2022.06.02(木)

【記録と数字で楽しむ第106回日本選手権】男子110mハードル:世界を凌ぐレベルの高さで力が拮抗!

6月9日~12日に大阪・ヤンマースタジアム長居で行われる「第106回日本選手権」の見どころや楽しみ方を『記録と数字』の視点から紹介する。

>>チケット好評販売中!!

・第106回日本選手権 エントリーリスト

https://www.jaaf.or.jp/files/competition/document/1652-4.pdf

・第106回日本選手権 TV&ライブ配信情報
https://www.jaaf.or.jp/jch/106/tv-live/

・オレゴン 2022 世界選手権 トラック&フィールド種目日本代表選手選考要項

https://www.jaaf.or.jp/files/upload/202112/16_191504.pdf



【男子110mハードル】

・予選/6月11日 12:05 4組3着+4
・準決/6月11日 15:32 2組3着+2
・決勝/6月12日 16:50


過去10年間、連覇なし。世界を凌ぐレベルの高さで力が拮抗!

■主な記録一覧(2022年5月31日現在)

・世界記録12秒80
・アジア記録12秒88
・日本記録13秒06
・U20日本記録13秒19
・学生記録13秒06
・大会記録13秒06
・今季世界最高13秒07
・今季アジア最高13秒34
・今季日本最高13秒34
・オレゴン世界選手権参加標準記録13秒32
世界記録と日本記録の差0.26秒は、男子100mのその差0.37秒(9秒58と9秒95)より小さく、短距離種目では、男子110mHが最も世界に近いレベルにある。

オレゴン世界選手権参加標準記録突破者は泉谷駿介(住友電工)1人だが、今の日本のレベルからすると他に複数名が突破してきてもおかしくはない。

なお、村竹ラシッド(順天堂大)は昨年6月26日に13秒28で走っているが、世界選手権参加標準記録の有効期間が6月28日からだったため、突破に至っていない。


■過去10年の優勝者(所属は当時のもの) ★は日本新または日本タイ

記録選手所属優勝回数
2012年13秒72(-0.6)八幡賢司モンテローザ
2013年13秒59(+1.3)矢澤航法政大2回目
2014年13秒58(+0.4)増野元太国際武道大
2015年13秒81(-1.4)高山峻野明治大
2016年13秒48(+2.4)矢澤航デサント3回目
2017年13秒45(-0.2)高山峻野ゼンリン2回目
2018年13秒36(+0.7)★金井大旺福井県スポ協
2019年13秒36(-0.6)★高山峻野ゼンリン3回目
2020年13秒36(-0.1)金井大旺ミズノ2回目
2021年13秒06(+1.2)★泉谷駿介順天堂大
2019年は2位の泉谷も日本タイだったため、過去4大会で延べ4人が日本新または日本タイをマークしていることになる。

過去10年間で高山が3回優勝しているが、連覇した選手は誰もいない。男子100m同様、男子110mHもトップレベルが拮抗している証拠である。


■資格記録順(資格記録有効期間2021年1月1日~2022年5月22日)

 資格記録選手所属自己記録
113秒06泉谷駿介住友電工13秒06
213秒28村竹ラシッド順天堂大13秒28
313秒37高山峻野ゼンリン13秒25
413秒37石川周平富士通13秒37
513秒38野本周成愛媛陸協13秒38
613秒41藤井亮汰三重県スポ協13秒41
713秒45横地大雅法政大13秒45
813秒55徳岡凌KAGOTANI13秒55
913秒63樋口陸人スズキ13秒63
1013秒65髙橋佑輔ハイテクAC13秒60
10番目の高橋を除き、記録は全て2021年のもの。2021年の日本のレベルは凄まじく、13秒49以内で走った人数は、引退した金井大旺(ミズノ)を含め8人。
各国別人数では、18人のアメリカに次いで2番目で、ジャマイカ(7人)やフランス、英国(5人)などのスプリント大国を上回った。


■2022年記録順(2022年5月31日現在)

資格記録選手所属
13秒34村竹ラシッド順天堂大
13秒58石川周平富士通
13秒59藤井亮汰三重県スポ協
13秒60徳岡凌KAGOTANI
13秒63横地大雅法政大
今季リストトップは5月8日のセイコーGGPで13秒34(+0.1)を出した村竹。オレゴン世界選手権参加標準記録にあと0.02秒に迫り、今季アジア最高記録でもある。


■資格記録上位選手の日本選手権110mH入賞歴

選手‘12‘13‘14‘15‘16‘17‘18‘19‘20‘21
泉谷駿介       231
高山峻野   1 12123
石川周平     7637 
野本周成        44
藤井亮汰       6 6
横地大雅        85
ここ数年は、泉谷、高山、金井の『三つ巴』が続いていたが、金井が引退し、3年連続表彰台の泉谷と5年連続表彰台の高山との一騎打ちとなるか。

2年連続4位の野本は、3月の世界室内選手権男子60mHで決勝進出者と同タイム(抽選で準決落ち)で走るなど好調。

一昨年まで4年連続で入賞を果たしていた石川は、昨年の決勝でフライング失格。同じくフライング失格した村竹とともに、雪辱を果たすレースとなるか。


■日本選手権決勝における「着順別最高記録」※追風参考除く

順位記録
1位13秒062021年
2位13秒222021年
3位13秒372021年
4位13秒382021年
5位13秒472021年
6位13秒542021年
7位13秒712020年
8位13秒722020年
1~6位までが昨年のもの。昨年は2名が失格だったため、7・8位の記録が残っていないが、走っていれば、間違いなく7・8位の記録も塗り替えられていたと思われる。今年は決勝の8位全員が13秒6台あるいは5台というレースが見られるかもしれない。


■2018年以降の日本記録変遷

日付大会記録選手所属
2018/6/24日本選手権13秒36(+0.7)金井大旺福井県スポ協
2019/6/2布勢スプリント13秒36(+1.9)高山峻野ゼンリン
2019/6/30日本選手権13秒36(-0.6)高山峻野ゼンリン
2019/6/30日本選手権13秒36(-0.6)泉谷駿介順天堂大
2019/7/27実学対抗13秒30(+1.9)高山峻野ゼンリン
2019/8/17ナイトGin福井13秒25(+1.1)高山峻野ゼンリン
2021/4/29織田記念13秒16(+1.7)金井大旺ミズノ
2021/6/27日本選手権13秒06(+1.2)泉谷駿介順天堂大
近年の記録の伸びの凄さを述べてきたが、2018年以降の日本記録の変遷をまとめると上図のようになる。

2018年の日本選手権で金井が14年ぶりに日本記録を更新すると、堰を切ったかのように、金井・高山・泉谷による日本記録更新が続いた。泉谷が昨年出した13秒06は2021年世界リスト5位。金井の前日本記録・13秒16は2021年世界リスト13位。

次に日本記録が更新される時は、世界トップスリーレベルに近いかあるいはそれ以上のレベルになるはずである。


JAAFメディアチーム
写真提供:フォート・キシモト



【110mハードル観戦におすすめの座席】

迫力のあるスタート、そして勝負のカギの一つとなるハードル1台目までのアプローチをAスタート側席、Sスタート側席からお楽しみください!
>>チケット購入はこちら




【初めての観戦でも大丈夫!110mハードル&110mハードルのルール】



日本選手権で実施されるハードル競走は4種目あります。男子は110mと400m、女子は100mと400mです。いずれも10台のハードルを飛び越えますが、高さと間隔が異なります。 高さは男子110m:1m067、400m:914mm、女子100m:838mm、400m:762mmです。このように高さが中途半端なのは、陸上競技の発祥地がイギリスであることの名残です。男子の高さは3フィート6インチですがJR在来線のレール幅と同じです。日本最初の鉄道はイギリスの技術を導入して開業しましたがその時のレール幅が1m067だったのです。 ハードルを設置する位置にはトラック上に青、黄緑、黄と色違いの5cmのマークがペイントされています。


■第106回日本陸上競技選手権大会 特設サイト
https://www.jaaf.or.jp/jch/106/


■日本選手権を楽しむポイント~大会展望や会場で体験できるイベントなど紹介~
https://www.jaaf.or.jp/jch/106/enjoy/


第105回大会をプレイバック!
~昨年大会各種目の王者誕生の瞬間をご紹介!~

第106回日本選手権展望!
~日本最強に輝くのは⁉各種目の注目選手や展望をご紹介中~
The 106th JAAF Athletics Championships Official Sponsors
特別協賛
山崎製パン株式会社
協賛
アシックスジャパン株式会社
大塚製薬株式会社
日本航空
株式会社ニシ・スポーツ
デンカ株式会社
クリエイト

JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsors

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • デンカ株式会社
  • 株式会社クリエイト

JAAF Official Supporting companies

  • 株式会社シミズオクト
  • 株式会社セレスポ
  • 近畿日本ツーリスト株式会社
  • JTB
  • 東武トップツアーズ株式会社
  • 日東電工株式会社
  • 伊藤超短波株式会社

PR Partner

  • 株式会社 PR TIMES