2019.09.27(金)その他

【記録と数字で楽しむドーハ世界選手権】男子110mH/高山峻野、泉谷駿介、金井大旺

▶ドーハ世界選手権特設サイト


9月27日(金)から10月6日(日)の10日間、カタールの首都ドーハで「第17回世界選手権」が開催される。ここでは、日本人が出場する種目を中心に、「記録と数字で楽しむドーハ世界選手権」を紹介する。

なお、これまでにこの日本陸連HPで各種の競技会の記事で筆者が紹介したことがある同じ内容のデータも含むが、可能な限りで最新のものに修正した。




★男子110mH★

高野峻野(ゼンリン)、泉谷駿介(順大2年)、金井大旺(ミズノ)のトリオが出場。
2019年のベスト記録での順位(1国3名。前回優勝のワイルドカードでジャマイカは4名)は、高山(13秒25)が11位、泉谷(13秒36)が21位、金井(13秒51)が34位。

この種目での日本人の最高成績は、内藤真人さん(2001年・法大、2005&2007・ミズノ)と田野中輔さん(富士通)の「準決勝6着」。

内藤さんは2001年、03年、07年の3回。田野中さんは2007年に「準決勝の壁」に阻まれて残念ながら「ファイナリスト」になれなかった。

世界選手権での「日本人最高記録」は、2007年・大阪大会(予選・第3組3着)での内藤さんの「13秒54(-0.2)」。今回出場の3人がこの記録を更新する可能性は非常に高い。

予選・準決・決勝の3ラウンド制になった2001年以降の「準決勝で落選した最高記録」と「予選で落選した最高記録」は、「表」の通りだ。

【表/準決勝と予選で落選した最高記録】
 年  準決落最高  予選落最高
2001年  13.42    13.82
2003年  13.53    13.74
2005年  13.44    14.12
2007年  13.36    13.67
2009年  13.42    13.67
2011年  13.57    13.56
2013年  13.35    13.52
2015年  13.29    13.63
2017年  13.27    13.58

ということで、100mや200mと同じく日本のトリオにとっては、準決勝がポイント。至近2大会の状況からすると、その時の風速にもよるが高山の日本記録(13秒25)に匹敵する「準決勝で13秒2台」が「ファイナリスト」への条件となりそうだ。


野口純正(国際陸上競技統計者協会[ATFS]会員)
写真提供:フォート・キシモト

information



JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsor

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • 洋服の青山
  • デンカ株式会社

  • 丸大食品株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 株式会社クリエイト
  • アース製薬株式会社
  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構