Newsニュース

2021.07.30(金)

【東京オリンピック】~日本新の三浦、決勝で更なる記録更新を狙う~1日目 モーニングセッション 選手コメント(男子3000m障害物予選・男子走高跳予選・男子400mH予選)



1年の延期を経ての開催となった東京オリンピック(第32回オリンピック競技大会)大会8日目の7月30日、いよいよ陸上競技が開幕。6種目の予選が行われた初日のモーニングセッションは、午前9時から東京・国立競技場でスタートしました。競技終了後の選手コメントを下記ご紹介いたします。

◎三浦龍司(順天堂大学)

男子3000m障害物 予選1組 2着 8分09秒92 =日本新記録、決勝進出



最初の1000mが2分40秒と速かったので、どうなるかなと思ったが、外国人選手の力を借りながら、いい流れに乗って、後半も積極的にそのまま行くことができた。
レース自体は、(日本記録を出した)日本選手権やテストイベント(Ready Steady Tokyo)のときと同じように、2000m付近から出ていき、ラスト400mで仕掛けていくプランを考えていた。外国人選手に比べれば、もうちょっとかなと思うが、記録もついてきたし、目標の決勝進出も達成できたので、2日後(の決勝で)、しっかりこれ以上に全力を出しきれるように調整していきたい。
(8分)ひと桁台の記録は、まだ先の目標だと思っていたが、これに乗れたことは非常に大きな収穫。まだまだ(記録を)伸ばせるなという実感もつかむことができたので、すごくいい試合ができたと思う。
決勝も、特にやることは変わらず積極的に行き、2000mから(レースが)動くかもしれないので、そこをしっかり意識して対応できるようにしたい。着順は特に考えず、自分のできる走り、そのときの全力を出していきたい。


◎青木涼真(Honda)

男子3000m障害物 予選2組 9着 8分24秒82 



身体のサイズが大きい選手たちとの戦いで、海外特有のリズムとかもあって、最初はいいペースでそのまま押していけるリズムじゃないかなと思っていたが、1回前を譲ってしまったところで、そこからずるずると後半にかけて、順位を落としてしまった。反省点の多い試合だったなと思う。
特に普段から緊張することがないタイプ。自分を支えてくださる人たちのメッセージから、元気・勇気をもらったので、それを走りで恩返しできたらと思って走った。
これで3000m障害物はひと区切り。パリ(五輪)を3000m障害物で狙うかどうかはここからまた考えるが、何かしらの種目でパリに出場して、今回の借りを返したい。


 ◎山口浩勢(愛三工業)

男子3000m障害物 予選3組 12着 8分31秒27



今出せる力は出しきったかなと思う。(スタート前は笑顔で臨んでいたが)応援してくれている人たちがすごく多くいるので、その人たちに笑顔を見せようと思って挑んだ。(レースは)ペースアップすることも想定したうえで、前半で位置取りをしていたのだが、(ペースが)上がるときには一気に上がっていってしまうので、そこでちょっと力を使ってしまった。
(五輪にフルエントリーとなる3人が出場したことで)3000m障害物の日本の新たな歴史をつくれたと思う。これからどんどん盛り上がっていくので、負けないようにしたい。
オリンピックを目指してから、自分だけの身体じゃないというか、家族とか…子どもが3人いるのだが、そういう応援してくれる人のすべてを背負って走っているなと思っていた。(それだけに)今日はいい走りをしたかったのだが、これが今の力だと思う。



◎衛藤 昂(味の素AGF)

男子走高跳 予選A組 10位 2m21

本音を言えば、もっともっと跳びたかったが、今日出せる力は出せたのではないかと思う。今日の跳躍は、高さは出せていたので、あとは助走の全体的なバランスだなと思っていたのだが、そこが詰めきれなかった。(場内に拍手を求めた)最後の跳躍(2m25の3回目)は、「落としたら終わり」という部分だったので、自分の持てる力ともらえる力をすべてをぶつけようと思って挑んだ。
(オリンピックは)2回目ということで、しっかりと風景であったりオリンピックの雰囲気だったりは目に焼きつけて試合することができた。(集大成の位置づけで臨んだオリンピックだが)自国開催のオリンピックに出られたことは、また、もう一度(オリンピックという)この舞台に立てたことは、すごくアスリートして幸せだった。走高跳を18年間やってきたけれど、最後として本当に最高の舞台で試合ができたと思う。


◎戸邉直人(JAL)

男子走高跳 予選              B組 2位 2m28 =決勝進出



試合前に踏切足に違和感があって、そこが心配だったが、無事に決勝進出を決めることができてよかったとホッとしている。(足の違和感は)今はあまり問題ない。決勝は思いきりやるだけだと思っている。
(2m21の1回目を失敗したが)あの失敗で気が楽になった。あそこからリラックスして、うまく技術的に立て直せたことが大きかったと思う。
(初めてのオリンピックについての感想を問われ)実は、昨日からワクワクして、昨晩はあまり寝られなかった(笑)。本当にもう最高の試合だった。
ずっとこの試合での金メダルを目指して頑張ってきた。(決勝では)その目標を達成できるように思いきりやるだけだと思っている。


 ◎山内大夢(早稲田大学)            

男子400mハードル 予選2組 3着 49秒21 =準決勝進出



(この国立競技場は)一度自己ベストを出している競技場。相性がいいのはわかっていたので、落ち着いて自分の走りができれば、準決勝は行けるかなと思っていた。まずはしっかりと予選が走れてよかった。
(レース前には笑顔もあったが、との問いに)自分の目標にしていたオリンピックで楽しむしかないと思った。たくさんの方に応援していただいているので、そのぶん自分のいいパフォーマンスを見せられるように走ろうと思っていた。
(記録的には)予選から自己ベストで走ることができればいいなと思っていたが、まずは着順でしっかり入ることができた。49秒21というタイムも、まずまずかなという感じである。
もう1本走ることができるので、これからの1日、しっかりと休養をとって、次の準決勝はファイナルに向けてしっかり準備したい。


◎黒川和樹(法政大学)

男子400mハードル 予選4組 6着 50秒30       



本来の走り、自分らしい走りは、前半から行くというスタイルなのだが、それが今回行くことができなかった。しかし、こういった世界の方々と戦うことができて、本当によかった。
ここまで上り調子で来ていて、練習でも噛み合っていたので、コンディション的には行けると思っていたのだが無理だった。
東京開催ということもあって、周りの方から招集所とかでも言われて勇気づけられたが、その応援に応えることができなくて申し訳ない気持ちでいる。
こうやって海外の選手たちと競うことができたので、次の世界大会かオリンピックに向けて、また磨きをかけて、日本記録を更新して、決勝に残るという目標を忘れずに頑張っていきたい。


◎安部孝駿(ヤマダホールディングス)

男子400mハードル 予選5組 6着 49秒98       



前半の余裕がなかったということと、7台目以降のギアを変える部分で変えきれず、同じギアで走ってしまったので、最後のコーナー手前で海外の選手が出てきたところで反応できずにおいていかれてしまった。決勝進出を1つの目標にしてやってきたので、レース内容的にも悔しい部分が大きい。
しかし、それと同時に、初のオリンピックで、ここに来るまでに非常に苦しい状況を乗り越えて、たくさんの人に応援して、支えてもらって、この場に立つことができた。それが達成できたことを、すごく幸せだなと思って、感謝の気持ちでいっぱいである。
(選考会だった)日本選手権は、非常に余裕のない状態で、身体的にも精神的にも、かなりいっぱいいっぱいの状況で臨んでいた。それからオリンピックまでは短いスパンとなったが、自分のできる限りのことはやってきたし、本当に何一つ悔いはない状態で、この場に立つことはできた。やれることはやってきたなと自分では思っている。
(準決勝に進出した)山内くんには若手の勢いがあるので、決勝を目指して、僕たちのぶんも頑張ってほしい。

写真:フォート・キシモト


【東京オリンピック】1日目 モーニングセッション ハイライト
3000m障害物で三浦が特大日本新で決勝進出!走高跳・戸邉・400mハードル山内も予選を突破!
https://www.jaaf.or.jp/news/article/15279/


■東京2020オリンピック特設サイト ~競技スケジュールや競技を楽しむ観戦ガイドを掲載中!~
https://www.jaaf.or.jp/olympic/tokyo2020/

■【東京オリンピック】毎日のみどころとオンエア&LIVE配信情報
https://www.jaaf.or.jp/olympic/tokyo2020/news/article/15265/
 
■【東京オリンピック】日本代表選手への応援メッセージを大募集!!~共に戦おう!あなたもチームジャパンの一員に~
https://www.jaaf.or.jp/olympic/tokyo2020/news/article/15252/

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsor

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • デンカ株式会社
  • 株式会社クリエイト

JAAF Official Supporting company

  • 株式会社シミズオクト
  • 株式会社セレスポ
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • JTB
  • 東武トップツアーズ株式会社
  • 日東電工株式会社
  • 伊藤超短波株式会社
  • 洋服の青山