2019.06.28(金)選手

【第103回日本選手権】男子やり投優勝 新井涼平(スズキ浜松AC・静岡)コメント



男子やり投
79m42

新井涼平(スズキ浜松AC・静岡)

世界選手権の標準(参加標準記録83m00)を切れなかったのは悔しいが、しっかりと連覇(6連覇)できたということは嬉しく思う。

雨が強く降っていた影響で、グリップが全部濡れて、投げる際に滑ってしまう難しいコンディションでの試合となった。4投目あたりから雨がやんできて、記録を狙える状態になってきたなと感じたので、「ここからまた試合が始まった」というふうに思って挑むことができた。もう少し(遠くへ)投げたかったという思いはあるが、こういうなかでも79mを投げられたことは価値があると思う。

来週、北海道で南部記念陸上がある。そこで世界選手権の参加標準記録を切れるよう、しっかりと準備して臨みたい。

■第103回日本陸上競技選手権大会

開催日:2019年6月27日(木)~6月30日(日)
会場:福岡市博多の森陸上競技場

▼第103回日本陸上競技選手権大会特設サイトはこちら
https://www.jaaf.or.jp/jch/103/

関連選手

information



JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsor

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • 洋服の青山
  • デンカ株式会社

  • 丸大食品株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 株式会社クリエイト
  • アース製薬株式会社
  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構