NEWSニュース

2022.07.23(土)

【記録と数字で楽しむオレゴン世界選手権】男子4×400mリレー:9大会ぶりの入賞と「2分台」がターゲット

7月15日(金)から7月24日(日)の10日間(日本時間では16日~25日)、アメリカ・オレゴン州ユージーンのヘイワード・フィールドを舞台に「オレゴン2022世界陸上競技選手権大会」が開催される。

日本からは、67人(男子41・女26)の代表選手が出場し世界のライバル達と競い合う。

現地に赴く方は少ないだろうがテレビやネットでのライブ中継で観戦する方の「お供」に日本人選手が出場する30種目に関して、「記録と数字で楽しむオレゴン世界選手権」をお届けする。

なお、これまでにこの日本陸連HPで各種競技会の「記録と数字で楽しむ・・・」をお届けしてきたが、過去に紹介したことがある拙稿と同じ内容のデータも含むが、可能な限りで最新のものに更新した。また、記事の中では五輪についても「世界大会」ということで、そのデータも紹介した。

記録は原則として7月7日判明分。
現役選手の敬称は略させていただいた。

日本人選手の記録や数字に関する内容が中心で、優勝やメダルを争いそうな外国人選手についての展望的な内容には一部を除いてあまりふれていない。日本人の出場しない各種目の展望などは、陸上専門二誌の8月号別冊付録の「世界選手権観戦ガイド」やネットにアップされるであろう各種メディアの「展望記事」などをご覧頂きたい。

大会期間中は、日本陸連のSNSで、記録や各種のデータを可能な範囲で随時発信する予定なので、そちらも「観戦のお供」にしていただければ幸いである。

現地と日本の時差は、16時間。マラソンと35km競歩以外の種目は、日本時間の深夜2時頃から昼頃まで競技が行われる。睡眠不足にどうぞご注意を!


(実施日時は、日本時間。カッコ内は現地時間)




男子4×400mリレー

・予選 7月24日 09:40(23日17:40) 2組3着+2
・決勝 7月25日 11:35(24日19:35)


9大会ぶりの入賞と「2分台」がターゲット

今回エントリーしている6人の2022年ベストと自己ベストは、シーズンベストの順に、

ウォルシュ・ジュリアン(富士通/45秒27。45秒13=19年)
佐藤風雅(那須環境技術センター/45秒40)
川端魁斗(中京大クラブ/45秒73)
中島佑気ジョセフ(東洋大3年/46秒07)
岩崎立来(大体大4年/46秒10。46秒09=21年)
河内光起(大阪ガス/46秒13。45秒96=18年)

今季の400mの記録の上位4人の合計(45秒27・45秒40・45秒73・46秒07)は、「3分02秒47」。自己ベストの合計(45秒13・45秒40・45秒75・45秒96)は、「3分02秒24」だ。

東京五輪では3分00秒76の日本タイをマークしたが、そのレース前のシーズンベストの上位4人の合計は(45秒61・45秒75・45秒85・45秒94)で「3分03秒15」。自己ベストの合計は(45秒58・45秒75・45秒79・45秒94)で「3分03秒06」だった。

今回の方が、シーズンベストで0秒68、自己ベストで0秒82速い。

ということは「2分台」も可能ということになる。


◆世界選手権&五輪での入賞歴と最高記録

1932五輪5位3.14.6 ※日本記録(3.16.8)を上回った(「日本記録変遷史」未収録)
1996五輪5位3.00.76=アジア新
20037位3.03.15
2004五輪4位3.00.99

「世界選手権」での最高記録は、
3分01秒26 1991年 予選1組4着 =アジア新

「五輪」での最高記録は、
3分00秒761996年決勝5位=アジア新
3分00秒762021年予選2組5着=日本タイ


◆1600mリレー出場国の2022年400mベストの上位4人の合計記録

「表1」は、1600mRに出場する16カ国について、リレーにエントリーしている各国6人の今回の世界選手権の400m準決勝終了時点(7月20日)での2022年のシーズンベストを調べ、「上位4人の合計タイム」の順に並べたものだ。本来ならば400m決勝(7月22日)までの記録も加えたかったが、1600mR予選の前夜のレースのため、時間的な都合で入れられなかった。

なお、2022年に400mを走っていない選手については、直近の年のベストとした(記録の後ろの「*」印)。参考までに、2022年の各国のそれ以下の層の厚さをうかがうため「10位」の記録も付記した。

リレーの4番目の選手のタイム「10位」の差がほとんどない国もある。これは、リレーの6人がそれぞれの国の今季リストの順番で選ばれたわけではないことによる。

400mRと同様にリレーにエントリーしている6人以外の他種目(200m、800m、400mHなど)から参入してくる可能性もある。


【表1/2022年400mベストによるリレーエントリー上位4人の合計および国内10位記録】
国名順)合計記録1位2位3位4位10位記録
USA1)2.55.7343.5643.744.1344.341)44.93
DOM2)3.00.2244.6444.6845.0945.8112)47.09
JAM3)3.00.4844.8744.9745.2145.432)45.56
BOT4)3.00.5844.8745.0345.2545.433)46.08
BEL5)3.01.2245.1245.1845.3645.56*13)47.11
RSA6)3.01.2844.5844.9245.86*45.927)46.69
JPN7)3.02.4745.2745.4045.7346.074)46.32
FRA8)3.02.6145.4445.4745.7145.976)46.51
TTO9)3.02.8044.7945.4145.8646.7415)47.50
GER10)3.03.4845.4445.7645.9946.299)46.76
NED11)3.03.6945.3445.8946.0246.4411)46.98
POL12)3.03.7245.3845.9446.0946.318)46.73
CZE13)3.03.7445.5545.7846.0546.3614)47.44
IND14)3.04.0145.8346.0446.0546.0910)46.86
ITA15)3.04.0645.6945.8046.2446.335)46.43
COL16)3.07.8346.6546.6647.0647.4616)48.07

アメリカが断トツ。途中でバトンを落としても大丈夫そうな戦力だ。何かのアクシデントでもない限り2連勝11回目の優勝はほぼ間違いないだろう。

日本は7位(3分02秒47)でファイナル進出の圏内。
6位・南アフリカ(3分01秒28)とは差があるが、8位のフランス(3分02秒61)と9位のトリニダードトバゴ(3分02秒80)とは0秒33の差しかない。。このあたりが「ファイナル」を目指すライバルとなりそうだ。予選の組み分けによる運・不運もあるかもしれない。

過去の世界大会での各選手の400mフラットレースのシーズンベストとリレーでのスプリットを分析した筆者のデータによると、2走以降は加速がつくので、フラットの記録よりもひとりあたり0秒7前後、2~4走のトータルで2秒くらいのタイムの短縮が可能という結果だ。今回の上位4人のシーズンベストの合計タイム3分02秒47からすると、3分00秒76の日本記録(1996年アトランタ五輪5位&2021年東京五輪・予選)の更新と「2分台」も十分に射程圏内といえそうだ。

また、東京五輪でインドに奪われたアジア記録(3分00秒25)も取り戻してもらいたい。

21世紀以降の五輪&世界選手権の「決勝進出の最低ライン(通過最低記録)」と「決勝に進めなかった最高タイム(落選最高記録)」は以下の通りだ。

通過最低落選最高
20013.01.423.01.65
20033.02.353.02.89
2004五輪3.03.323.03.35
20053.02.863.03.17
20073.02.493.02.59
2008五輪3.00.743.01.26
20093.03.233.02.78
20113.00.973.01.54
2012五輪3.02.623.02.86
20133.01.093.01.73
20152.59.802.59.95
2016五輪3.00.433.00.82
20173.01.883.01.98
20193.01.403.02.05
2021五輪2.59.373.00.25
   
最高記録2.59.372.59.95
世選最高2.59.80(2015)2.59.95(2015)
五輪最高2.59.37(2021)3.00.25(2016)

「決勝に進めなかった最高記録」は、上記の通り2015年世界選手権の2分59秒95(ボツワナ。予選2組5着)で、この組では2分59秒80までが決勝進出というハイレベルで、予選2組トータルで9国が2分台、3分00秒台2国、01秒台で2国が走った。また直近の東京五輪でも通過最低記録が2分59秒37と歴代最速。予選2組で日本タイ記録(3分00秒76)を出したがそれでも「+2」の4番目の5着。世界のレベルは上がっている。今回も「2分台」が「ファイナル」への最低条件になりそうだ。

ちなみに1996年アトランタ五輪で5位に入賞してアジア記録(3分00秒76)を出した時の4人の1995年から96年のレース直前までのベストは、1走から順に苅部俊二46秒38、伊東浩司46秒23、小坂田淳46秒03、大森盛一46秒00で合計は3分04秒64だった。今回のシーズンベストの合計は3分02秒47で2秒以上上回る。

ただし、26年前の時のスプリットは、苅部45秒88・伊東44秒86・小坂田45秒08・大森44秒94でカバーし4人ともフラットの記録を大きく上回る好走だった。今回のメンバーにもフラットのタイムを上回る快走を見せてもらって、「2分台」を実現しファイナルに進んでもらいたい。

また東京五輪の予選で日本タイ記録の時の1走からの非公式手動計時によるスプリットは、以下の通り。
伊東利来也45秒7
川端魁人45秒0
佐藤拳太郎45秒2
鈴木碧斗44秒9


◆世界選手権&五輪での1・3・8位の記録

「表」は、世界選手権が始まった1983年以降の世界選手権&五輪での1・3・8位の記録である。


【表/五輪&世界選手権の1・3・8位の記録】
1位3位8位
19833.00.793.03.63DNF
1984五輪2.57.912.59.323.02.82
19872.57.292.59.16DNS
1988五輪2.56.163.00.563.04.69
19912.57.533.00.103.05.33
1992五輪2.55.742.59.73DNF
19932.54.292.59.993.05.35
19952.57.323.03.18DNS
1996五輪2.55.992.59.42DNS
19972.56.653.00.26DQ(1位アメリカ2.56.47が薬物違反で失格)
19992.58.913.00.20DQ(1位アメリカ2.56.45が薬物違反で失格)
2000五輪2.58.682.59.23DQ(1位アメリカ2.56.35が薬物違反で失格)
20012.58.192.59.71DQ(2位アメリカ2.57.54が薬物違反で失格)
20032.58.963.00.53DQ(1位アメリカ2.58.88が薬物違反で失格)
2004五輪2.55.913.00.903.02.49
20052.56.912.58.07DQ(6位トリニダードトバゴ3.01.60で失格)
20072.55.563.00.053.07.40
2008五輪2.55.392.58.81DQ(3位ロシア2.58.06が薬物違反で失格)
20092.57.863.00.903.02.73
20112.59.313.00.10DQ(4位ロシア3.00.22が薬物違反で失格)
2012五輪2.56.722.59.40DQ(5位ロシア3.00.09が薬物違反で失格)
20132.58.713.00.88DQ(3位ロシア2.59.90が薬物違反で失格)
20152.57.822.58.513.03.05
2016五輪2.57.302.58.493.03.28
20172.58.122.59.003.01.79
20192.56.692.58.78DNF
2021五輪2.55.702.57.273.00.85


五輪&世界選手権の決勝での「着順別最高記録」は、以下の通り。

順)五輪 世界選手権 
1)2.55.392008=USA2.54.291993=USA
2)2.56.601996=GBR2.56.751997=JAM
3)2.57.272021=BOT2.58.072005=JAM
4)2.57.882021=BEL2.58.512015=JAM
5)2.58.462021=POL3.00.242015=BEL
6)2.58.762021=JAM3.00.461993=CUB
7)2.58.812021=ITA3.01.162011=GBR
8)3.00.852021=TRI3.01.372011年=GER

以上の通りで21年東京五輪五輪が史上最高のレベルで7位までが2分58秒台で走った。


野口純正(国際陸上競技統計者協会[ATFS]会員)
写真提供:フォート・キシモト

>>オレゴン2022世界陸上競技選手権大会 特設サイト
https://www.jaaf.or.jp/wch/oregon2022/


>>世界選手権ガイド
https://www.jaaf.or.jp/wch/oregon2022/guide/


>>記録と数字で楽しむオレゴン世界選手権

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsors

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • デンカ株式会社
  • 株式会社クリエイト

JAAF Official Supporting companies

  • 株式会社シミズオクト
  • 株式会社セレスポ
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • JTB
  • 東武トップツアーズ株式会社
  • 日東電工株式会社
  • 伊藤超短波株式会社

PR Partner

  • 株式会社 PR TIMES