2022.06.23(木)大会

【ホクレンDC】20周年記念大会ハイライト/田中希実が1000mで2分37秒33で日本記録更新!!



6月22日(水)、北海道・深川にてホクレン・ディスタンスチャレンジ2022が開幕しました。
初戦の20周年記念大会は、オレゴン2022世界陸上競技選手権大会出場へ向け、各種目にターゲットタイムを設定し、参加標準記録突破やWAランキングUPを目指すレースとして10種目が行われました。


〇男子800m
日本選手権覇者の金子魅玖人(中央大)が1分46秒34で優勝。
日本記録(1分45秒75)には惜しくも届きませんでしたが、最後、薄田健太郎(筑波大)をかわすし自身のセカンドベストで優勝。


〇女子1000m
田中希実(豊田自動織機)が自身の持つ日本記録を更新し、2分37秒33で優勝!!
日本新記録を樹立した田中選手へはホクレン様および自治体様より、北海道が詰まった副賞が贈呈されました。(>>副賞のご紹介はこちら


〇女子5000m
大森菜月(ダイハツ)が2015年以来の15分30秒切りで15分29秒46で優勝。


〇女子3000mSC
日本選手権2位の西出優月(ダイハツ)が9分49秒66で優勝。


〇男子3000mSC
潰滝大記(富士通)が8分29秒33で優勝。


〇女子1500m
日本選手権2位の後藤夢(豊田自動織機)が4分12秒12で優勝。


〇男子1500m
荒井七海(Honda)が日本歴代3位の3分36秒63で優勝。
日本選手権1~3位までの選手が出場した注目のレース。参加標準記録3分35秒00には惜しくも届きませんでしたが、 荒井選手が日本歴代3位の記録(自己ベスト)で優勝。


〇男子5000m
WAMBUA Titus(埼玉医科大学G)が13分22秒62で優勝。塩尻和也(富士通)が13分29秒21で日本人トップ。


〇女子10000m
日本選手権2位の萩谷楓(エディオン)が31分58秒17で優勝。
参加標準記録(31分25秒00)突破とはなりませんでしたが、31分台をマーク。


〇男子10000m
ALEXANDER Mutiso(NDソフト)が27分29秒85で優勝。市田孝(旭化成)が28分13秒65で日本人トップ。


次は7月2日(土)、北海道・士別市陸上競技場で第1戦士別大会が開催されます。
引き続き、選手への熱い応援よろしくお願いします!

>>20周年記念大会リザルトはこちら

写真:フォート・キシモト

【ホクレンディスタンスチャレンジ 特設サイト】

>>https://www.jaaf.or.jp/distance/
■ホクレン・ディスタンスチャレンジ2022
7月 2日(土)士別大会
7月 6日(水)深川大会
7月 9日(土)北見大会
7月13日(水)網走大会
7月16日(土)千歳大会

▼ホクレンDC公式Twitter
https://twitter.com/hokurendc

▼Road To OREGON(ワールドランキング)
https://www.worldathletics.org/stats-zone/road-to/7137279

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsors

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • デンカ株式会社
  • 株式会社クリエイト

JAAF Official Supporting companies

  • 株式会社シミズオクト
  • 株式会社セレスポ
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • JTB
  • 東武トップツアーズ株式会社
  • 日東電工株式会社
  • 伊藤超短波株式会社

PR Partner

  • 株式会社 PR TIMES
  • ハイパフォーマンススポーツセンター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構
  • JSCとの個人情報の共同利用について