2021.10.24(日)選手

【第15回U18陸上大会】優勝者コメント/男子トラック種目

■100m


写真提供:フォート・キシモト


片原一輝(富山商高・富山)
優勝 10秒49(+0.4)

素直に嬉しい。ここに照準をあわせてきたので、狙った結果が出せて満足している。タイムには驚いており、満点だった。自分の持ち味は、中間疾走からの伸びとトップスピードの速さ。今回は、スタートでそこまで遅れず、得意な中間以降に勝負を持ち込めたことが勝ちにつながった。成長した点は、体幹が強くなり、体全体を使った大きい走りに改善されたところ。次はインターハイで優勝したい。タイムは、10秒2台(100m)と20秒8台(200m)が目標。故障しやすいので、自分の基準をもって練習を継続していきたい。また、スタートが完成しきっていないのと、後半に体がブレやすいので改善していく。

■300m



平川慧(コザ高・沖縄)
優勝 33秒56

今年最後の大会で目標達成できて嬉しい。そして安心した。来年につながるスタートになったと思う。予選はあまりいい動きではなかったが、修正して自分の走りに集中できたのが結果につながったと思っている。自己ベストを更新して負けたらしょうがないと思っていたので、勝てたことはとにかく嬉しい。インターハイ優勝とU18で二冠することを目標にしている。タイムでは、400mで46秒台を出したい。腕振りの癖を矯正するために、練習の時から必死に取り組みたい。

■800m


写真提供:フォート・キシモト

小瀬堅大(川口市立高・埼玉)
優勝 1分51秒17

自分でレースを作ろうと思っていた。この舞台で自己ベストに近い記録を出せて、展開的にも逃げ切れたのは、今後の自信になる。入りの400mが想定より遅かったので、直後にペースを上げた。その瞬間辛くなったが、リードが大きかったこともあり逃げ切れた。500メートルで、スクリーンに映った他の選手を見て冷静にゴールまで運べば勝てると思った。400mのスピードが上がっているので、そこが自分の強み。来シーズンの目標はU20日本選手権とインターハイで優勝すること。ラストの落ち込みを防ぐために強化して、強いライバル達にも勝てるようにしたい。

■3000m


写真提供:フォート・キシモト

間瀬田純平(鳥栖工高・佐賀)
優勝 8分11秒93 大会新記録

勝ちに行くことが目標だった。ハイペースを想定していて、自己ベストが狙えると思った。しかし、実際はスローの展開になり、勝ちに行くことに切り替えた。駅伝に向けて、いい刺激を入れられたと思う。ラストスパートも切れたので、いいかたちで終えることが出来た。駅伝では、1区を担うと思うが、優勝とチーム記録を塗り替えていきたい。来シーズンは、5000mで13分40秒台を狙っていきたい。故障することなく、練習を積み重ねたい。

■110mハードル(0.991m/9.14m)


写真提供:フォート・キシモト

西徹朗(名古屋高・愛知)
優勝 13秒48(-0.6)大会新記録

ジュニアハードルの高校記録を出したかったが、届かなかった。普段とは高さが違い、スピードが上がったことに、うまく対応できなかった。また、フライングがあり、慎重になったところもあった。ただ、前回よりもタイム自体は、上がっているので、成長を実感した部分もある。インターハイで、高校記録を出したが、それ以降の大会で好記録を残せていない点で、継続性が足りてなかった。今後は、日本選手権で決勝に残れる選手になりたい。もっと上を目指すべく、自分のハードリングを磨かなければ、と思う。

■300mハードル(0.914m/35m)


今西亮太(葵高・福島)
優勝 36秒93

全国優勝は初で、今まで悔しい思いをたくさんしたが嬉しい結果になった。予選はハードリングで失敗して修正することになった。決勝では、うまくいったと思っていたが、対応できず、内容としてはまずまず。今回は予選と決勝で時間が空いて、いつもと少し違う感覚だった。今後は、ハードル2種目でインターハイ二冠を達成したい。今まで地区大会落ちで悔しい思いをしたので、それを晴らせればと思う。タイムはそれぞれ、13秒7台、49秒台を目指していきたい。そのためには、走力が足りてないので、ハードリングに見合った走力を身につけたい。


■3000m競歩


写真提供:フォート・キシモト

下池将多郎(鹿児島工高・鹿児島)
優勝 12分03秒43

インターハイで狙っていた優勝を逃してしまい、今回で全国のタイトルをとろうと意気込んで練習してきたので、嬉しい。練習中に故障などもあり、大会が近づくにつれ、心配や不安があったが、報われた思いがある。レース展開としては、中間の1000mが勝負の分かれ目だったと考えていたので、そこで先頭に立てたのは良かった。最後は気合で歩き切った。次のシーズンでは、インターハイと国体で二冠できるように、頑張っていきたい。課題としては、経験の浅さから、レース展開に対応する力がないこと。普段の練習から意識することで、克服していきたい。




JAAFメディアチーム


【第15回U18 / 第52回U16 陸上競技大会】

◆期日:2021年10月22日(金)~24日(日)

◆場所:愛媛県総合運動公園陸上競技場
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、無観客での開催となります。
競技場での応援を楽しみにしてくださった皆様には深くお詫び申し上げます。

◆公式サイト
https://www.jaaf.or.jp/competition/detail/1575/

◆ライブ配信
https://www.jaaf.or.jp/news/article/15568/

◆SNS
Twitter:https://twitter.com/jaaf_official
Facebook:https://www.facebook.com/JapanAthletics
Instagram:https://www.instagram.com/jaaf_official/
大会ハッシュタグ「#U18U16陸上大会」「#憧れのその先へ」

◆タイムテーブル
https://www.jaaf.or.jp/files/competition/document/1575-3.pdf

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsors

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • デンカ株式会社

JAAF Official Supporting companies

  • 株式会社シミズオクト
  • 株式会社セレスポ
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • JTB
  • 東武トップツアーズ株式会社
  • 日東電工株式会社
  • 伊藤超短波株式会社

PR Partner

  • 株式会社 PR TIMES
  • ハイパフォーマンススポーツセンター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構
  • JSCとの個人情報の共同利用について