒
選考理由:選考基準(2)1)に該当


※ワイルドカードの権利
2022年に開催されたオレゴン2022世界陸上競技選手権大会の男女20km競歩の優勝者には、今大会の男女20km競歩の出場資格が与えられ、男女35kmの優勝者には今大会の男女35km競歩の出場資格が与えられる。ワイルドカードによる出場資格は、各国に割り当てられた1カ国3名とは別枠として認められている。
※完歩した選考競技会成績のみ掲載
※女子20km競歩、女子35km競歩については参加標準記録有効期間終了後に追加で代表が決定する可能性がある
※その他の種目の日本代表選手については各種目選考競技会終了後に発表予定
※所属は2023年4月25日現在のもの



【競歩特設サイト】Racewalking Navi

>>https://www.jaaf.or.jp/racewalking/

■【第107回日本選手権35km競歩】DIGEST



■【第106回日本選手権20km競歩】DIGEST

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsors

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • デンカ株式会社

JAAF Official Supporting companies

  • 株式会社シミズオクト
  • 株式会社セレスポ
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • JTB
  • 東武トップツアーズ株式会社
  • 日東電工株式会社
  • 伊藤超短波株式会社

PR Partner

  • 株式会社 PR TIMES
  • ハイパフォーマンススポーツセンター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構
  • JSCとの個人情報の共同利用について