2019.09.27(金)その他

【記録と数字で楽しむドーハ世界選手権】男子20km競歩/髙橋英輝、山西利和、池田向希

▶ドーハ世界選手権特設サイト


9月27日(金)から10月6日(日)の10日間、カタールの首都ドーハで「第17回世界選手権」が開催される。ここでは、日本人が出場する種目を中心に、「記録と数字で楽しむドーハ世界選手権」を紹介する。

なお、これまでにこの日本陸連HPで各種の競技会の記事で筆者が紹介したことがある同じ内容のデータも含むが、可能な限りで最新のものに修正した。



★男子20㎞競歩★

五輪を含む日本人の入賞者は下記の通り。
2001年    7位 柳澤  哲(綜合警備保障)
2011年    4位 鈴木 雄介(富士通)
2013年    6位 西塔 拓己(東洋大)
2016年 五輪 7位 松永 大介(東洋大)

世界選手権での「日本人最高記録」は、2017年の藤沢勇(ALSOK)の「1時間20分04秒=11位」だ。

今回は、今季世界リスト1・3位の山西利和(愛知製鋼)、池田尚希(東洋大3年)に5位の高橋英輝(富士通)が「メダル」に挑む。2008年・北京五輪からこのところは3人のフルエントリーが続いている。2019年のエントリー記録では、山西(1時間17分15秒)が1位、池田(1時間17分25秒)が2位、高橋(1時間18分00秒)が4位。この記録通りにいけば、この種目での初の表彰台、そして「金メダル」の可能性もある。

現役の日本人選手が入賞を果たした2011年からの世界選手権至近4大会と五輪2大会の「優勝・3位・8位の記録」は以下の通り。

 年    優勝記録 3位記録 8位記録
2011年   1.19.56. 1.20.38. 1.21.50.
2012年五輪 1.18.46. 1.19.25. 1.20.12.
2013年   1.20.58. 1.21.21. 1.22.21.
2015年   1.19.14. 1.19.57. 1.21.37.
2016年五輪 1.19.14. 1.19.37. 1.20.27.
2017年   1.18.53. 1.19.04. 1.19.41.

各大会でのスタート時の「気温・湿度」「先頭の5㎞毎(50㎞は10㎞毎)のスプリット」、「前半と後半」のデータも調べてみた。

なお、スプリットは各地点を先頭で通過した選手のタイムから算出したもので、優勝者のスプリットとは限らない。五輪の20㎞競歩については5㎞・15㎞のタイムが不明のため、5㎞は4㎞&6㎞、15㎞は14㎞&16㎞の通過タイムから推定した。「前後半差」の「△」は、後半の方が速かったことを示す。

年   スタート時 ~5km ~10㎞ ~15㎞ ~20㎞(前 半+後 半/前後半差)
11年  22℃・85% 21.03. 20.55. 19.44. 19.14.(41.58.+38.58./△3.00.)
12年五 ?℃・?% 20.00. 20.08. 19.38. 18.57.(40.00.+38.46./△1.14.)
13年  29℃・40% 20.17. 20.17. 20.07. 20.16.(40.34.+40.23./△0.11.)
15年  23℃・78% 20.10. 20.10. 19.33. 19.21.(40.20.+38.54./△1.26.)
16年五 25℃・?% 20.14. 19.56. 19.56. 19.08.(40.10.+39.04./△1.06.)
17年  20℃・40% 19.54. 19.56. 19.43. 19.20.(39.50.+39.03./△0.47.)

以上の通り、次第にペースが上がっていく「ビルドアップ」がほとんど。特にラスト5㎞のアップが顕著で、19分ちょっとでカバーしている。もっと細かくみると、18㎞からの残り2㎞は、7分30秒前後(5㎞換算18分45秒ペース)のことが多い。

つまり、前半は「様子見」で、10㎞過ぎから振るい落としのサバイバルが始まり、15㎞まで生き残った選手でメダルを目指しての「用意、ドン」である。

ただし、今回はこれまでの世界大会以上の高温多湿の過酷な条件下でのレースとなる。10月4日23時30分(日本時間5日、朝5時30分)のスタートだが、9月26日時点での30分後の24時(5日深夜0時)の天気予報は「快晴」「気温31℃」「湿度67%」「北の風3m」で「体感温度34℃」だ。これまで以上にスローペースとなり、終盤に一気にペースアップするような展開も予想される。

いずれにしても、日本人選手には過酷な条件下での「サバイバルレース」に最終盤まで生き残り、「初メダル」を獲得してもらいたい。


野口純正(国際陸上競技統計者協会[ATFS]会員)
写真提供:フォート・キシモト

information

セイコーゴールデングランプリ陸上

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsor

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • 洋服の青山
  • デンカ株式会社

  • 丸大食品株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 株式会社クリエイト
  • アース製薬株式会社
  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構