2019.05.15(水)大会

【セイコーゴールデングランプリ2019大阪 プレビューvol.1】男子100m今季好調・桐生に打倒ガトリンの期待、同学年・小池も存在感、復調を期す山縣、ケンブリッジ、多田

セイコーゴールデングランプリ2019大阪
今年も大阪で〝世界〟に挑戦
男女24種目で繰り広げられる熱戦
新時代の大記録誕生を見届けよう!!

国際陸連(IAAF)主催の世界ツアー「ワールドチャレンジ」の第2戦「セイコーゴールデングランプリ2019大阪」が5月19日、昨年と同様に大阪市のヤンマースタジアム長居で開催される。男子12種目、女子7種目に加え、IAAFハンマー・スロー・チャレンジ(女子)、男子4×100mリレーなど4つのオープン種目を含む計24種目を実施。五輪、世界選手権のメダリストが多数参戦予定で、日本で1、2を争う高速トラックを舞台に世界レベルの激戦が繰り広げられるだろう。

日本のトップアスリートたちにとっては、今秋のドーハ世界選手権、そして参加標準記録の有効期限がスタートした来年の東京五輪に向けて世界に挑む貴重な場。シーズン前半の〝大一番〟、新時代にふさわしい大記録がいくつ誕生するだろうか。その瞬間を、見届けよう――。


 

PREVIEW①

男子100m
今季好調・桐生に打倒ガトリンの期待
同学年・小池も存在感、復調を期す山縣、ケンブリッジ、多田

大会のメインイベントとなる男子100mには、今年もジャスティン・ガトリン(米国)が出場。2月に37歳の誕生日を迎えたとはいえ、昨シーズンのベストは10秒03(-0.7)。日本選手の挑戦を受けて立つ力はまだ十分あり、4連覇を狙う。同じ米国から、昨年9秒93(+1.4)をマークしている、元世界記録保持者のリロイ・バレルの息子、キャメロン・バレルと、9秒99(+1.1)のケンダル・ウィリアムズが参戦する。



日本勢は、昨年のジャカルタ・アジア大会4×100mリレーの金メダルメンバー、山縣亮太(セイコー)、多田修平(住友電工)、桐生祥秀(日本生命)、ケンブリッジ飛(Nike)と、同大会の200mで日本に3大会ぶりの金メダルをもたらした小池祐貴(住友電工)がエントリー。6月末の日本選手権を見据えて、火花の散る戦いを見せるだろう。

今季好調なのは桐生だ。大学を卒業して1年目の昨シーズンが10秒10(+0.4)に終わり、「気持ちを入れ替えて」みっちり冬季トレーニングを積んできた。3月23日に豪州・ブリスベンで迎えた今季初戦の100m が10秒08( +2.0)、200m は20秒39(+1.5)と、ともにドーハ世界選手権の参加標準記録を突破。その勢いで4月半ばのドーハ・アジア選手権100mに臨み、10秒10(+1.5)で金メダルを獲得している。個人ではこれが国内初戦。日本勢だけでなくガトリンらも下せば、一気に勢いに乗りそうな気配だ。

アジア選手権の準決勝で10秒18(+1.2)をマークしながら、その後、右脚ハムストリングスに違和感を覚えて決勝を棄権したのが山縣。早めの決断が肉離れを防ぎ、5月6日の木南記念(大阪・長居)に予定通り出場したが、予選10秒24(+0.6)、決勝10秒21(+0.1)と2本とも10秒2台にとどまった。スタートから先行した多田を中盤でかわし、勝負強さを今年も示すかたちになったものの、自分の感覚とタイムが全然マッチしていない様子。3月22日に米国で出した10秒18(+2.1)と同様、首を傾げる結果になった。



2年前のこの大会で素早いスタートダッシュを決め、ガトリンに「あの選手は誰?」と言わしめた多田も、昨年はもがき苦しんだ。大学最終年のシーズンベストは10秒21(+1.7)にとどまり、日本選手権は5位に終わっている。今季は復調傾向にありそうだが、4月21日の出雲陸上が10秒22(+3.4)で2位、木南記念もスタートしてぐにつまずき、10秒28(+0.1)で山縣に逆転勝ちを許した。一昨年の勢いを取り戻すには、もう少し時間がかかりそうだ。



昨年の日本選手権で山縣に次いで2位のケンブリッジも、今季は出遅れている。桐生が出た豪州のレースで同走したが、スタートでブロックが動くアクシデントに遭い、その時から左脚ハムストリングスに違和感が生じていた、という。帰国後は「普通に練習していた」ものの、出雲陸上でまた違和感が再発し、ウォームアップレースの途中で力を緩め、その後の木南記念も欠場。今季はまだ出力100%のレースができずにいる。

そうなると、桐生と日本人トップ争いをするのは、高3のインターハイで桐生に次いで2位だった同期の小池かもしれない。アジア選手権は200mに出場して銀メダル(20秒55 /+1.7)だったが、3月末に米国で100m10秒09( +3.0)、10秒07( +2.8)と、追い風参考ながら1時間のリカバリーで10秒0台を2回。世界リレーで4×100mの一翼を担うようなら、100mでも小池の存在感が増す。




提供:月刊陸上競技
写真提供:フォート・キシモト


▼5/18(土)前日記者会見 ライブ配信実施!
YouTube→https://www.youtube.com/watch?v=_fno0rbLhIA

▼大募集!選手に届く!「セイコーゴールデングランプリ陸上2019大阪」応援メッセージキャンペーン!
応募方法はこちら→https://www.jaaf.or.jp/ggp/2019/


information



JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsor

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • 洋服の青山
  • デンカ株式会社

  • 丸大食品株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 株式会社クリエイト
  • アース製薬株式会社
  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構