2021.03.17(水)大会

【日本選手権室内】1日目ハイライト ~男女60mHで室内日本記録!~

第104回日本陸上競技選手権大会・室内競技が、2021日本室内陸上競技大阪大会と併催する形で、大阪市の大阪城ホールに開幕しました。
昨年からシニア種目が「日本選手権・室内競技(以下、日本選手権室内)」として実施されることになり、U20、U18、U16の3カテゴリで行われる日本室内陸上大阪大会とともに、ショートスプリント、スプリントハードル、跳躍種目における各年代のトップアスリートが一堂に会する室内競技会となったこの大会。当初は2月6~7日に行われる予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う対応で会期を3月17~18日に変更、無観客での開催となりました。



1日目は、日本選手権の部で4種目(男子60mH、女子60mH、女子棒高跳、女子三段跳)の決勝が実施されたほか、U20、U18、U16の部においてトラックで10種目、フィールドで7種目の決勝が行われました。

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、残念ながら無観客での開催となりましたが、競技の模様は、日本陸連公式のYouTubeチャンネルでライブ配信。この大会に向けては、アスリート委員会が過日実施したチャリティオークション収益の一部を充当し、両日ともにメインチャンネルとフィールドチャンネルの2チャンネル態勢をとり、より多くの出場選手のパフォーマンスをお届けできるよう充実を図りました。

前回大会でも、室内日本記録が更新されて大いに盛り上がった日本選手権男女60mHは、今年も予選からヒートアップする展開となりました。まず、女子60mH予選で、前回8秒11の室内日本記録を樹立した青木益未選手(七十七銀行)が室内アジア歴代4位タイとなる8秒06をマークして、自身の室内日本記録を更新。続いて行われた男子60mH予選では、1組目で泉谷駿介選手(順天堂大学)と前回のこの大会で7秒61の室内日本記録を樹立した金井大旺選手(ミズノ)が、同タイムの7秒56(着差ありで泉谷選手が1着)でフィニッシュして室内日本記録を塗り替え、ともに決勝に大きく期待を高めました。女子60mH決勝では、青木選手が単独室内アジア歴代4位となる8秒05をマークして、室内日本記録を再更新して優勝。2位には木村文子選手(エディオン)が室内日本歴代2位タイとなる8秒12で、3位には鈴木美帆選手(長谷川体育施設)が同5位となる8秒17でフィニッシュしました。



また、トラック最終種目として行われた男子60mH決勝でも、泉谷選手が予選の記録を0.06秒上回る7秒50でフィニッシュして、室内日本記録を再び更新して、この大会初優勝。7秒50は、室内アジア歴代2位、今季の室内世界リストでは4位となる好記録です。2位には石川周平選手(富士通)が室内日本歴代3位となる7秒57で、3位には金井選手が7秒60で、それぞれ続きました。なお、予選で7秒62の好記録をマークしていた110mH日本記録保持者の高山峻野選手(ゼンリン)は、不正スタートにより決勝は失格に終わっています。



このほか、女子棒高跳では、昨年4m30(室内)の学生記録を樹立している諸田実咲選手(中央大学)が4m20を1回で成功して優勝を確定させると、惜しくもクリアはなりませんでしたが、室内日本新記録となる4m34に挑戦。屋外シーズンに向けて、好調に推移している様子をうかがわせました。女子三段跳では、森本麻里子選手(内田建設AC)が優勝を決めてから臨んだ6回目の跳躍で13m19と記録を伸ばして、タイトルを獲得しました。

2021日本室内陸上競技大阪大会として全17種目の決勝が行われたU20、U18、U16の部も、カテゴリー自体が2019年に設定し直された影響もあり、予選から大会新記録が続出する盛り上がりとなりました。U16女子走幅跳では、中学2年生の小針陽葉選手(沼津陸上)が5m83(大会新)の好記録で優勝。U16女子60mでは、大会記録(7秒65)保持者の佐藤俐有選手(田原東部中2年)が、予選で7秒59の大会新をマークしたのち、決勝では7秒54まで更新して圧勝しました。また、U20女子棒高跳では、中学生ながらこのカテゴリに出場した柳川美空選手(前橋南橘中3年)が、昨年自身が室内で樹立した中学記録に並ぶ3m90をクリアして優勝を果たしています。


大会2日目の3月18日は、午前9時45分から競技がスタート。日本選手権の部で男女12種目、U20の部で男女6種目の決勝が実施されるほか、オープン種目として小学生男女60mが行われます。大会2日目の模様も、メインチャンネルとフィールドチャンネルの2チャンネルで、午前9時(予定)からライブ配信を予定しています。屋外シーズンインを間近に控えた選手たちの熱き戦いを、ぜひオンラインでお楽しみください! 

競技日程や出場選手、スタートリストやライブ配信スケジュールなど、大会に関連する情報は、日本陸連公式サイト( https://www.jaaf.or.jp/competition/detail/1504/ )および日本陸連公式SNSをご参照ください。


文・写真:児玉育美(JAAFメディアチーム)

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsor

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • デンカ株式会社
  • 株式会社クリエイト

JAAF Official Supporting company

  • 株式会社シミズオクト
  • 株式会社セレスポ
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • JTB
  • 東武トップツアーズ株式会社
  • 日東電工株式会社
  • 伊藤超短波株式会社
  • 洋服の青山
  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構