2022.06.12(日)選手

【第106回日本選手権】女子砲丸投優勝 郡菜々佳(新潟アルビレックスRC・新潟)コメント


女子砲丸投 優勝 15m57
郡菜々佳(新潟アルビレックスRC・新潟)


優勝を狙って、練習の段階から投げ急いでいる自分に気づいていて、そういう状態のときは、なかなか勝てないことが多かったので、「厳しいのかな」と思ってしまった瞬間もあった。また、3回目に15m29を投げたあとも、4回目・5回目とファウルして、焦る気持ちはあった。でも、「ずっと投げ急いでいる」と、冷静に自分の状態には気づくことができていた。

(逆転できた)ラスト6投目は「やるぞ!」という気持ちで思いきり投げた。手応えとしても「行った」という感覚がなかったので、まさに気持ちで投げたという感じ。記録には満足していないが、円盤投との2冠は、ずっと前から目標に掲げてやってきて、なかなか思うようにいかなかったことだったので、今回、やっと実現することができて、本当に嬉しく思う。

砲丸投の練習は、円盤投に比べると、ほぼほぼしていなくて、割合にすると円盤が9なら、砲丸が1くらいという状態。ただ、円盤投で、世界で戦っていくことを考えたとき、世界の選手は砲丸を投げても16mオーバーは当たり前で、17m、18m…さらにはそれ以上の人もいる。円盤投で60(m)オーバーを投げていくためには、そのくらいのパワーが必要なので、砲丸投でも、今以上に強くなる必要があると考えて、2種目に取り組んでいる。

記録的には、16mオーバーを目標にしていたので、15m57という記録には納得していない。これからは、16mは当たり前という世界観で戦っていきたい。


2022/6/12 JAAFメディアチーム

ーー
その日、決まる。その日、始まる。

■第106回日本陸上競技選手権大会

開催日:2022年6月9日(木)~6月12日(日)
会場:大阪・ヤンマースタジアム長居
▼第106回日本陸上競技選手権大会特設サイトはこちら
https://www.jaaf.or.jp/jch/106/

関連選手

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsors

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • デンカ株式会社
  • 株式会社クリエイト

JAAF Official Supporting companies

  • 株式会社シミズオクト
  • 株式会社セレスポ
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • JTB
  • 東武トップツアーズ株式会社
  • 日東電工株式会社
  • 伊藤超短波株式会社

PR Partner

  • 株式会社 PR TIMES
  • ハイパフォーマンススポーツセンター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構
  • JSCとの個人情報の共同利用について