2019.05.01(水)大会

【織田記念】石川選手vs. 泉谷選手、110mHで13秒5台の大接戦

第53回織田記念陸上は4月27~28日、カタール・ドーハ世界選手権の日本代表選考会を兼ねて、広島広域公園陸上競技場(エディオンスタジアム広島)において行われました。この大会は、日本グランプリシリーズでグランプリプレミア「広島大会」と位置づけられ、会期も昨年から2日にわたっての開催となっています。グランプリ種目として男子7種目(100m、5000m、110mH、棒高跳、走幅跳、三段跳、やり投)、女子5種目(100m、5000m、100mH、棒高跳、やり投)が行われたほか、チャレンジ種目、パラ陸上競技種目、ジュニア種目、広島県内種目が実施。また、学生競技者にとっては、7月にナポリ(イタリア)で開催されるユニバーシアードの代表選考会にもなりました。

この大会は、スプリント種目をはじめとして好記録がアナウンスされることで知られており、例年多くのトップ競技者が出場しますが、今回は、ドーハで行われたアジア選手権直後の会期ということもあり、帰国直後に出場を見合わせる選手も多く出てしまいました。また、両日ともに気温が上がらず、肌寒さを覚えるコンディションに。パラ種目(女子100m)で日本新記録、チャレンジ種目(男子2000mSC)でU20日本新記録が誕生しましたが、グランプリ種目においては、新記録のアナウンスはありませんでした。




■石川選手vs. 泉谷選手、110mHで13秒5台の大接戦

レベルの高い勝負が繰り広げられたのは男子110mH。追い風0.6mの条件で行われた決勝では、予選1組を14秒07(-1.0)で1着通過した泉谷駿介選手(順天堂大)と予選3組を13秒88(-0.4)で通過した石川周平選手(富士通)が大接戦を演じました。レースは、序盤でリードを奪った泉谷選手に6台目付近で石川選手が追いつき逆転、石川選手が13秒54で、泉谷選手は13秒56でのフィニッシュとなりました。

今春、富士通に入社した石川選手のこれまでのベスト記録は2017年にマークした13秒67。一気に0秒13の更新となりました。これまでケガに苦しむことが多かったといいますが、この冬は充実した練習に取り組むことができたと振り返り、この大会に向けても「(13秒)5台を目標に掲げて、そのタイムを出す準備はできていた」と自信を持って臨んでいました。レース後は、「目標通りに行けたので嬉しい」と表情をほころばせた石川選手の今季の目標は「標準(13秒46)を突破して、世界選手権に出場すること」。次のレースは、5月6日の木南記念を予定しており、「いい状態で来ているので、木南で記録を狙っていく」と意欲を見せました。

一方、2位となった泉谷選手は、昨年、U20世界選手権で銅メダルを獲得し、秋にはU20規格の110mHでは2018年世界リスト4位となる13秒19(-0.9)のU20日本記録を樹立している選手。一般規格の110mHでも向かい風1.1mのなか13秒75で走っていましたが、今年に入って3月22日の順天堂大記録会で13秒60 (+0.4)をマークして、従来のU20日本最高記録(13秒73、古谷拓夢、2016年)を更新。4月14日の四大学対校陸上では13秒55(+1.4)と再び記録を塗り替えると、学生歴代でも4位に浮上していました。

今回の13秒56はセカンドベストとなる好記録ですが、この大会でドーハ世界選手権の参加標準記録(13秒46)突破を狙っていたという泉谷選手は、「負けてしまったし、(13秒)4台を狙ったけれど、技術がうまく噛み合わなかった」とちょっぴり悔しそうな表情を見せていました。昨シーズンに比べての感触を尋ねると、「どこがというのは具体的にないが、全体的なパワーがすごく上がってきたなという実感がある」と大きな手応えを感じている様子。泉谷選手も次戦は木南記念を予定しており、石川選手と同様に、「木南で(記録を)狙いたい」ときっぱり。木南記念では13秒4台でのバトルが繰り広げられるかもしれません。


文:児玉育美(JAAFメディアチーム)
写真提供:フォート・キシモト

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsor

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • 洋服の青山
  • デンカ株式会社

  • 丸大食品株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 株式会社クリエイト
  • アース製薬株式会社
  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構