2020.03.01(日)大会

【MGCファイナルチャレンジ】東京マラソンで大迫傑選手が日本記録更新!設定記録突破!



2020年3月1日(日)、東京オリンピック男子マラソン代表の最後の1枠を巡る選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジ」の第2戦を兼ねて「東京マラソン2020」が開催され、大迫傑選手(Nike)が、自らが持つ日本記録を更新する2時間05分29秒で日本人1位(全体の4位)となり、MGCファイナルチャレンジ設定記録(2時間05分49秒)を突破しました。

男子マラソンを制したのは、世界歴代3位の記録を持つビルハヌ・レゲセ選手(エチオピア)。2時間04分15秒で2連覇を達成しました。
女子マラソンは、ロナー・チェムタイ サルピーター選手(イスラエル)が2時間17分45秒の大会新記録で優勝。日本人トップは、山口遥選手(AC・KITA)が全体の10位2時間30分31秒でした。

写真:アフロスポーツ

関連選手

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsor

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • 洋服の青山
  • デンカ株式会社

  • 丸大食品株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 株式会社クリエイト
  • TANAKAホールディングス株式会社
  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構