2022.07.23(土)選手

【オレゴン世界選手権】8日目モーニングセッションコメント:新種目女子35km競歩で園田が9位!日本最高記録更新!



オレゴン世界選手権2022大会8日目の7月22日のモーニングセッションは、6時15分からスタートする女子35km競歩1種目のみの実施でした。

世界選手権では初めてとなったこの種目。レースは、女子20km競歩でメダルを占めたKimberly GARCÍA LEÓN選手(ペルー)、Katarzyna ZDZIEBŁO選手(ポーランド)、Shijie QIEYANG選手(中国)の3人が飛び出したのちに、GARCÍA LEÓN選手とZDZIEBŁO選手が抜けだし、その後、GARCÍA LEÓN選手がリードを奪って2時間39分16秒で2冠を達成。2・3位も20km競歩と同じ顔ぶれとなりました。

日本からは、園田世玲奈選手(NTN)が出場。序盤から入賞圏内に位置し、7km辺りからは4位集団を牽引する形でレースを進めていきました。この集団が徐々に絞られていったのちに、23km手前で解体したのちも、入賞圏内をキープ。残り1周を8番手で通過しましたが、ラストでかわされ9位でフィニッシュしました。入賞にはわずかに7秒届きませんでしたが、記録は2時間45分09秒と、4月の日本選手権で自身がマークしていた日本最高(2時間45分48秒)を大きく更新。初の世界大会出場で、渡航自体も今回が初めてというなかでの大健闘でした。

園田選手のコメントは、以下の通りです。


◎園田世玲奈(NTN)

女子35km競歩 決勝 9位 2時間45分09秒

ペース的には、(1km)4分50~45(秒)くらいの一定ペースで回せればと思っていて、そのなかでも順位は意識して歩いていた。(4位集団を引っ張る形になったが)私自身、先頭集団で積極的に引っ張れたことに悔いはないし、自分のリズムで(歩くことを)経験できたことが、何よりも今回の大きな糧になったと思う。
今日は、最後の最後まで「1つでも上の順位を」と思って歩くことを意識して歩いた。(4位集団がばらけたときはどんな状態だったか、との問いに)ここでしっかり自分のペースで歩いて、ラストの10kmで、もう一段階上げることができたら…というプランだった。しかし、普段通りにはうまく行かず、後半の追い上げというのが、世界で必要になる強さであることを実感した。
ラスト1周での入賞争いについては、後ろから来ていることは、声をかけていただいていたので、意識していた。しかし、課題となるラストのスピードや最後の最後で粘るということが、まだまだ自分には足りなかった部分となった。
ずっと憧れていた世界の舞台で歩けたというのは貴重なことで、経験できたことが大きな一歩となった。入賞を目指していたので、逃してしまったのは悔しいが、来年、再来年とまだまだ世界大会は続くので、この経験をしっかり自分なりに分析して、1年かけてしっかり準備していきたい。
20kmの選手たちがすごくいい状態で引っ張ってくれて、日本競歩チームとしてもいい流れで来ていて、今日、私もそれに続きたいと頑張ったが、やっぱり実力の差を強く感じた。男子35kmの選手が明後日に続くので、いい流れを続けたかったが、入賞という(形で)力になれなくて、すごく悔しさが残る。今回のこの悔しさを忘れずに、世界の舞台でもっと歩けるように努力していきたい。


文:児玉育美(JAAFメディアチーム)
写真提供:フォート・キシモト



>>オレゴン2022世界陸上競技選手権大会 特設サイト
https://www.jaaf.or.jp/wch/oregon2022/


■【オレゴン世界選手権】オンエア情報一覧はこちら
https://www.jaaf.or.jp/wch/oregon2022/onair/

■【オレゴン世界選手権】チームカメラ:練習風景や選手村の様子などをお届け!
https://www.jaaf.or.jp/wch/oregon2022/news/article/16763/

■ダイヤモンドアスリート特設サイト
https://www.jaaf.or.jp/diamond/

関連選手

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsors

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • デンカ株式会社
  • 株式会社クリエイト

JAAF Official Supporting companies

  • 株式会社シミズオクト
  • 株式会社セレスポ
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • JTB
  • 東武トップツアーズ株式会社
  • 日東電工株式会社
  • 伊藤超短波株式会社

PR Partner

  • 株式会社 PR TIMES
  • ハイパフォーマンススポーツセンター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構
  • JSCとの個人情報の共同利用について