2020.02.11(火)大会

【ポイント2】日本選手権20km競歩を楽しむ5つのポイント



2.レースが動く瞬間

時速16km超え


最初の5kmの先頭集団の動きと通過タイムを見ると、後半の展開が見えてくる。

5kmの通過タイムで19分30秒を切ってきたら、ハイペースでどこまでいけるかというサバイバルレースに。20分をちょっと切る程度のペースであれば、中盤から後半にかけて、どこかで大きくペースアップすることに。

近年はハイペースでレースが進み、その中でさらにハイペースで仕掛けるというレースが続いている。誰がどこで仕掛けるのか。仕掛けるときのペースは1km3分40~45秒まであがる、その速さに注目。

 

誰の仕掛けが成功するのか


代表の座を狙う選手は、仕掛ける準備と、仕掛けれたときの対策をしている中での戦い。誰が最初に仕掛けるのか。どこで仕掛けたら成功するのか。

また、1kmのラップタイムではわからないペースの上げ下げの駆け引きもある。1kmのラップタイムは変わっていないのに集団に動きがあるときは1周1kmの中で駆け引きが行われていることも。何キロ地点でレースが動くのか注目。


写真提供:フォート・キシモト



【ライブ配信やります】東京オリンピック日本代表をかけた戦い!2月16日(日)第103回日本陸上競技選手権大会 男子・女子20km競歩

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsor

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • 洋服の青山
  • デンカ株式会社

  • 丸大食品株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 株式会社クリエイト
  • TANAKAホールディングス株式会社
  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構