2020.08.22(土)大会

【前日会見】セイコーゴールデングランプリ陸上2020東京/Comments from the Athletes at the Press Conference



8月23日に開催される「セイコーゴールデングランプリ陸上2020東京」(GGP)の前日記者会見が、8月22日午後、競技会場となる国立競技場(東京)において行われました。

会見は、新型コロナウイルス感染防止の観点から、今回はオンラインでの実施に。男子と女子の2部に分けられ、第1部には男子100mに出場する桐生祥秀(日本生命)、山縣亮太(セイコー)、多田修平(住友電工)、ケンブリッジ飛鳥(Nike)の4選手が、第2部には女子1500mに出場する卜部蘭(積水化学)、女子走幅跳に出場する秦澄美鈴(シバタ工業)、女子やり投に出場する北口榛花(JAL)の3選手が臨み、現在の自身の状況や大会に向けての抱負などを述べました。


各選手の主なコメントは、以下の通りです。

 

【第1部:男子トラック種目選手】

※会見時のコメント順に掲載

・多田修平(住友電工) エントリー:男子100m

今年のシーズン序盤は、あまりいい結果が出せていないが、試合を重ねるたびに少しずつ(調子が)上がってきている。明日はしっかり走って、もちろん優勝を目指して頑張っていきたい。

前回のレース(8月12日、10秒37、+0.5)では、全体を通して、すごく力の入った走りになっていたので、この大会に向けては、まずは、リラックスして(走りに)キレを出すことを意識してやってきた。明日は、自分のレースに集中しつつ、リラックスして走ることができたらいいなと考えている。

(この国立競技場は)レースで走るのは初めて。タータン(走路)の感触とか、自分の走りに対してどんな反発が返ってくるのかといったことを、ウォーミングアップのときから確認したい。

徐々に調子も上がってきているので、自分のレースができれば、自己ベスト近くのタイムは出せるのではないかと思っている。ハイレベルな戦いになると思うが、自分のレーンだけを見て、自分のレースに集中することができたら力まずに最後まで走れると思うので、自分のレースだけに集中して走りたいなと考えている。

 

・桐生祥秀(日本生命) エントリー:男子100m

今シーズンは、あと何本走れるかわからないので、しっかり1本1本走るつもりだし、(コロナウイルス禍の)こういう時だからこそ、(見ている人の)元気が出るような走りをしたい。

今季はここまで100mで1試合(8月1日:10秒04、+1.4)、200mで1試合(8月10日:20秒51、+1.4)に出場している。去年から課題にしていたトップスピードを今年も目標にしているので、この大会でもそれを意識しながら走りたい。

(新国立競技場での初めての公認レースとなるが)自分には(建て替える前の)旧国立競技場では、これといった思い出がないので、この新国立で、思い出に残るような走りがしたい。

明日は(レース)中盤から後半の部分で、自分の(イメージする)いい走りができたら、いい結果もついてくると思う。このメンバー(のなかで)で優勝するとなると、(それなりの)タイムが絶対に必要になってくる。タイムは気にせずに、優勝を目指して走りたい。

 

・山縣亮太(セイコー) エントリー:男子100m

今シーズン初戦ということで、しっかりと、次に繋がるレースができればいいなと思っている。昨年は(故障等で)不本意なシーズンだったので、そこから少しでもいい走り、変わった走りができるようにしたい。去年のセイコーGGPが10秒11だったので、それを上回るタイムを目指して頑張る。

自分は(昨年末に行われた新国立競技場オープニング)イベントにも参加できなかったので、今回が初めての国立競技場となる。サブグラウンドからメイン(会場)までの雰囲気や、ウォーミングアップからレースに向けての流れとか、そういったところを主に確認し、来年のオリンピックのイメージトレーニングに繋げたい。

 

・ケンブリッジ飛鳥(Nike) エントリー:男子100m

初戦(7月下旬の東京選手権:10秒22で優勝)をいい形で入ることができた。去年あたりから、しばらく自分の納得のいく走りから遠のいていたので、今回は、そういう走りができたらいいなと思っている。

初戦では、(レースの)前半で身体が起きるのが早かったことと、後半で少し乗り込みが甘かったかなという反省があったので、この大会に向けては、そのへんを重点的に修正してきた。前回のレースよりはいい状態になっていると思うので、自己ベスト(自己記録10秒08、2017年)…10秒0台あたりで走れたらいいなと考えている。

明日は、周り(の選手のことも)も少し意識しつつ、自分のレースに集中できれば…。自分は、後半が武器。そのへんをうまく出していけたら、(勝利の)チャンスはあると思う。

この競技場は、イベントに一度参加しているが、明日は、改めて競技場の雰囲気などを感じて、来年に向けていいイメージで(試合を)終われるようにしたい。

  

【第2部:女子選手】

※会見時のコメント順に掲載

 ・卜部蘭(積水化学) エントリー:女子1500m

まずは、こういう状況のなかで大会を開催していただけることに感謝したい。また、新しくできた国立競技場で走れるということにワクワクしている。その気持ちを力に変えて、明日は自己ベスト(自己記録4分14秒52、2019年)、さらには日本記録(4分07秒86、小林祐梨子、2006年)を更新できるように頑張りたい。

明日は、まず、競技場のトラックの感触を味わいたいと思っている。また、周りの雰囲気なども含めて、「オリンピック当日では、どういうふうになるのかな」といったことを想像しながら走ることができたらいいなと思う。また、私は東京都の出身なのだが、実家はここから3km圏内ということもあって、この国立競技場は、以前からずっと思い入れのある場所だった。その競技場で、いい走りができたらな、と思う。

 

・北口榛花(JAL) エントリー:女子やり投

今季初めての試合を、ここ新国立競技場でできることがすごく楽しみ。来年のオリンピック会場でもあるので、そのためにも会場の雰囲気などを感じながら、試合に臨めたらいいなと思う。(状態としては)まだ日本記録(=自己記録66m00、2019年)の更新とかを目標にできる段階ではないのだが、精いっぱい最善を尽くしていきたい。また、(同じ競技場で行われるオリンピックのために)明日は、ピットの地面の固さなどをチェックすることと、競技場の風の抜け方をしっかり把握して臨めたらいいなと思っている。

(コロナ禍による自粛期間中は)6月から競技場が使えるようになり、そこから専門的練習を始めたが、その段階では出場できる試合も決まっていなかったので、ゆっくりと練習をしてきた。今回、オリンピックが1年延期となったことで、「1年あるからこそ取り組めること」としてチャレンジしている。具体的には、助走歩数の配分の変更。全体の歩数は変化していないが、前向きに走る保持走を2歩増やして、横向きに走るクロス走を2歩減らした。それによって助走スピードが速くなると考えての変更である。助走が速くなるぶん投げるのが難しくなり、数日前には「元に戻したら?」というアドバイスもいただいたが、元の助走のリズムは忘れてしまっているので、もうあと戻りはできない状態(笑)。このまま突っ走ろうと思っている。

 

・秦澄美鈴(シバタ工業) エントリー:女子走幅跳

明日は、今季2戦目となる試合。自分は、試合などであまり緊張しないほうなのだが、今、すごく緊張している。また、(オリンピック会場にもなる)新国立でのセイコーゴールデングランプリということで、すごく気合いも入っているので、その緊張と気合いをうまくコントロールして、自分の納得のいく跳躍ができたらいいなと思う。

とても大きな会場なので、明日は、ピットに立ったときの感覚…スタンドにお客さんが入ったときに、どのくらい圧倒されるのかといったことを想像しながら臨みたい。また、(走路の)反発なども、しっかりと確認しておきたい。

 

 

GGPは、当初5月10日に開催される予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、延期の措置がとられました。その後、日本陸上界は、7月から競技会開催などの活動を再開。GGPについても、日本陸連が策定した「陸上競技活動再開のガイダンス」に沿った準備や運営の導入、無観客試合とするなど、万全の感染防止対策をとることによって、開催を実現させることができました。

例年のように、海外のトップアスリートの来日は叶いませんでしたが、2020年屋外シーズン初の全国規模の陸上競技会として、全20種目それぞれに国内のトップ競技者が多数エントリー。1年延期となった東京オリンピックに向けて、新たなスタートを切る大会となります。さらに、未来の陸上界を担う高校生から選抜した競技者がトップアスリートとともに競う「ドリームレーン」の実施など、従来になかった新たな取り組みも予定されています。

新型コロナウイルス感染拡大防止のために、残念ながら無観客での実施となりますが、その一方で、テレビ放送やインターネット配信での“リアルタイム”観戦がより充実するよう、さまざまな工夫も凝らされました。11時35分から開始(男子走高跳)となる競技の模様は、TBS系全国ネットでの生中継(15時~)、民放ポータルサイトTVer、TBSFreeでのライブ配信(13時~)が予定されているほか、自分の見たい種目や選手インタビューを選ぶことのできる「TBSマルチアングルライブ」の配信や、“みちょぱ”の愛称で知られる人気タレントの池田美優さん、クロスフィットトレーナーのAYAさん、陸上競技経験者で現在女優として活躍する朝比奈彩さん、日比麻音子アナウンサーによるYouTubeライブ配信イベント『陸上好き女子会』などでも楽しむことができます。

これらの配信情報のほか、出場選手情報、タイムテーブルやスタートリスト、結果速報等については、大会の特設サイト(http://goldengrandprix-japan.com/)をご参照ください。

 
文:児玉育美(JAAFメディアチーム)


>>大会特設サイトはこちら

▶ただいま「届け!おうちで応援キャンペーン!!」実施中!
 http://goldengrandprix-japan.com/2020/news/article/13942/




Comments from the Athletes at the Press Conference:

Seiko Golden Grand Prix 2020 Tokyo has held the Pre-Meet Press Conference at the Japan National Stadium on August 22. For COVID 19 mitigation measures, the press conference was held online, divided into two sessions. First session featured, Yoshihide KIRYU, Ryota YAMAGATA, Shuhei TADA, Aska CAMBRIDGE, and in the second session, Ran URABE (W1500m), Sumire HATA (W LJ) and Haruka KITAGUCHI (W JT). The athletes mentioned on how they look forward to the Meet tomorrow, and their latest status. Comments from the athletes are as follows;


【First Session: Men’s Track Events】

Shuhei TADA Men 100m.
The early part of my season wasn’t as I hoped it would be but my condition is gradually improving. I want to race well and win the race.
In the previous race (Aug 12: 10.37 +0.5), I was too tense during the race, so for tomorrow, I want to stay relaxed during the race so I’ve been working on that. I will focus only on my race and relaxed.
First time running in this Stadium so I want to check the feel of the track surface, the kind of return I'll get from it. When I go on the track later this afternoon.
I haven't ran on the surface yet but my condition is good, getting better. I think I could get close to my PB. This is going to be High level race. I will focus on my lane and that will lead to a good result.

Yoshihide KIRYU: Men 100m
This year, with the world in this situation, we don't know how many more races we'll be able to run this year so I will run each and every race with all I've got, and so that people watching would feel the energy.
This year I ran 100m once (Aug 1: 10.04 +1.4) , 200m (Aug 10: 20.51 +1.4) once, I am working on my top speed this year, I hope to race with top speed in mind.
I didn't really have a memorable race in the old National Stadium but I hope to make it memorable in the New National Stadium
I will go on the track after this press conference to get the feel for the track. But if you're going to win in this lineup, it'll have to be a fast time anyway, I will just focus on winning.

Ryota YAMAGATA Men 100m
This is my first race of the season. I hope to race and show progress of my comeback. Last season was not how I imagined it to be, I want to have a good race and show how much progress and improvement I'm making. Last year’s time at the SEIKO GGP was 10.11 so I want to finish faster than last year.
I couldn't participate in the Stadium Opening Event so this really the first time I get to run here. I want to get the feel of the stadium and the surroundings. From the warm up track to the main stadium, the routine from warm up to the race and build an image of myself in the Olympic Games next year.


Aska CAMBRIDGE Men 100m
I had a quality race in my first race (Won the Tokyo Championships in July with 10.22). Last year, I really couldn't run the way I wanted to for quite some time. Far from what I had in mind. This year will be different. Looking to race the way I want to. In the early part of the race, my upperbody rose too early and in later part of the race, I was a bit off on my movement and I've working on these points. I am improving from the last race so I am targeting for around my PB of under 10.10 (PB 10.08 in 2017).
I will be looking out for the others but mainly I will focus on my own race. My strong point is my race at the end, so I wanto execute properly at the late stage of the sprint, I'll have a chance of winning.
I had the chance to participate in the Stadium Opening Event but I want to feel the atmosphere of the stadium and leave with a good image after tomorrow.

【Second Session】

Ran URABE Women 1500m
I am so grateful for the Organizers to have this event in this situation. And I am really excited to race in the new National Stadium. I want to have this feeling of excitement drive me forward and hope to improve my PB (4:14.52) and the national record (4:07.86, Yuriko Kobayashi 2006).
Tomorrow, I want to get the feel of the new track. I want to feel the atmosphere and run imagining “how will it be on the day of the Olympic Games.”. I am originally from Tokyo and grew up 3 kilometers from the stadium. The National Stadium meant special for me for a long time and I hope to race well in this very stadium.

Haruka KITAGUCHI Women Javelin Throw
I am really looking forward to my first competition of the season in the New National Stadium. It is the Olympic venue so I hope to get a feel for this place and compete tomorrow. In terms of my training progress, I am not yet at a stage of renewing my National Record (66.00, 2019) but I will do my best out there. Tomorrow I will be checking how hard the javelin’s landing area will be, or how the wind goes through the stadium.
The local track re-opened in June, and that was when I restarted my event specific training. I was taking it slow and easy as I had no competitions confirmed. With the Olympic Games postpone for a year, I will have one year to work on and improve. My step is the point of focus. I didn’t change the total number of steps but I have put two more steps during the phase in which I’m facing forward, and cut down my cross-step, two steps. I did get an advice that I go back to my old steps but I’ve already forgotten the rhythm of my old steps so I’m beyond point of no return. I’m just going to go with my new step.

Sumire HATA Women Long Jump
Tomorrow will be my second competition of the season. Normally I never feel nervous before a competition but I’m so nervous now. With the Seiko Golden Grand Prix taking place at the New National Stadium, the Olympic venue, I am so psyched. I hope to control this nervousness and feelings of excitement and have a good jump tomorrow.
It’s a big stadium so I will be imagining how will it be when the stadium is packed with spectators. I will make sure to check the feel of the runway also.
---


Seiko Golden Grand Prix was originally scheduled to be held on May 10 but with the spread of the novel coronavirus, it has been postponed. For Athletics in Japan, it resumed competition from July. Seiko GGP is made possible by implementing the “JAAF Guidance for Restarting Athletics Activities”, making the meet a spectator-less event, and implementing various mitigation measures
This is year the Meet could not invite the top athletes from outside Japan but as the first major outdoor Athletics competition in Japan, but have the very best Japanese athletes entered. This marks the re-start toward the Tokyo 2020 Olympic Games. To support the high school athletes in Japan who lost the opportunity to participate in their pinnacle summer championship , Seiko GGP has selected high school athletes to participate in the same competition as the top athletes, as part of the “Dream Lane” initiative.
Please check for updated athlete information timetable, start list and results at the Seiko Golden Grand Prix 2020 Tokyo Website http://goldengrandprix-japan.com

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsor

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • 洋服の青山
  • デンカ株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 株式会社クリエイト
  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構