2020.10.01(木)選手

【第104回日本選手権】男子やり投優勝 新井涼平(スズキ・静岡)コメント



男子やり投 81m57

新井涼平(スズキ・静岡)

なんとか連覇(7連覇)を続けることができた。この試合のなかで、ディーンくん(元気、ミズノ、2位・80m07)や坂本くん(達哉、大阪体育大、3位・78m07)といった強い選手が投げてくれなかったら、(逆転できた)最後の6投目はなかった。本当に楽しい試合だった。

正直、あれ(逆転した最後の81m57)を1投目から投げたかったという思いはあったが、ディーンくんに80m台で先行されていたので、最後にしっかりとかぶせる形で終えることができ、そして優勝することができて、本当に嬉しく思う。

今季は、(7月末の)東京選手権からスタートしたのだが、そこでは何もできなかった。コロナの影響があって、練習ができていない状態、試合勘がない状態、キレがない状態でやっていく形となっていて、自分では工夫をしながらやっていたつもりだったが、やはり厳しいシーズンにはなってしまった。しかし、そこから少しずつ(調子が)上がっていき、やっと首のケガもよくなったこともあり、自分の本来の投げが…今日は6投目だけではあったけれど…ができた。この日本選手権で、次に繋がる投げができたと思う。

2020/10/01 JAAFメディアチーム

■第104回日本陸上競技選手権大会

開催日:2020年10月1日(木)~10月3日(土)
会場:デンカビッグスワンスタジアム

▼第104回日本陸上競技選手権大会特設サイトはこちら
https://www.jaaf.or.jp/jch/104/

関連選手

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsor

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • 洋服の青山
  • デンカ株式会社

  • 丸大食品株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 株式会社クリエイト
  • TANAKAホールディングス株式会社
  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構