2021.07.30(金)選手

【記録と数字で楽しむ東京オリンピック】男子3000m障害物

7月30日(金)から8月8日(日)の10日間、国立競技場と札幌(マラソンと競歩)を舞台に「第32回オリンピック」の陸上競技が開催される(ている)。

日本からは、65人(男子43・女22)の代表選手が出場し世界のライバル達と競い合う。

無観客開催となったためテレビやネットでのライブ中継で観戦するしかなくなったが、その「お供」に日本人選手が出場する26種目に関して、「記録と数字で楽しむ東京オリンピック」をお届けする。

なお、これまでにこの日本陸連HPで各種競技会の「記録と数字で楽しむ・・・」をお届けしてきたが、過去に紹介したことがある拙稿と同じ内容のデータも含むが、可能な限りで最新のものに更新した。また、五輪の間に隔年で行われる世界選手権もそのレベルは五輪とまったく変わらないので、記事の中では「世界大会」ということで同等に扱い、そのデータも紹介した。

記録は原則として7月28日判明分。
現役選手の敬称は略させていただいた。

日本人選手の記録や数字に関する内容が中心で、優勝やメダルを争いそうな外国人選手についての展望的な内容には一部を除いてあまりふれていない。日本人の出場しない各種目や展望記事などは、陸上専門二誌の8月号別冊付録の「東京五輪観戦ガイド」やネットにアップされるであろう各種メディアの「展望記事」などをご覧頂きたい。

大会が始まったら、日本陸連のTwitterで、記録や各種のデータを可能な範囲で随時発信する予定なので、そちらも「観戦のお供」にしていただければ幸いである。

7月30日(金)から8月8日(日)の10日間、国立競技場と札幌(マラソンと競歩)を舞台に「第32回オリンピック」の陸上競技が開催される(ている)。

日本からは、65人(男子43・女22)の代表選手が出場し世界のライバル達と競い合う。

無観客開催となったためテレビやネットでのライブ中継で観戦するしかなくなったが、その「お供」に日本人選手が出場する26種目に関して、「記録と数字で楽しむ東京オリンピック」をお届けする。

なお、これまでにこの日本陸連HPで各種競技会の「記録と数字で楽しむ・・・」をお届けしてきたが、過去に紹介したことがある拙稿と同じ内容のデータも含むが、可能な限りで最新のものに更新した。また、五輪の間に隔年で行われる世界選手権もそのレベルは五輪とまったく変わらないので、記事の中では「世界大会」ということで同等に扱い、そのデータも紹介した。

記録は原則として7月28日判明分。
現役選手の敬称は略させていただいた。

日本人選手の記録や数字に関する内容が中心で、優勝やメダルを争いそうな外国人選手についての展望的な内容には一部を除いてあまりふれていない。日本人の出場しない各種目や展望記事などは、陸上専門二誌の8月号別冊付録の「東京五輪観戦ガイド」やネットにアップされるであろう各種メディアの「展望記事」などをご覧頂きたい。

大会が始まったら、日本陸連のTwitterで、記録や各種のデータを可能な範囲で随時発信する予定なので、そちらも「観戦のお供」にしていただければ幸いである。



・予選 7月30日  9:00 3組3着+6

・決勝 8月2日 21:15

三浦龍司(順天堂大学)
山口浩勢(愛三工業)
青木涼真(Honda)

19歳・三浦に入賞の可能性あり

三浦龍司(順大2年。8.15.99=21年)、山口浩勢(愛三工業。8.19.96=21年)、青木涼真(Honda。8.20.70=21年)が参加標準記録の8分22秒00をクリアしてフルエントリーとなった。この種目に3人が出場するのは、57年前の64年東京五輪以来(奥沢善二・猿渡武嗣・横溝三郎)。
参加標準記録適用期間内(2019年5月1日~20年4月5日・20年12月1日~21年6月29日)の記録では、三浦が20位、山口が30位、青木が36位。エントリーリスト(1国3人以内)による21年の記録では三浦13位、山口25位、青木31位だ。

◆五輪での日本人最高成績と最高記録◆
最高成績 9位 8.37.8 小山隆治(クラレ)1972年
最高記録 8.29.07 岩水嘉孝(トヨタ自動車)2004年 予選3組6着

「世界選手権」での日本人最高成績と最高記録は、
最高成績 11位 8.19.29 岩水嘉孝(トヨタ自動車)2003年
最高記録 8.18.93 岩水嘉孝(トヨタ自動車)2003年 予選1組4着 =日本新

で、世界大会での入賞者はまだいない。
五輪で歴代最高順位の小山さんは、1972年ミュンヘン五輪で8位と0秒6差の9位(当時の入賞は6位までで、6位とは4秒3の差)。74年には8分21秒6で走ってその年の世界7位。今回の五輪参加標準記録(8分22秒00)を47年も前にクリアしていたのだから恐れ入る。

世界選手権で日本人最高順位11位の岩水さんは、三浦が破る前の日本記録だった8分18秒93をその時の予選でマークした。決勝も8分19秒29と好走したが、8位には2秒13及ばなかった。

が、今回は三浦に「初入賞」のみならず「メダル争い」に加われる可能性もありそうだ。


◆2000年以降の五輪&世界選手権の1・3・8位とラスト1000mの記録◆
【表/2000年以降の五輪&世界選手権の1・3・8位とラスト1000mの記録】
年     1位  3位   8位 /先頭のラスト1000m
2000五輪 8.21.43 8.22.15 8.26.70 /2.37.48
2001   8.15.16 8.16.59 8.20.87 /2.41.55
2003   8.04.39 8.09.09 8.17.16 /2.44.81
2004五輪 8.05.81 8.06.64 8.15.58 /2.41.54
2005   8.13.31 8.15.30 8.19.96 /2.32.92
2007   8.13.82 8.17.59 8.22.95 /2.36.39
2008五輪 8.10.43 8.11.01 8.16.59 /2.36.50
2009   8.00.43 8.01.18 8.14.47 /2.37.64
2011   8.14.85 8.16.09 8.19.69 /2.41.43
2012五輪 8.18.56 8.19.73 8.25.91 /2.35.30
2013   8.06.01 8.07.86 8.17.41 /2.34.06
2015   8.11.28 8.12.54 8.18.63 /2.34.51
2016五輪 8.03.28 8.11.52 8.25.81 /2.37.54
2017   8.14.12 8.15.53 8.23.02 /2.38.66
2019   8.01.35 8.03.76 8.09.33 /2.38.40
------------------------
最高記録 8.00.43 8.01.18 8.09.33
五輪最高 8.03.28 8.06.64 8.15.58
世選最高 8.00.43 8.01.18 8.09.33
・「ラスト1000m」は、2000mを先頭で通過した選手のタイムから計算したので優勝者の実際のタイムではない場合もある。

この種目はケニア勢が圧倒的に強く、五輪は1984年のロサンゼルス大会から9連勝中。世界選手権も2007年から7連勝中で、ケニアからカタールに国籍変更した世界記録(7.53.63)保持者のS・S・シャヒーンを含めると1991年から15連勝中となる

上記、15大会のデータをみてもわかる通り、「8位」のタイムが三浦の日本記録8分15秒99を上回っているのは、04年・09年・19年の3回のみ。単純な計算で「入賞確率80%」だ。

さらに、明るいデータを紹介しよう。
下記は、三浦の2回の日本記録の時の1000m毎を比較したものだ。

2021.05.09    2021.06.26
<8.15.99>    <8.17.46>
2.48.7 2.48.7  2.46.41 2.46.41
5.34.7 2.46.0  5.36.77 2.50.36
8.15.99 2.41.3  8.17.46 2.40.69

どちらのレースもラスト1000mをペースアップしての「日本新」だった。5月9日の8分17秒46の時は、五輪の舞台である国立競技場が会場で水濠がトラックの内側にあり1周390m。ペースアップしてからの残り2周を65秒6と60秒3でカバーした。400m換算67秒3と61秒8のスピードで800m換算は2分09秒1、最後の100mは14秒7で走った。しかも競り合う相手がいない中でのスピードアップだけにその評価は高い。

また、日本選手権での8分15秒99の時は、残り1周の前の水濠を越えたところで転倒。残り458mの障害で先頭に追いつき、そこからの240mあまりを100m平均15秒9のスピードで駆け抜け後続を一気に突き放した。

サードベストの8分19秒37(20年7月18日)の時は、ラスト100mを14秒2で走ってケニアのP・キプラガット(愛三工業。8分19秒60)を突き放した。

ラスト1000mを2分40秒あまりにペースアップできるのは何とも頼もしい。上のデータでは、優勝者はラスト1000mを2分40秒以内でカバーしているのがほとんど。トップと3位の選手の差は1~2秒のことが多い。つまり3位の選手のラスト1000mは上記に1~2秒をプラスしたあたりということで、トップ選手のラスト1000mが2分37~38秒程度のレースであれば、三浦が2分40秒前後でカバーすれば「3位争い」に加われるということになる。

優勝記録が8分ちょっとや8分台ひと桁のハイペースなものになると、終盤までそれについていくのはさすがに厳しいかもしれない。が、8分10秒より遅いタイムで決着がつくような展開ならば、ラスト1周までくらいついて、三浦のラストのスピードからするとメダル争いにも加われる可能性もありそうだ。

山口と青木も日本選手権での走りを再現できれば、「3組3着+6」の予選をくぐり抜けられる可能性がある。直近の19年ドーハ世界選手権で決勝に進出したボーダーライン(「+6」の6番目)は、8分22秒51。17年ロンドン世界選手権は、8分30秒07。16年リオ五輪は、8分27秒69だった。とはいえ、組にもよるがドーハのデータからすると、最後の1000mを2分40~42秒くらいで走る必要がありそうだ。是非とも3人揃って決勝に進んでもらいたい。


野口純正(国際陸上競技統計者協会[ATFS]会員)

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsor

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • デンカ株式会社
  • 株式会社クリエイト

JAAF Official Supporting company

  • 株式会社シミズオクト
  • 株式会社セレスポ
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • 東武トップツアーズ株式会社
  • 日東電工株式会社
  • 伊藤超短波株式会社
  • 洋服の青山
  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構