2014.02.23(日)選手

U23・U19海外研修合宿に選手たちが出発しました!

U23・U19世代の選手たちが、研修合宿のため、2月17日(月)に成田空港から、オーストラリアへ出発しました。
暖かい気候を利用しての、シーズンに向けた質の高いトレーニングの実施に加え、
海外での生活やトレーニングを通して、競技者としてのコミュニケーション能力を身に付けることを目的としています。
また、同じ場所でナショナルリレーチームの合宿も行われ、期間中に合同で練習する機会もあります。

今回、参加する選手たちの出発前の意気込みコメントです。

山縣亮太選手(慶應義塾大学)

山縣亮太選手(慶應義塾大学)
「暖かい所で、海外の選手ともスピード練習をして、
身体を作るきっかけをつくりたいです。」

安部孝駿選手(中京大学)

安部孝駿選手(中京大学)
「これからライバルになっていく、若いメンバーと一緒に練習することで、
刺激を受けて、シーズンに向けていい練習をしてきたいと思っています。」

九鬼巧選手(早稲田大学)

九鬼巧選手(早稲田大学)
「海外での自炊や共同生活等、これまでと違う合宿経験ができると思っています。
トレーニングとともに海外での生活に慣れることも重要と思っています。」

ケンブリッジ飛鳥選手(日本大学)
「一緒に行くメンバーは、トップレベルの選手たち。良い所を吸収できれば
と思っています。」

大瀬戸選手と橋元選手

大瀬戸一馬選手(法政大学)
「高校時代の冬季練習は、スピード練習が中心でしたが、大学はまだスピードを
上げていません。暖かいオーストラリアでスピードを上げて(シーズンに向けて)
仕上げていきたいです。」

橋元晃志選手(早稲田大学)
「貴重な海外での合宿ですので、海外での生活に慣れていきたいです。
今後、海外での試合も増えるので、その時を想定しながら過ごしたいです。
オーストラリアは暖かいので、(まだ寒い)日本ではできない練習をやって
きたいと思います。」

左から、油井、加藤、桐生、山本、小池

桐生祥秀選手(洛南高校)
「オーストラリアは暖かいので、スピードが上がると思いますが、
けがをしないように気を付けて、練習だけではなく、海外生活など
いろいろと学んで帰ってきたいです。」

山本凌馬選手(諫早農業高校)
「言葉の違いは心配だけれども、言葉もしっかり勉強して、
練習も頑張りたいです。」

小池祐貴選手(立命館慶祥高校)
「同じ合宿に日本のハイレベルの人たちもいるので、動きを見ながら
練習したいと思います。(大学生になるため)今年はシーズンインも
早いので、調子を整えていきたいです。」

油井快晴選手(浜松市立高校)
「初めての海外合宿なので、現地の人ともコミュニケーションを取りたい
と思います。体調を整えて頑張ります。」

加藤修也選手(浜名高校)
「オーストラリアは暖かいので、よい動きができるようにし、
シーズンへつなげたいです。」

information



JAAF Official Partner

  • アシックス

JAAF Official Sponsor

  • 大塚製薬
  • 日本航空株式会社
  • 株式会社ニシ・スポーツ
  • 洋服の青山
  • デンカ株式会社

  • 丸大食品株式会社
  • 久光製薬株式会社
  • 株式会社クリエイト
  • アース製薬株式会社
  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構