English

トピックス

【お知らせ】海外派遣コーチ公募について

海外派遣コーチ公募について

本連盟は、アジア各国陸連からの要請に応じて、コーチを派遣するプロジェクトを立ち上げることといたしました。
このたび、ミャンマー陸上競技連盟から本連盟に対し、中長距離コーチ派遣要請が届きましたので、公募により適任者を選抜し派遣することになりました。 ご希望される方は、8 月27 日(金)までに、履歴書および競技歴・指導歴(書式は自由)を下記書類送付先までご送付願います。
派遣者は、本連盟による書類審査、面接を経て、ミャンマー陸連の承認の上、決定させていただきます。
なお今回、応募された方々のデータは、“海外派遣コーチ”として登録し、今後の派遣要請があった際に活用させていただきます。 

  • 書類送付先 〒150-8050 渋谷区神南 1-1-1 岸記念体育会館内
    (財)日本陸上競技連盟 コーチ派遣係 担当:関
    Tel:03-3481-2300

公募概要

招聘依頼者
ミャンマー陸上競技連盟(Myanmar Track & Field Federation)
コーチ招聘の目的
2011年にインドネシアで開催される第26 回東南アジア競技大会の中長距離種目で一つでも多くの金メダルを獲得する。
ミャンマーの陸上競技の現状
20数年前、東南アジア競技大会やアジア競技大会で中長距離選手が活躍した時代があったが、経験あるコーチがいないために最近では満足いく結果が出せないでいる。

以上の現状と目的から、ミャンマー陸連は長距離先進国である日本陸連に対し経験豊富な中長距離コーチ2名の派遣を要請する。

条件

  1. 人数2 名(400m/800m 担当と5000m/10000m/マラソン担当)
  2. 期間2010 年12 月1 日~2011 年11 月30 日までの1 年間
    ※ ただし派遣元の事情等によっては、別のコーチとの引継ぎを条件に6 か月への短縮もミャンマー陸連と交渉可能
  3. 報酬 月2000 ドル
  4. 旅費 日本とミャンマーの往復航空運賃はミャンマー陸連が負担
  5. 現地費用現地滞在先と食費、国内移動費はミャンマー陸連が負担
  6. 言語言語 英語での指導が可能なこと
  7. 経歴ミャンマー陸連として招へいの判断材料とするために英文経歴書(指導実績含む)提出が必要
  8. その他一時帰国や保険加入等諸条件については要相談

 

海外派遣コーチ公募について.pdf(128KB)