2019.05.01(水)大会

【織田記念】男子100mは白石選手が出雲陸上に続きV

第53回織田記念陸上は4月27~28日、カタール・ドーハ世界選手権の日本代表選考会を兼ねて、広島広域公園陸上競技場(エディオンスタジアム広島)において行われました。この大会は、日本グランプリシリーズでグランプリプレミア「広島大会」と位置づけられ、会期も昨年から2日にわたっての開催となっています。グランプリ種目として男子7種目(100m、5000m、110mH、棒高跳、走幅跳、三段跳、やり投)、女子5種目(100m、5000m、100mH、棒高跳、やり投)が行われたほか、チャレンジ種目、パラ陸上競技種目、ジュニア種目、広島県内種目が実施。また、学生競技者にとっては、7月にナポリ(イタリア)で開催されるユニバーシアードの代表選考会にもなりました。

この大会は、スプリント種目をはじめとして好記録がアナウンスされることで知られており、例年多くのトップ競技者が出場しますが、今回は、ドーハで行われたアジア選手権直後の会期ということもあり、帰国直後に出場を見合わせる選手も多く出てしまいました。また、両日ともに気温が上がらず、肌寒さを覚えるコンディションに。パラ種目(女子100m)で日本新記録、チャレンジ種目(男子2000mSC)でU20日本新記録が誕生しましたが、グランプリ種目においては、新記録のアナウンスはありませんでした。



■男子100mは白石選手が出雲陸上に続きV

男子100mは、アジア選手権を制した桐生祥秀選手(日本生命)が欠場したものの、1週間前の出雲陸上100mで1~3位を占めて4月26日に世界リレーの代表入りも決まった白石黄良々選手(しらいし・きらら、セレスポ)、多田修平選手(住友電工)、宮本大輔選手(東洋大、ダイヤモンドアスリート)の3選手が出場。追い風1.2mのなか行われた決勝では、白石選手が10秒19の自己新記録で優勝、多田選手が10秒21、宮本選手が10秒27と出雲陸上と同じ順位でフィニッシュ。4位にはデー・デー・ブルーノ選手(東海大)が10秒29で続き、この4選手が10秒1台のベスト記録を持つオーストラリアの選手2名に先着する結果となりました。

序盤を得意とする多田選手を、自身が得意と認める終盤でかわし、自己新記録で“2連勝”を果たした白石選手は、昨年までの自己記録は10秒32。リレーでは昨年の日本選手権リレー4×100mRで2走を務めて大東文化大の優勝に貢献していますが、個人種目では国体成年100m6位が最高成績。そこから社会人1年目となった今季、めざましい成長を遂げてきました。このレースに向けては、「先週の出雲は95%の力で、今週は100%の力で臨むとコーチと話していた。練習でも手応えがすごくよかったので、行ける自信はあった」とコメント。「織田記念は、去年B決勝しか走れなかった。桐生さんは欠場したなかだったが、海外の強い選手もいるなかで、勝ちにこだわって、それができたことで、世界リレーや日本選手権でも自信を持って走れるのではないかと思う」と、充実感を漂わせました。

この春から関東に拠点を移し、白石選手が師事する佐藤真太郎コーチの指導を日常的に受けることになった多田選手は、「最悪の展開だった」と振り返った予選(10秒43、2着)のあと、スタート時の姿勢を急きょ変更したことを明かしました。これによって「(決勝は)いい感じで出ることができた。これからしっかり練習して、そのスタートをものにできたらいいなと思っている」と、次につながる手応えをつかんだ様子。「スタートから中盤はけっこうよかったと思うが、彼(白石選手の)の持ち味が後半なので、そこで力んでしまい、抜かれてしまった。でも、後半をリラックスして走ることができれば、10秒1台も見えてきたと思う」とレースを振り返り、「前半は、自分のなかではまだまだ。中盤で全然離せていなかったので、もっと離せるようにして、後半、しっかりそのスピードがキープできる走りがしたい。まだ、身体のキレがない状態なので、これからの練習でキレが出せるようにしたい」と前向きなコメントを残しました。

3位でフィニッシュした宮本選手は、自身も得意としている前半で、完全に多田選手の背中を見る形になってしまったことが悔しかった様子。「後半、その失敗を引きずらずに多田さんを追い上げることはできたことはよかったと思うし、この寒いなかでシーズンベストなので、一応は及第点かなと思うけれど、出雲陸上前くらいから一気に調子が上向いてきていたので、ベストは出したいと思っていた。また、世界リレーにも選んでいただき、メンバーに入れるかどうかは織田の結果次第だろうと自分では考えていたので、ここで白石さんと多田さんには勝っておきたかったという気持ちがある」と無念さをにじませました。感触的には10秒1台も狙える感じがある状況に仕上がってきている感じがあるものの、「まだ、それが出しきれていない」と言います。「世界リレーを走れるかどうかはわからないけれど、今日の反省をしっかりして、次のレースに向かいたい。頑張ります」と、早くも先を見据えていました。


文:児玉育美(JAAFメディアチーム)
写真提供:フォート・キシモト

関連選手

information

セイコーゴールデングランプリ陸上

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsor

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • 洋服の青山
  • デンカ株式会社

  • 丸大食品株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 株式会社クリエイト
  • アース製薬株式会社
  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構