2021.09.03(金)大会

“日清食品カップ”第37回全国小学生陸上競技交流大会 2年ぶりに、日産スタジアムで開催!

2021年9月18日(土)、19日(日)の2日間、神奈川県横浜市の日産スタジアムに於いて「“日清食品カップ”第37回全国小学生陸上競技交流大会」(後援:スポーツ庁、横浜市、公益財団法人 安藤スポーツ・食文化振興財団、公益財団法人日本スポーツ協会日本スポーツ少年団、読売新聞社/協賛:日清食品ホールディングス株式会社)を開催します。

本大会は全国の小学生が、陸上競技の基本を学び、よい友達づくりをすること、あらゆるスポーツの基本である「走る」「跳ぶ」「投げる」ことの正しい技能習得を図る目的で1985年から開催しており、今回で第37回を迎えます(※36回大会は中止)。昨年は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により、残念ながら中止としました。2年ぶりとなる今年は、感染対策を施しての開催となります。

当初は2021年9月18日(土)~20日(月・祝)の3日間での開催を予定していましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、期間を短縮し2日間の開催としました。また、実施種目のうち男女混合4×100mRを中止し、かつコンバインドA・Bともに各都道府県から男女各1名と制限(当初予定では各2名)をして、選手団の人数を減らし、感染リスクの軽減を図る等、新型コロナウイルス感染症対策を講じながら、開催します。


■日程・種目・参加人数について

9月18日(土)は、都道府県各チームが会場である日産スタジアムに順次集合し、検温を行った後に、前日練習を行い、その前後で、創造力や探究心を育む目的で、チーム毎に「カップヌードルミュージアム 横浜」の見学を行います。
9月19日(日)は、8時30分(予定)から日産スタジアムにおいて開会式を行い、9時30分(予定)から競技会を開催、5年100m、6年100m、コンバインドA、コンバインドB(各種目とも男女)の全8種目、376名(予定)の小学生と、各チームの指導者が参加します。


■本大会出身 東京2020オリンピック日本代表選手

本年開催された「東京2020オリンピック競技大会」には、この大会の出身者も多く出場し、日本代表として躍動してくれました。

<男子6名>
山縣亮太(セイコー)第19回大会 男子5年100m 8位
第20回大会 男子4×100mR 出場
サニブラウンアブデルハキーム(TumbleweedTC)第26回大会 男子4×100mR 準決勝進出
飯塚翔太(ミズノ)第19回大会 男子6年100m 準決勝進出
金井大旺(ミズノ)第23回大会 男子80mH 2位
城山正太郎(ゼンリン)第21回大会 男子5年100m 準決勝進出
津波響樹(大塚製薬)第25回大会 男子4×100mR 出場


<女子5名>
兒玉芽生(福岡大学)第26回大会 女子5年100m 1位
第27回大会 女子6年100m 1位
木村文子(エディオン)第16回大会 女子80mH 準決勝進出
寺田明日香(ジャパンクリエイト)第16回大会 女子5年100m 2位
第17回大会 女子6年100m 2位
青木益未(七十七銀行)第22回大会 女子4×100mR 1位
鈴木亜由子(日本郵政グループ)第19回大会 女子4×100mR 6位
第20回大会 女子走高跳 出場


■新型コロナウイルス感染症拡大防止対策について

【開催日程の短縮】
当初は2021年9月18日(土)~20日(月・祝)の3日間の開催を予定していたが、参加者の安全を考慮するため、期間を短縮し2日間の開催。

【参加人数の縮小】
実施種目のうち男女混合4×100mRを中止し、かつコンバインドA、Bともに各都道府県から男女各1名と制限 (当初予定では各2名)をして、参加者総人数を半減(選手8名、監督・コーチ3名、支援コーチ3名まで)。また、各都道府県選手団の関係者(選手団以外)は16名までに制限。その他観客は無し。

【PCR 検査の実施】
参加者および来場者の安全確保のため、大会会場に入場する関係者全員のPCR検査を実施。

【来場者の管理】
参加者を含む、審判や大会役員等の来場者リストの事前提出、大会14日前からの検温結果や体調を記入する「体調管理チェックシート」の提出を義務付け、来場者の健康状態を管理。

【検温、消毒】
入口にて関係者全員の検温を実施。また、その他各所に消毒液を設置し、携帯用消毒スプレーを参加者全員に配布。

【マスク着用・飛沫拡散防止策】
運動時を除いては原則としてマスク着用を義務付け、声を出しての応援や集団での応援自粛を要請。

【三密の回避】
参加者の待機場所はフィジカルディスタンスを確保した指定エリアを設置。また、観客席においてもフィジカルディスタンスを確保。

【カップヌードルミュージアム 横浜見学における感染予防対策】
上記と同様の感染対策に加え、移動のバスと見学中の館内は貸し切り利用。選手団ごとに時間をずらした分散見学。見学内容、滞在時間の短縮。


■”日清食品カップ”第37回全国小学生陸上競技交流大会 

【大会ページ】
https://www.jaaf.or.jp/competition/detail/1569/

【大会要項】
https://www.jaaf.or.jp/files/competition/document/1569-1.pdf




■“日清食品カップ”都道府県小学生陸上競技交流大会 『My record』について

今年度から、小学生アスリートの励みになることを目的として、都道府県大会に出場した小学生アスリートの記録を全国の都道府県と比較しながら見ることができる「“日清食品カップ”都道府県小学生陸上競技交流大会 『My record』」を設けました。自分の記録や、全国や都道府県内での順位が閲覧でき、自分の記録を「記録証」としてダウンロードすることも可能です。これらの情報は、日本陸連ホームページで公開しています。

https://www.jaaf.or.jp/remote/myrecord/

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsor

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • デンカ株式会社
  • 株式会社クリエイト

JAAF Official Supporting company

  • 株式会社シミズオクト
  • 株式会社セレスポ
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • 東武トップツアーズ株式会社
  • 日東電工株式会社
  • 伊藤超短波株式会社
  • 洋服の青山
  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構