2019.05.15(水)大会

【セイコーゴールデングランプリ2019大阪 プレビューvol.2】歴史的瞬間、日本記録誕生なるか!?男子棒高跳・山本 5m80台への挑戦、男子400m ウォルシュの44秒台、女子100mH 木村の12秒台は観られるか

セイコーゴールデングランプリ2019大阪
今年も大阪で〝世界〟に挑戦
男女24種目で繰り広げられる熱戦
新時代の大記録誕生を見届けよう!!

国際陸連(IAAF)主催の世界ツアー「ワールドチャレンジ」の第2戦「セイコーゴールデングランプリ2019大阪」が5月19日、昨年と同様に大阪市のヤンマースタジアム長居で開催される。男子12種目、女子7種目に加え、IAAFハンマー・スロー・チャレンジ(女子)、男子4×100mリレーなど4つのオープン種目を含む計24種目を実施。五輪、世界選手権のメダリストが多数参戦予定で、日本で1、2を争う高速トラックを舞台に世界レベルの激戦が繰り広げられるだろう。

日本のトップアスリートたちにとっては、今秋のドーハ世界選手権、そして参加標準記録の有効期限がスタートした来年の東京五輪に向けて世界に挑む貴重な場。シーズン前半の〝大一番〟、新時代にふさわしい大記録がいくつ誕生するだろうか。その瞬間を、見届けよう――。





PREVIEW②

歴史的瞬間、日本記録誕生なるか!?
男子棒高跳・山本 5m80台への挑戦
男子400m ウォルシュの44秒台、
女子100mH 木村の12秒台は観られるか 

男子棒高跳の山本聖途(トヨタ自動車)に日本記録更新の期待が懸かる。現在の日本記録は澤野大地(富士通)が2005年につくった5m83で、14年ぶりの更新なるか。

中京大時代の2013年にモスクワ世界選手権で入賞している山本も27歳。昨年のアジア大会では金メダルを獲得し、優勝を決めた後、失敗には終わったが5m84にバーをかけた。今年1月の室内競技会では5m71を跳んで、すでにドーハ世界選手権の参加標準を突破。5月3日のダイヤモンドリーグ・ドーハ大会に5m61で3位となり、同種目日本人最高順位を獲得した。中国勢が5m70以上のベストを持つが、実力的には自己記録5m77(室内)の山本がトップ。勝負よりも日本新への挑戦が見どころになりそう。過去、2013、15年と優勝しており、4年ぶりの優勝を狙う。



男子400mのウォルシュ・ジュリアン(富士通)は調子を上げている。アジア選手権では準決勝・決勝と45秒台。冬は軸がぶれないよう体幹トレーニングで強化し、自己ベスト45秒35(日本歴代7位)の更新は時間の問題。ヤンマースタジアム長居は風が回り、周回種目は好記録が出やすい。条件さえ整えば、高野進が1991年に作った44秒78以来、史上2人目の44秒台、そして日本新に挑戦する。




アジア選手権金メダルの木村文子(エディオン)には、日本記録13秒00(金沢イボンヌ/ 2000年)の壁を破る、日本人初の12秒台突入に期待。これまで3度13秒0台をマークしており、自己ベストは13秒03(日本歴代4位)。友人でもあるサリー・ピアソン(豪州、32歳)や、クイーン・ハリソン(米国、30歳)ら12秒台を持つ海外勢についていけば可能性は広がる。




男子3000m障害の塩尻和也(富士通)も、おもしろくなりそう。自己記録は8分29秒14で、日本記録は8分18秒93(岩水嘉孝/2003年)。8分前半を持つケニア勢が4人エントリーしており、食らいつけば世界選手権の標準(8分29秒00)突破のチャンス、そして日本記録に近づく可能性はある。また、倉敷高の留学生、インターハイ2連覇中のフィレモン・キプラガットも出場。高校国際最高記録8分19秒21(D・ジェンガ/ 94年)の更新なるかも注目したい。




日本記録に最も近いのは男子走幅跳の橋岡優輝(日大)。アジア選手権では自身のコーチ・森長正樹が持つ日本記録(8m25/ 1992年)にあと3cmと迫って優勝した。この大会の前日に行われるダイヤモンドリーグ・上海大会に出場する可能性もあり出場するかは微妙なところだが、長居のピットに立つことになれば6回すべてを見逃さないほうがいいだろう。


提供:月刊陸上競技
写真提供:フォート・キシモト


▼5/18(土)前日記者会見 ライブ配信実施!
YouTube→https://www.youtube.com/watch?v=_fno0rbLhIA

▼大募集!選手に届く!「セイコーゴールデングランプリ陸上2019大阪」応援メッセージキャンペーン!
応募方法はこちら→https://www.jaaf.or.jp/ggp/2019/


JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsor

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • 洋服の青山
  • デンカ株式会社

  • 丸大食品株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 株式会社クリエイト
  • アース製薬株式会社
  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構