ニュース

2018.05.21(月)

【アジアジュニア岐阜】1校1国応援事業 大使館職員学校訪問

<5月21日(月)岐阜県立本巣松陽高等学校/岐阜県本巣市>

6月7日(木)から開催される第18回アジアジュニア陸上競技選手権大会に合わせ、参加国・地域を応援する取り組みとして1校1国応援事業を展開しており、県内の小中高・特別支援学校が、来場応援、応援横断幕制作、応援メッセージパネル制作の3つから希望した活動に参加しています。

今回は、タジキスタンを応援する岐阜県立本巣松陽高校の活動について紹介します。

本巣松陽高校(本巣市)は、5月21日(月)に応援国であるタジキスタン共和国の駐日大使館職員を招いて、応援国についての講演と交流を行いました。

今回は、来場応援に参加する1年生240名を対象に、タジキスタンの文化や歴史についての講演を行っていただき、応援国について理解を深めました。

講演の後は、横断幕制作に取り組んだ生徒らと記念撮影しました。また書道部、茶道部、筝曲部が日ごろの活動を披露して交流を深めました。

JAAF Official Partner

JAAF Official Sponsor