2017.01.31(火)選手

ニトロアスレチックス2017 代表選手意気込みコメント

◎ニトロアスレチックス2017大会ページはこちら

【男子11名】
■短距離 大瀨戸 一馬
発表があってから、ずっと出たいと思っていた試合です。2月なのでベストパフォーマンスはできないと思いますが、シーズンに繋げるために一つでも多く得てきたいと思います。

■短距離 長田 拓也
新しい形での陸上競技の試合に参加できるということで、経験を積むと共に競技を楽しめれば良いと思っています。また、2017年のシーズンの飛躍の足がかりとなるように精一杯頑張ってきたいと思います。

■短距離 谷口 耕太郎
日本陸上会の為に頑張ってきます。宜しく御願い致します。

■短距離 堀井 浩介
今回が今年最初のレースになるので、幸先のよいスタートが切れるような走りをしていきたいと思います。世界の舞台の雰囲気を楽しみながら、今の自分ができる最高のパフォーマンスで挑みます。応援よろしくお願いします。

■中距離 河村 一輝
今回初めての国際大会、初めての海外遠征、そして初めての日本代表ということで初めて尽くしの大会で、楽しみな反面とても緊張しています。冬場の練習は順調にできていますが、いまの自分の力が世界に通用するとは思えません。ですが、恐れずに必死に喰らいついて行きたいと思います。日本チームに貢献できるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします!

■中距離 前田 恋弥
今回、ニトロアスレチックス2017の日本代表に選出していただきとても嬉しいです。初めての海外でのレースとなり、慣れない環境なので不安も多々ありますが、今までの経験を生かして自分の力を精一杯出せるように頑張ります。目標である東京オリンピック出場に向けて良い経験ができるように有意義なレースにしたいと思います。

■ハードル 矢澤 航
日本にはない雰囲気の中で走れるこの機会を充分に楽しんで、2017年シーズンにしっかりとつなげていきたいと思います。応援よろしくお願いします。

■棒高跳 鈴木 康太
今回日本代表として出場できることがとても嬉しいです。初めてのオーストラリアなのでとても楽しみで、暑い環境に慣れればシーズン中の動きが出来るはずなので、うまく適応したいです。体の調子は良く、うまくいけば自己ベストにも届くと思います。上位入賞して日本チームに貢献するために精一杯やります!

■走幅跳 嶺村 鴻汰
今年は世界陸上があり、そこを目標にトレーニングをしてきています。シーズン初戦となるのでまずは試合を楽しみたいです。世界陸上参加標準記録突破に向けて弾みをつけられるように、8m越えのジャンプで自己記録を更新できるように思いきり跳びます。

■やり投 中村 克也
ニトロアスレチックス2017が私の初の日本代表と海外遠征なのでとても楽しみです。また海外試合に出場する事で様々な経験をし、今後に役立てて行きたいです。出場するやり投では海外の選手と試合が出来るので全力で戦って勝ちに行きます。日本代表として恥ずかしくない試合をします。

■パラ種目 池田 樹生
このような大会でパラ種目が実施され、出場できることをとても光栄に思います。日本代表としてチームに貢献できるよう頑張ります。

【女子12名】
■短距離 前山 美優
国際大会に出場させていただけることに感謝し、多くのことを学んで吸収してきたいと思います。自分の今持っている力を発揮し、日本チームに貢献できるように頑張ります!

■短距離 永野 真莉子
初めての国際試合になりますが、しっかりと自分の力を発揮し、最後まで粘り強いレースをしたいと思います。 国際試合の雰囲気を肌で感じ、他国の選手の方々からも、多くの刺激を頂くことで今後の競技人生に繋がるものにしていきたいです。

■短距離 石塚 晴子
今回、ニトロアスレチックスの日本代表に選んで頂き、貴重な海外経験が積めることをとても嬉しく思っています。陸上とエンターテインメントが融合した初の大会ということなので、そのコンセプトに乗っかり、心から陸上を楽しんできたいと思います!

■短距離 秦野 南美
今回、初めての国際大会なのでとても緊張していますが、同時にとても楽しみに思っています。夢であった日本代表のユニフォームを着て、"私らしい"走りを貫いていきます。初めてのことだらけで吸収することも多いはずなので、広い視野をもって何事にも挑んでいきます。今回高校生としてパワフルさを大切にレース等へ臨み、"あの人凄い"と思われる走りをします!

■中距離 卜部 蘭
2月の時期にトラックレースに出場するのは初めてで、種目も1マイルや3分チャレンジなど、日本では珍しい種目です。このような貴重な経験をさせて頂けること、そして、今回選出して頂いた事に感謝して精一杯走ってきたいと思います。応援宜しくお願い致します!

■中距離 広田 有紀
海外での試合は初めてですが、今できる最大限の走りを日本チームとしてオーストラリアでできたらと思います。また会場や海外選手の雰囲気を味わいながら約2週間弱、多くのことを吸収していきたいと思います。

■中距離 沖田 真理子
今回、初の国際大会に日本代表選手として出場させていただける事を大変嬉しく思います。大会は、臆することなく自信をもってレースに挑みます。また、初めての経験なので、様々な事を学んで吸収し、自身の成長、競技力向上に繋げていきたいです。いつも指導や応援をしてくださる方々へ感謝の気持ちをもって、試合ではチームに貢献できるように精進していきます。

■ハードル 青木 益未
2017年の初戦ということで、試合の雰囲気を楽しみながらもしっかりと良いレースができるように頑張ります。

■棒高跳 青島 綾子
今回ニトロアスレチックス2017に出場させて頂きます。私自身にとってとても貴重な経験ができる大切な機会です。多くの事を吸収し今後の競技人生に繋がる試合にしていきたいと思います。出場させて頂けることに感謝し、精一杯頑張ります。ご声援宜しくお願いします。

■走幅跳 清水 珠夏
この度、初めて日本代表に選出していただきました。国際大会の雰囲気を肌で感じることができる喜びを胸に挑戦者として物怖じせずに思い切ったジャンプをしたいと思います!走幅跳は、一瞬で勝負が決まる独特な緊張感、助走や跳躍フォームに個性があることなどが魅力です。皆さまに少しでも注目してもらえるよう、良い結果を残したいです。

■やり投 瀧川 寛子
久しぶりの海外での大会で緊張すると思いますが、自分の持てる力を精一杯発揮したいと思います。何よりも、普段味わえない雰囲気に萎縮することなく楽しめる試合にします。

 
■パラ種目 佐々木 真菜
こういった大会に出場するのは初めてなので緊張しますが、楽しみです。自己ベストを狙いながら精一杯がんばりたいと思います。応援よろしくお願いします。

JAAF Official Partner

JAAF Official Sponsor

  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構