2018.02.15(木)選手

【MGCファイナリスト】前田穂南選手インタビュー Vol.2



 2019年9月以降に実施される東京オリンピック男女マラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」出場権を懸けて、2017-2018シーズン、2018-2019シーズンの2期にわたって展開している「MGCシリーズ」。昨年8月27日の北海道マラソンからスタートしたファーストシーズン(2017-2018年)も、残すところ男子は2戦(東京マラソン2018、第73回びわ湖毎日マラソン大会)、女子は1戦(名古屋ウィメンズマラソン2018)となりました。
 今回のMGCファイナリストインタビューは、女子第1号の前田穂南選手(天満屋)に登場いただきました。前田選手は、自身2度目のレースとなった北海道マラソンで2時間28分48秒の自己新記録で女子の部を制し、MGC出場権を獲得。1月28日には大阪国際女子マラソンに出場し、自己記録を一気に5分も縮める2時間23分48秒の好記録をマークして2位の成績を収めています。
 インタビューは、大阪国際女子マラソンの翌日に実施。これまでの経過も振り返っていただきながら、今後の展望を伺いました。

◎取材・構成/児玉育美(JAAFメディアチーム)

>>【MGCファイナリスト】前田穂南選手インタビュー Vol.1

 
高校時代は強豪校で控えの選手
「悔しいという思いはあった」

写真提供:フォート・キシモト

――そもそも陸上を始めたのは、どういうきっかけで?
前田:小学校のときに担任の先生から勧められたことがきっかけで、中学から陸上部に入りました。
――小学校のころから長い距離を走るのが得意だったのですか? それともかけっこ自体が得意だった?
前田:小学校のときは長いと思っていたけれど、今にしてみれば短い距離なのですが…(笑)。そうですね、持久走とかの長い距離が得意でした。走ることが好きでしたし。小学5年のときからミニバスケットボールを始めていて、中学ではどちらにするか迷いましたが、最終的に陸上をやることにしました。
――陸上部に入った園田東中(兵庫)のときは1500mが中心でしたね。3年生のときに4分40秒10で走っていますが、それが中学時代のベスト記録ですか?
前田:はい、そうです。
――全日中には出場していない? 近畿大会には?
前田:近畿(大会)にも行っていません。県大会には出たのですが、兵庫はレベルが高いので、全然でした。
――そして、大阪薫英女学院高校に進まれました。陸上競技の名門校です。ご自宅から通っていたのですか?
前田:はい、通っていました。自宅は、大阪寄りの場所なので、そんなに大変ではありませんでした。
――大阪薫英女学院高は、前田選手が高校3年生のときに全国高校駅伝で初優勝を遂げています。駅伝ではメンバーに入れなかったと、いろいろなところで報道されていますが、個人ではインターハイ出場はならなかったものの、1500mで高校2年のときに大阪府大会2位、3年のときには大会新記録で優勝もしています。3000mより1500mが中心だったのですか?
前田:そうです。3000mはチームに速い人がいたので…。
――当時の目標は何だったのでしょう? 駅伝のメンバー入り? それともインターハイ?
前田:駅伝に出たいという思いがありましたね。
――1つ上の先輩には大阪で優勝した松田さんが、すぐ下には髙松望ムセンビさん(2014年ユース五輪3000m金メダリスト)がいる学年でした。全国高校駅伝で優勝したときは、どんな思いだったのでしょう?
前田:(出場する)メンバーはだいたい決まっていたので…。でも、悔しいという思いはありました。
――そこから天満屋へ進まれました。経緯は?
前田:最初は進学する方向で話を進めていたのですが、なかなか決まらなかったのと、陸上はしたいけれど勉強はいやで(笑)、ずっと悩んでいたんです。そんなときに先生が、「実業団に行きたいのなら、声もかかっていることだし、大学より先に行ったほうがいいんじゃないか」と言ってくださって、それで決めました。
――天満屋は、実績のある、とても強いチームですし、武冨監督は素晴らしいマラソン選手をたくさん育ててこられた方です。どんな思いでチーム入りしたのですか?
前田:マラソンで、世界を舞台にして戦いたい、オリンピックに出たいという気持ちがありました。
――最初はついていくのが大変だったのでは?
前田:練習内容によって、(ついていくことが)できる練習とできない練習がありました。苦手な練習かどうかで、そのきつさも違いましたね。
――前田さんが得意な練習は?
前田:距離走とか。けっこう長い距離を走る練習は得意なんです。
――逆に苦手なのは?
前田:スピード系の練習ですね。きついというよりは、スピードを出せないというか、身体を速く動かせない感じです。
――練習を積んでいくなかで、自分が強くなってきたなという実感はあったのですか?
前田:トラック種目ではまだ、そう思えるほど走れていなくて…。でも練習では、1年目のころに比べると、きつかった練習が少し楽にこなせるようになってきたなという感じはあります。
――拝見してきた印象では、最初はトラックのレースで苦戦していた感じがありました。でも、社会人2年目の2016年シーズンには、ホクレンディスタンスチャレンジで立て続けに自己記録を更新(3000m9分23秒06、5000m15分51秒83、10000m32分43秒42)しています。ただ、トラック種目よりも、もっと長い距離のほうが向いているのかなと思っていました。
前田:はい。ロードのほうが結果は出せているように思いますし、得意という意識もあります。

 
みんなから応援される選手になりたい

写真提供:北海道マラソン事務局

――自分が強みだと思っていたり、人から褒められたりするのは、どういう点ですか?
前田:練習とかでも最後まで諦めずに粘って走れることです。
――それは昔から?
前田:はい、そうです。
――走ること以外でも、諦めずに粘れる傾向はあるのですか? 
前田:けっこう負けず嫌いなところがあって、走ること以外でも負けたくないというのはあります。
――東京オリンピックに対しては、どんなイメージを持っていますか?
前田:オリンピックを日本でやるということで、応援してくれる人も多いのだろうなと思います。陸上だけでなく全競技について、普段はスポーツをしていなくても見る人が増えると思うので、すごく盛大になるような感じがします。
――そのオリンピックに出場して、結果を出すために、これから何をしていかなければいけないと思っていますか?
前田:まだ国外でのレースに出た経験がないので、海外のレースに出て、外国選手と競るようなレースをしていきたいです。海外の選手がどういう走りをするのかとか、いろいろ経験して、それを積み重ねていき、まずは、MGCに向けてしっかりと強化していきたいと思います。
――オリンピックに関係なく、マラソンランナーとして、どういう選手になりたいですか?
前田:みんなから応援される選手になりたいですね。走りとしては、速いペースで粘れるようになりたいです。速いペースで走って、駆け引きとかにも勝てるようになりたいというのがあります。
――たくさんの経験を積むとともに、よい結果が得られることを期待しています。本日はありがとうございました。

(2018年1月29日収録)


>>【MGCファイナリスト】前田穂南選手インタビュー Vol.1はこちら
>>マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)特設サイト

JAAF Official Partner

JAAF Official Sponsor

  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構