2019.06.30(日)選手

【第103回日本選手権】女子砲丸投優勝 郡菜々佳(九州共立大・大阪)コメント



女子砲丸投
16m06

郡菜々佳(九州共立大・大阪)

砲丸投は、3連覇を目標に臨んでいた。自分の動きをしたら勝てるかなと思っていたので、距離(記録)は全く意識していなかった。1回目から、距離ではなく“前に投げるだけ”というふうに考えて臨んだ。

砲丸投と(日本記録をマークしている)円盤投の2種目に出場し、今回は、2日前の円盤投のほうが(比重は)大きかったのだが、自分の力を出せずに、すごく悔しい思い(4位・49m06)をしたので、今日は後悔が絶対に残らないようにしようと、思いきって投げた。

最終投てきでチームメイトの髙橋(由華)が2位に。日本選手権でワン・ツーを取ることは、入学したころからずっと髙橋と目標にしていたので、(6回目の試技で)髙橋が2位に上がったときは、(喜びで)もうバーッとなった(笑)が、(気持ちを切り替え)最終投てきに向けて自分に集中することを心がけた。自分自身の優勝以上に、ワン・ツーを達成できたことが、本当に嬉しい。

■第103回日本陸上競技選手権大会

開催日:2019年6月27日(木)~6月30日(日)
会場:福岡市博多の森陸上競技場

▼第103回日本陸上競技選手権大会特設サイトはこちら
https://www.jaaf.or.jp/jch/103/

information



JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsor

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • 洋服の青山
  • デンカ株式会社

  • 丸大食品株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 株式会社クリエイト
  • アース製薬株式会社
  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構