2022.09.13(火)イベント

【リレフェス】国立競技場を楽しむ冒険スポット!~スタジアムの中&周辺を歩いてみよう!~



東京2020オリンピック・パラリンピックの舞台となった「国立競技場」!現在も、陸上競技に限らず、ラグビーやサッカーなど様々なスポーツでイベントが開催されているほか、音楽活動やCM撮影などでも利用されています。ちなみに3年後の2025年には、この国立競技場で「世界陸上」が開催されることが決定しています!

リレフェスの会場にもなるこの国立競技場ですが、今回は国立競技場にまつわる冒険スポットを紹介します!当日は、皆さんのその目で確かめ、国立競技場をより楽しんで行ってください!

>>特典付きチケットは数量限定!チケットの購入はこちらから!
https://www.jaaf.or.jp/relayfes/2022/ticket/

▶スターター体験付きチケット(https://www.jaaf.or.jp/news/article/17041/) 
▶スタジアムツアー付きチケット(https://www.jaaf.or.jp/news/article/17043/


<スタジアム内>

1)大型映像


なんと横32m×縦9mの大型スクリーン!
通常の2倍の幅があるワイドスクリーンになっています!

2)リボンボード


2層スタンドに途切れることなく設置されているリボンボードは、約640mも!

3)デジタルサイネージ


各ゲートやコンコースには、約600枚のデジタルサイネージが設置。
広告媒体の掲出や観客の皆さまを安全に誘導するために活用しています。

4)軒庇


なんと全国47都道府県から木材を調達し、スタジアムの方位に合わせて配置されています。配置図(以下)を参考に、ご自身の出身都道府県の木材を探してみては!?
https://www.jpnsport.go.jp/kokuritu/Portals/0/kokuritu/project-summary/nokibisashinitsuite.pdf

5)屋根


大きく飛び出した国立競技場の屋根は、長さ60m。重さは約20,000トンにもなります!
屋根鉄骨には、地震や強風にも強い鉄骨と木材を組み合わせたハイブリット構造を採用。国産木材(森林認証を取得したカラマツ(下弦材)、スギ(ラチス材))を積極的に活用しています。

6)気流創出ファン


体感温度を低減させる「気流創出ファン」は、競技場内に185台も設置!
風が静穏で気流感が期待できない場合や、観客席に日射が当たる時の暑さ対策として設置していて、観客の体感温度を低減することで観戦環境の向上を図っています。

7)座席(スタンド)


5色のアースカラーをモザイク状に配置したスタンドは、森の木漏れ日を創出します。また、空席が目立たないデザインとなっており、場内が賑わっている雰囲気も作り出します。

8)天然芝


国立競技場は砂地の上に芝が植えられています。屋根の一部は透明ガラス製で、芝の生育に必要な日照を確保します。また、地中には全長約25㎞の配管が張り巡らされており、冷水や温水を流して芝に適した温度を保てるように設計されています。

9)高速トラック


写真:フォート・キシモト

スタジアムの心臓部ともいえるトラック部分(走路)は、イタリア・モンド社の「高速トラック」。選手からも、反発をもらいやすく走りやすい!と好評で、好記録が誕生する予感がします。

<スタジアム外>

10)スダジイ(Fゲート付近)


樹齢350年!江戸時代からこの街を見守る新宿区指定の天然記念物です。

11)聖火台/炬火台(Gゲート)


聖火台は、東京2020オリンピック・パラリンピック大会で実際に使用されたものです。
炬火台には、東京1964オリンピックで聖火が灯されました。

12)ギリシャの女神像/野見宿禰像(Gゲート)



13)円盤投げ像/やり投げ像(Eゲート)



14)中央門側デッキ下(外周から1フロア下)


▲東京オリンピック大会優勝者銘板:メインスタンド側の外周デッキ下にあります。1964年大会の金メダリストが刻まれています。旧国立競技場のあったものが移されました。また、1967年夏季ユニバーシアードの銘板もあります。


▲1991年世界陸上選手権優勝者銘板:旧国立競技場で行われた世界陸上選手権の優勝者が刻まれています。男子100mのカール・ルイス選手、男子走幅跳のマイク・パウエル選手と2つの世界新記録も記されています。

<スタジアム周辺>

15)オリンピックミュージアム(JSOS1階)

国立競技場Eゲートから外に出ると、「日本オリンピックミュージアム」があり、オリンピックに関する展示を行っています。ちなみにこちらの14階建てのビルは「JAPAN SPORT OLYMPIC SQUARE」で、各競技団体(NF)のオフィスが入っています。
競技団体(NF)対抗リレーに参加申し込みをしている団体もこちらにオフィスを構えています。

16)五輪の輪のモニュメント(JSOS1階)


「JAPAN SPORT OLYMPIC SQUARE」の1階には、大きな五輪のマークが設置されており、撮影スポットとなっています。

※各施設の紹介は、こちらをご確認ください。
国立競技場WALKING MAP

写真:フォート・キシモト
小野寺俊明(株式会社スポーツ企画工房)


~リレフェスをもっと楽しもう!~
①スポンサーブースinにぎわい広場
https://www.jaaf.or.jp/news/article/17046/ 

②リオ五輪やドーハ世界選手権のバトンを会場に展示!

https://www.jaaf.or.jp/news/article/17050/ 

③【リレフェス】総勢なんと25体!”ゆるキャラリレー” 参加キャラクター紹介①:スポーツ界で活躍するキャラクター10体をご紹介!
https://www.jaaf.or.jp/news/article/17052/

④【リレフェス】総勢なんと25体!”ゆるキャラリレー” 参加キャラクター紹介②:個性あふれるキャラクターが大集合!
https://www.jaaf.or.jp/news/article/17057/

⑤バトンをつないで絆を深めたメンバーと記念撮影!~フォトスポットのご紹介~
https://www.jaaf.or.jp/news/article/17058/

<大会概要>

■みんなでつなごうリレーフェスティバル2022
開催日:2022年10月1日(土)・2日(日)
開催場所:国立競技場
特設サイト:https://www.jaaf.or.jp/relayfes/
チケット情報:https://www.jaaf.or.jp/relayfes/2022/ticket/


~そこでは、未来へつながる笑顔が生まれる。~
「Let‘s enjooooy #リレフェス!」

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsors

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • デンカ株式会社

JAAF Official Supporting companies

  • 株式会社シミズオクト
  • 株式会社セレスポ
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • JTB
  • 東武トップツアーズ株式会社
  • 日東電工株式会社
  • 伊藤超短波株式会社

PR Partner

  • 株式会社 PR TIMES
  • ハイパフォーマンススポーツセンター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構
  • JSCとの個人情報の共同利用について