ニュース

2018.10.23(火)

【GPシリーズ最終戦「北九州大会」のみどころ】第1回 ルールのおさらいと現在のポイント




2018年から、「日本グランプリシリーズ」として全国13都市で開催し、各大会の記録や順位をポイント化し、年間の男女別の「シリーズチャンピオン」と「種目別チャンピオン」を決めることになった(外国籍の選手は対象外)。

全種目を含めた「シリーズチャンピオン」の男女別1位の選手には強化費200万円が付与され、2019年度グランプリプレミアおよびグランプリ招待、アスレティックス・アワードで表彰される。また、「種目別チャンピオン」は、2019年度グランプリプレミアに招待される。

ここでは、日本グランプリシリーズの少々複雑なルールの解説と現時点でのポイントランキング上位者、そして最終戦となる10月27・28日に北九州市・の本城競技場で開催される「第40回北九州カーニバル(本城競技場)」の見どころを紹介する。

13大会での実施種目やポイント化のルールなどは、日本陸連HPの「日本グランプリシリーズ特設サイト(https://www.jaaf.or.jp/gp-series/)」に詳しく掲載されているが、まとめると以下の通り。


<日本グランプリシリーズの13大会>

13大会は、4つの「グランプリプレミア大会」と9つの「グランプリ大会」の2種類に分けられている。

【グランプリプレミア大会】
4月21・22日 東京大会(TOKYO Combined Events Meet)
4月22日   神戸大会(兵庫リレーカーニバル)
4月28・29日 広島大会(織田幹雄記念国際)
5月3日   静岡大会(静岡国際)

【グランプリ大会】
4月7日   熊本大会(金栗記念選抜中長距離)
4月22日   出雲大会(吉岡隆徳記念)
5月5日   水戸大会(水戸招待)
5月5日   延岡大会(ゴールデンゲームズinのべおか)
5月6日   大阪大会(木南道孝記念)
6月3日   鳥取大会(布勢スプリント)
6月3日   山口大会(田島直人記念)
7月8日   札幌大会(南部忠平記念)
10月27・28日 北九州大会(北九州カーニバル)

ポイントの対象となるのはロードを除く男女各19種目の計38種目で、「グランプリプレミア大会」では各種目が1大会ずつで実施され、「グランプリ大会」では、各種目が2~4大会で行われる。なお、男女 10000m、男女 3000m障害物、男子十種競技、女子七種競技は、日本選手権を「グランプリ大会」として扱う。


<ポイント化のルール>

各大会での「記録ポイント」「順位ポイント」のほか、日本新記録・同タイ記録に加算される「特別ポイント」の合計が「パフォーマンスポイント」となり、各大会で行われた男女全種目の中で最も「パフォーマンスポイント」が高かった選手には「ミーティングチャンピオンポイント」が加算される。「グランプリプレミア大会」+「グランプリ大会」のの合計ポイント(シリーズポイント)で優劣を競う。

なお、「グランプリプレミア大会」は各種目とも1大会でしか実施されないが、2~4大会で行われる「グランプリ大会」に複数回出場した場合は、その選手の最も高い「パフォーマンスポイント(+「ミーティングチャンピオンポイント」)を対象とする。

また、「グランプリ大会」では、「ノングランプリ種目」として行われる種目があるが、その場合は「順位ポイント」はなく、「記録ポイント」のみが対象となる。

つまり、

「グランプリプレミア大会パフォーマンスポイント」(+「ミーティングチャンピオンポ
イント」)

 +

「グランプリ大会パフォーマンスポイント(最も高得点の1大会)」(+「ミーティング
チャンピオンポイント」)

 =

「シリーズポイント」

となる。


【記録ポイント】
100mから混成競技にいたるまでの全種目を網羅した国際陸連の2017年版採点表(https://www.iaaf.org/news/iaaf-news/scoring-tables-2017)によって、各選手の記録をポイント化する。

なお、風力が関わってくる100m、200m、110mH、100mH、走幅跳、三段跳では、風力による加算と減算もあって、「無風~追風2.0m」は加減なし。「追風2.1m以上」は、「無風」を基準に「0.1mにつき0.6点の減算」。向風は「0.1mにつき0.6点の加算」となる。

例えば、男子100mを風力が「無風~追風2.0m」のもとで「10秒00」で走った場合、「記録ポイント」は「1206.0点」。しかし、「追風3.0m」の場合は「18.0点」が減算され「1182.0点」、「追風3.1m」の場合は「18.6点の減算」で「1181.4点」。「向風1.0m」ならば「6.0点の加算」で「1212.0点」、「向風1.1m」ならば「6.6点の加算」で「1212.6点」となる。

また、短距離種目で複数のラウンドが行われた場合、各ラウンドの中から最も高いパフォーマンスポイントを採用する。

具体的な「記録ポイント」を知りたい場合は、特設サイト(https://www.jaaf.or.jp/gp-series/)に記録(および風力)を入力すればポイントが算出される。


【順位ポイント】
「グランプリプレミア大会」と「グランプリ大会」の各順位ごとの「順位ポイント」は以下の通り。
順位プレミアグランプリ
1位6030
2位5025
3位4520
4位4015
5位3510
6位305
7位250
8位200


「ノングランプリ種目」として実施された場合、順位ポイントは対象外。
外国籍選手は対象外で、日本国籍を有する選手の中での順位を採用する。


【特別ポイント】
日本新記録には「100ポイント」、日本タイ記録には「50ポイント」が加算される。


【ミーティングチャンピオンポイント】
各大会で実施された男女を問わず全種目でパフォーマンスポイントが最も高い選手1人に
、「ミーティングチャンピオンポイント」の「25ポイント」が与えられる。

これまでの大会での「ミーティングチャンピオン」は、以下の通り。

*** グランプリプレミア大会 ***
東京大会(TOKYO Combined Events Meet)右代啓祐(1201.0pt 男子十種競技7937)
神戸大会(兵庫リレーカーニバル)阿部有香里(1212.0pt 女子10000m31.13.79)
広島大会(織田幹雄記念国際)山縣亮太(1233.0pt 男子100m10.17 +1.3)
静岡大会(静岡国際)安部孝駿(1281.0pt 男子400mH48.68)
*** グランプリ大会 ***
熊本大会(金栗記念選抜中長距離)安藤友香(1131.0pt 女子5000m15.45.66)
出雲大会(吉岡隆徳記念)宮本大輔(1124.0pt 男子100m10.41 +0.7)
水戸大会(水戸招待)川島鶴槙(1184.8pt 男子走幅跳8.04 +2.7)
延岡大会(ゴールデンゲームズ)山ノ内みなみ(1172.0pt 女子5000m15.23.96)
大阪大会(木南道孝記念)大林督享(1192.0pt 男子400mH49.75)
鳥取大会(布勢スプリント)山縣亮太(1224.2pt 男子100m10.12 -0.7)
山口大会(田島直人記念)新井涼平(1165.0pt 男子やり投80.60)
札幌大会(南部忠平記念)澤野大地(1212.0pt 男子棒高跳5.60)
北九州大会(北九州カーニバル)?????
(日本選手権がグランプリ大会を兼ねる種目) 
日本選手権混成右代啓祐(1173.0pt 男子十種競技7944)
日本選手権(5000、1万、3000SC)松田瑞生(1201.0pt 女子10000m31.52.42)


<種目別ポイント トップ3/最終戦の前まで>

最終戦となる北九州大会を残しての各種目のトップ3は、下記の通り。
※「GPP」は、グランプリプレミアポイント
 「GP」は、グランプリポイント

  合計GPP+GP
・男100m   
1)山縣亮太2457.21233.0+1224.2
2)ケンブリッジ飛鳥23331168.0+1165.0
3)小池祐貴2297.21153.0+1144.2
・男200m   
1)橋元晃志2163.21067.2+1096.0
2)谷口耕太郎2066.4975.4+1091.0
3)原翔太11651165.0+
・男400m   
1)若林康太22931139.0+1154.0
2)木村淳22571126.0+1131.0
3)東魁輝22191146.0+1073.0
・男800m   
1)村島匠22411173.0+1068.0
2)西久保達也21631121.0+1042.0
3)飯島陸斗21341097.0+1037.0
・男1500m   
1)秦将吾20891032.0+1057.0
2)小林航央20401075.0+ 965.0
3)広瀬大貴19851024.0+ 961.0
・男5000m   
1)牟田祐樹21301070.0+1060.0
2)柳利幸20901048.0+1042.0
3)市田孝20161004.0+1012.0
・男10000m   
1)大六野秀畝22901159.0+1131.0
2)市田孝22111112.0+1099.0
3)村山謙太21751103.0+1072.0
・男110mH   
1)金井大旺2384.41199.4+1185.0
2)高山峻野2281.41129.4+1152.0
3)増野元太22701108.0+1162.0
・男400mH   
1)大林督享23651173.0+1192.0
2)井上駆23461198.0+1148.0
3)宮尾幸太郎22641140.0+1124.0
・男3000mSC   
1)山口浩勢22851157.0+1128.0
2)三上嵩斗21491086.0+1063.0
3)小室翼20861074.0+1012.0
・男走高跳   
1)大田和宏21131091.0+1022.0
2)赤松諒一21081037.0+1071.0
3)長谷川直人20541086.0+ 968.0
・男棒高跳   
1)澤野大地23641152.0+1212.0
2)山本聖途23011147.0+1154.0
3)土井翔太21461073.0+1073.0
・男走幅跳   
1)川島鶴槙2290.61105.8+1184.8
2)小田大樹22401148.0+1092.0
3)山川夏輝2231.21133.0+1098.2
・男三段跳   
1)岡部優真2157.81110.0+1047.8
2)山下航平2068.41059.0+1009.4
3)長谷川大悟2022.4965.4+1057.0
・男砲丸投   
1)中村太地21051075.0+1030.0
2)山元隼19711010.0+ 961.0
3)畑瀬聡10261026.0+
・男円盤投   
1)湯上剛輝21241096.0+1028.0
2)知念豪19971038.0+ 959.0
3)米沢茂友樹1894994.0+ 900.0
・男ハンマー投   
1)墨訓煕21231074.0+1049.0
2)保坂雄志郎20101063.0+ 947.0
3)植松直紀19961002.0+ 994.0
・男やり投   
1)新井涼平23231158.0+1165.0
2)小椋健司21671118.0+1049.0
3)小南拓人21401112.0+1028.0
・男十種競技   
1)右代啓祐23741201.0+1173.0
2)中村明彦22721144.0+1128.0
3)栗原彰彦19991013.0+ 986.0
  合計GPP+GP
・女100m   
1)福島千里22971170.0+1127.0
2)世古和22131100.0+1113.0
2)市川華菜22131075.0+1138.0
・女200m   
1)前山美優21781105.0+1073.0
2)山田美来20751050.0+1025.0
3)渡邉ひかる20751067.0+1008.0
・女400m   
1)川田朱夏22141126.0+1088.0
2)大西愛永21271083.0+1044.0
3)松本聖華21061069.0+1037.0
・女800m   
1)川田朱夏22671174.0+1093.0
2)池崎満里21201086.0+1034.0
3)竹内麻里子20931038.0+1055.0
・女1500m   
1)田中希実21971125.0+1072.0
2)竹内麻里子21171075.0+1042.0
3)大西ひかり20831085.0+ 998.0
・女5000m   
1)山ノ内みなみ23541182.0+1172.0
2)安藤友香22451114.0+1131.0
3)石澤ゆかり22021125.0+1077.0
・女10000m   
1)岡本春美22761175.0+1101.0
2)筒井咲帆22541131.0+1123.0
3)関谷夏希22151152.0+1063.0
・女100mH   
1)紫村仁美2311.41156.4+1155.0
2)清山ちさと2295.41169.4+1126.0
3)福部真子2280.41151.4+1129.0
・女400mH   
1)宇都宮絵莉23021156.0+1146.0
2)小山佳奈22271120.0+1107.0
3)吉良愛美22261112.0+1114.0
・女3000mSC   
1)森智香子21951108.0+1087.0
2)瀬川帆夏21831072.0+1111.0
3)薮田裕衣21701052.0+1118.0
・女走高跳   
1)樋口愛莉1829926.0+ 903.0
2)津田シェリアイ10831083.0+--
3)仲野春花10731073.0+--
・女棒高跳   
1)仲田愛20301010.0+1020.0
2)竜田夏苗19331010.0+ 923.0
3)若園茜1691838.0+ 853.0
・女走幅跳   
1)中野瞳22251152.0+1073.0
2)桝見咲智子21201070.0+1050.0
3)山田優20831056.0+1027.0
・女三段跳   
1)森本麻里子2101.21079.8+1021.4
2)宮坂楓2067.21076.2+ 991.0
3)剱持早紀2008.81001.4+1007.4
・女砲丸投   
1)太田亜矢1891957.0+ 934.0
2)阿原典子1693825.0+ 868.0
3)石丸来未1531751.0+ 780.0
・女円盤投   
1)藤森夏美1783936.0+ 847.0
1)辻川美乃利1783925.0+ 858.0
3)吉留明夏里1577758.0+ 819.0
・女ハンマー投   
1)勝山眸美21031055.0+1048.0
2)佐伯珠実19741011.0+ 963.0
3)佐藤若菜1865941.0+ 924.0
・女やり投   
1)斉藤真理菜21721131.0+1041.0
2)宮下梨沙21671112.0+1055.0
3)北口榛花20581097.0+ 961.0
・女七種競技   
1)山﨑有紀21341061.0+1073.0
2)宇都宮絵莉20911100.0+ 991.0
3)ヘンプヒル恵20651011.0+1054.0



『【GPシリーズ最終戦「北九州大会」のみどころ】第2回 戸邊、日本新記録で山縣を上回りシリーズチャンピオンなるか!?』

野口純正(国際陸上競技統計者協会[ATFS]会員)

1日目:10/27(土)8:30~ライブ配信(予定)

※不具合で、先に告知しておりましたライブ配信のURLからは現在視聴いただけません。大変申し訳ありませんが、以下からご覧ください。復旧次第ご報告いたします。
▼ライブ配信はこちらから▼
https://www.youtube.com/watch?v=M0vbwOfLIvU

 


2日目:10/28(日)8:30~ライブ配信(予定)

 

JAAF Official Partner

JAAF Official Sponsor